« 7月10日(金) アデニウム・アラビカム(デザートローズ、砂漠のバラ) | トップページ | 7月12日(日) アカメガシワ »

7月11日(土) キソウテンガイ(サバクオモト、ウェルウィッチア)

150711kisoutenngaiウルトラ植物博覧会と銘打ったこの催しには、きのうのアデニウムのように初めて知るもの以外に、わりとおなじみさんも並んでいました。このキソウテンガイも、例によって枯れて死にそうな葉をのたうち回らせていました。
わりと太っ腹の展示で接写が可能だったので、キソウテンガイの「肝」部分である根元にグッと迫ることができました。こうしてみると、たしかに葉の付け根はとても清新な緑色をしていて、果てしない生長力を感じます。
できればこの付け根から花穂(カヤツリグサ類の花を思わせる)が出ていてくれれば言うことがなかったのですが、それは無理でした。キソウテンガイはなんと雌雄異株だそうで、めったに咲かない花の雌雄両方を生きているうちに見るなんてことは、まさに奇想天外な夢ということになりそうです。

<補注> この後、もっと新鮮な根元、および雌花・雄花のツーショットまでできるという幸運が訪れました。(2016年1月25日

2014年のきょうムクゲ(白花笠)> 2013年のきょうカラムシ(雄花)> 2012年のきょうスモモ> 2011年のきょうクサスギカズラ> 2010年のきょうギンバイソウ> 2009年のきょうコバギボウシ> 2008年のきょうイランイラン> 2007年のきょうラムズイヤー> 2006年のきょうゴシキドクダミ> 2005年のきょうアガパンサス> 2004年のきょうカラスウリ

|

« 7月10日(金) アデニウム・アラビカム(デザートローズ、砂漠のバラ) | トップページ | 7月12日(日) アカメガシワ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月10日(金) アデニウム・アラビカム(デザートローズ、砂漠のバラ) | トップページ | 7月12日(日) アカメガシワ »