« 6月14日(日) ボダイジュ | トップページ | 6月15日(月) ライムギ »

番外編 : いきなり新カメラ登場

Eos_m思いがけずキャノンユーザーになってしまいました。機種はEOS M(写真中央)で、レンズはフィルムカメラ時代のマクロ・FD50-3.5をつけています。
このミラーレス一眼のボディの小ささと言ったら、右隣に並べたコンデジ(TZ-3)と大差ありません。メインで使っているPENTAX K-x(左隣)は、デジイチとしては小型軽量であることが購入動機だったのに、EOS Mと並ぶと顔色を失います。
じつはこれ、写真雑誌のコンテストで入賞歴もある婿殿が、REGZAを引き取りに来たときに「使ってみて」と置いていったものです。レンズは手元にあった古いものだそうで、当然ながらピントは手で合わせます。絞りも手動です。
そんな面倒が嫌ならオートフォーカスのレンズを買う手はありますが、どうも婿殿の企みはワタシに写真の基本を叩き込みたいというところにありそうです。たしかに、これまでK-xで被写界深度を上げ(ボケ味を少なく)ようとF値を高くすると、シャッターが異様に遅くなって、「なんじゃ、これ」と愚痴っていたワタシでした。
そんな恥ずかしい話を婿殿にしたわけではないのに、たぶんワタシの写真の甘さには常々歯がゆいものを感じていたのでしょう。合焦音も出してくれないマクロレンズで正確にピントを合わせ、絞りや露出を変えながら撮っていると、たしかに「ワタシ、押すだけ」からは2~3歩脱出できそうな気配はします。
ただ、その操作に要する時間が今のところ並大抵ではなくて、自分の撮影分野が草木でよかったとしみじみ実感です。それでなくても汗ばむ季節に、余計な脂汗までたらしながらEOSと格闘中のはた衛門です。そのEOS作品、早くここに載せたいものですが、さてそれはいつのことになりますやら…。

|

« 6月14日(日) ボダイジュ | トップページ | 6月15日(月) ライムギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月14日(日) ボダイジュ | トップページ | 6月15日(月) ライムギ »