« 6月8日(月) ハマクサギ | トップページ | 6月10日(水) アブラツツジ »

6月9日(火) マツモトセンノウ

150609matumotosennou1仙翁コレクションの6番目です。収録順に並べると、スイセンノウセンノウムギセンノウフシグロセンノウエンビセンノウ、そしてこれです。
印象的にはふつうのセンノウに一番近い感じですが、あれよりも花びらの切れ込みは浅く、葉や茎が紫色を帯びていて、違いは明らかです。
150609matumotosennou2名前のマツモト(松本)は、歌舞伎の松本幸四郎の家紋に由来するとする解説が多いのですが、歌舞伎の発生が江戸初期なのに、マツモトセンノウの名は室町時代の書物にあるそうです。そもそも、件の家紋は花菱で4弁、ナデシコ科は5弁ですから、どうも幸四郎ファンが贔屓の引き倒しをしたようです。
ではマツモトはどこからというと、中国東北部や朝鮮に分布していたこの品種を持ち込んで広めた元が信州松本だとのこと(引用:山渓・野草の名前)です。こういうことを地道に調べた人の努力を思えば、仙翁シリーズの撮影がまだまだ終わりそうにないことなど、苦労の「く」の字にも値しない遊びごとです。

2014年のきょうシリブカガシとマテバシイ> 2013年のきょうアナガリス(ルリハコベ)> 2012年のきょうヒメリンゴ> 2011年のきょうキレンゲツツジ> 2010年のきょうナルコユリ> 2009年のきょうニワウルシ(雄株)> 2008年のきょうコアジサイ> 2007年のきょうノリウツギ> 2006年のきょうプリベット> 2005年のきょうサルビア・グアラニチカ> 2004年のきょうネムノキ

|

« 6月8日(月) ハマクサギ | トップページ | 6月10日(水) アブラツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月8日(月) ハマクサギ | トップページ | 6月10日(水) アブラツツジ »