« 6月7日(日) ハンカイソウ | トップページ | 6月9日(火) マツモトセンノウ »

6月8日(月) ハマクサギ

150608hamakusagi1大きくも小さくもない、いわゆる小高木サイズで、佇まいがさりげないのです。何度か来た場所なのに、今までは見過ごしていました。
それが今回は、なにかチラチラと白いものが気になりました。初めは、上空を覆う高木が散らした花殻かと思ったほど、それはちっぽけな姿でした。
150608hamakusagi2幅が1cmもなさそうな唇形の花には、下側の弁の内側に毛が生え、天井にシベが配置されています。分類的には関係なさそうなカキドオシがこれとよく似た構造ですが、その意味はこの春には調べ切れませんでした。

葉は長さが10cmはあるし幅もゆったりと広く、花と葉の大きさがずいぶんとアンバランスです。この葉に臭気があるのが名前の謂われなのですが、こするとゴマの香りにしか思えません。食いしんぼには「いい香り」にさえ思えます。
ふつうのクサギもそうでしたが、名付けた人がたまたまゴマ嫌いだったのか、それとも時期や時間でこの香りが本当に臭くなるのか…草木の名前一つ、納得するまでにはなかなか時間がかかります。

2014年のきょうイ(イグサ)> 2013年のきょうトネリコ> 2012年のきょうカラスムギ> 2011年のきょうジャーマンアイリス> 2010年のきょうカナウツギ> 2009年のきょうギンリョウソウ> 2008年のきょうアケボノフウロ> 2007年のきょうシロバナヤエウツギ> 2006年のきょうウラジロチチコグサ> 2005年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)> 2004年のきょうナンキンハゼ

|

« 6月7日(日) ハンカイソウ | トップページ | 6月9日(火) マツモトセンノウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月7日(日) ハンカイソウ | トップページ | 6月9日(火) マツモトセンノウ »