« 6月4日(木) エンコウカエデ | トップページ | 6月6日(土) メグスリノキ(雌株) »

6月5日(金) イトヒメハギ

150605itohimehagi1突き出た1枚の花びらの先がヒゲ状になり、側萼片が横に張り出したこの形には見覚えがあります。もしかして、あのヒメハギの仲間では?
150605itohimehagi2接写レンズなしには撮りにくかったヒメハギよりさらにミニサイズの花です。ただし、地面を這うヒメハギと違い、茎はシャッキリと立ち、草丈は20cmほどです。あるかなしかの細い葉も、ヒメハギとはかなり違う雰囲気です。
正体はイトヒメハギで、中国原産品でした。ヒメハギ属(Polygala)は世界中に数百の種類があるのだそうで、話は先が長くなります。この仲間はサポニンを含むので薬用になるそうですが、長生きの効能もあってほしいものです。

2014年のきょうビヨウヤナギ> 2013年のきょうエケベリア(サブセシリス)> 2012年のきょうウツギ> 2011年のきょうスダジイ> 2010年のきょうフレンチラベンダー> 2009年のきょうイヌビワ> 2008年のきょうノハラワスレナグサ> 2007年のきょうムラサキ> 2006年のきょうカラタネオガタマ> 2005年のきょうスイセンノウ> 2004年のきょうフィーバーフュー

|

« 6月4日(木) エンコウカエデ | トップページ | 6月6日(土) メグスリノキ(雌株) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月4日(木) エンコウカエデ | トップページ | 6月6日(土) メグスリノキ(雌株) »