« 6月29日(月) フレンチ・マリーゴールド | トップページ | 7月1日(水) ムラサキクンシラン(アガパンサス) »

6月30日(火) モモ

150630momoわりとよく通る場所で、塀越しにおいしそうな実が見えました。あれれ、こんなところに桃が!と思ったということは、花の時期に見ていないか、あるいは「もの見て見えず」でいたか、いずれ来春の確認事項が一つ増えました。
以前、蕾がほころぶ様子を写したものは別の場所の花桃でしたが、あの木は実をつけても小さいままで、途中でみんな落ちてしまいます。それに対して、摘果しないので一つは小さく(直径5~6cm)ても、これは立派に実桃でしょう。
などと、我々は「花桃」と「実桃」を別物のように言いますが、学名にはその区別がありません。したがって、きょうのタイトルは単純に「モモ」です。
ただし、おととい・きのうと話が続いているAPG体系によれば、モモはバラ科モモ属になります。前にネクタリン(モモの仲間)を取り上げたとき、プルーンやソルダムを含めて「すべてバラ科サクラ属の仲間です」と書いてしまっていますが、あのときはどうやら古い分類法を参照したようです。
やれやれ、せっかくのおいしそうな姿が憎たらしく見えてきました。

<補注> 花の姿をとらえました。(2016年3月24日)

2014年のきょうタイトゴメ> 2013年のきょうクマヤナギ> 2012年のきょうタチアオイ> 2011年のきょうネコノチチ> 2010年のきょうフタリシズカ> 2009年のきょうボリジ> 2008年のきょうモミジバゼラニウム> 2007年のきょうハマカンザシ> 2006年のきょうブーゲンビリア> 2005年のきょうセイヨウノコギリソウ> 2004年のきょうヒョウタン

|

« 6月29日(月) フレンチ・マリーゴールド | トップページ | 7月1日(水) ムラサキクンシラン(アガパンサス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月29日(月) フレンチ・マリーゴールド | トップページ | 7月1日(水) ムラサキクンシラン(アガパンサス) »