« 6月27日(土) ズッキーニ | トップページ | 6月29日(月) フレンチ・マリーゴールド »

6月28日(日) ギンヨウアカシア

150628ginyoacacia1こういう姿を見れば、ギンヨウアカシアがマメ科の仲間だろうことは簡単に推測がつきます。ところが、古い分類方法(クロンキスト体系)だとネムノキ科になり、ネムノキもたしかに花のあとは豆をぶら下げるので、「ああ、そうなんですか」とわかったようなわからないような、煮え切らないまま納得することになります。
ところが、DNA分析を用いる今どきの分類法(APG体系)だと、ギンヨウアカシアはめでたくマメ科になり、「よぉし、そうだろ!」と鼻の穴がふくらみます。ところがところがで、同体系だとマメ科のなかにネムノキ亜科があり、そのなかのアカシア属がギンヨウアカシアの収まりどころとなります。
150628ginyoacacia2うぇ~ん、これだったらネムノキ科アカシア属でよかった古い分類法の方が簡単ですがな。そもそも、このブログは○○科○○属という辛気くさいことはほぼ無視し、きれいだね・かわいいねと草木を楽しんできたのですが、10年以上も続けてきて、トボケてばかりもいられなくなりました。
どうせあすには忘れていることでしょうが、もしこのブログで科とか属とかに触れるときは、できるだけAPG体系(のなかの第3版=APGⅢ)で言いたいよね…と、いかにも豆々しいギンヨウアカシアの実が申しております。

<補注> ネムノキが豆をつけところを記録できました。(2015年8月7日)

2014年のきょうホソイ> 2013年のきょうケンポナシ> 2012年のきょうキケマン> 2011年のきょうクサキョウチクトウ(オイランソウ)> 2010年のきょうカジノキ(雌株)> 2009年のきょうオオバオオヤマレンゲ> 2008年のきょうカタクリ> 2007年のきょうナツハゼ> 2006年のきょうキンレンカ> 2005年のきょうミズキ> 2004年のきょうラベンダー

|

« 6月27日(土) ズッキーニ | トップページ | 6月29日(月) フレンチ・マリーゴールド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月27日(土) ズッキーニ | トップページ | 6月29日(月) フレンチ・マリーゴールド »