« お勉強編 : タチアオイの同花受粉(追補) | トップページ | 6月23日(火) アイイロニワゼキショウ(ルリニワゼキショウ) »

6月22日(月) ミズキ

150622mizukiミズキの開花時期にはかなりの幅があることを知りました。それは緯度や高度の違いではなく、純粋に埼玉南部の平地での話です。
川沿いを歩いていて緑の実をつけたミズキを見つけ、もうそんな時期かと思ったら、そこからほど近い公園の真んなかに白い花をつけた木がありました。咲き残りという寂しさではなく、やや盛りは過ぎてはいても豪華な咲きっぷりです。
大きな木で、悠然と枝を垂らしていたので、労せずして花の接写ができました。花粉を出し終えた葯が反り返って茶色になっていて、こうなった雄シベの比率が増えると花の房全体がくたびれた感じに見えることがわかりました。

2014年のきょうホタルイ> 2013年のきょうジャボチカバ(キブドウ)> 2012年のきょうアマリリス> 2011年のきょうスカシユリ> 2010年のきょうハグマノキ> 2009年のきょうシチダンカ> 2008年のきょうメグスリノキ> 2007年のきょうキキョウソウ> 2006年のきょうゴウダソウ> 2005年のきょうスカシユリ> 2004年のきょうヤマモモ

|

« お勉強編 : タチアオイの同花受粉(追補) | トップページ | 6月23日(火) アイイロニワゼキショウ(ルリニワゼキショウ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お勉強編 : タチアオイの同花受粉(追補) | トップページ | 6月23日(火) アイイロニワゼキショウ(ルリニワゼキショウ) »