« 6月20日(土) ゼラニウム | トップページ | お勉強編 : タチアオイの同花受粉(追補) »

6月21日(日) サンカヨウ

150621sankayou切手の絵柄としてサンカヨウを知ったとき、高山植物なので自分の目で見る可能性はかなり低いだろうと思っていました。それが、栽培品とは言え、こうして自分のカメラに納めることができたのですからラッキーでした。
サンカヨウを載せたあちこちのサイトを見る限り、今の時期でも花はつけるようなのに、ここではもうそれはなく、あるのは実だけでした。やはり気温や湿度が本来の条件でないと、生育サイクルには違いが出るのでしょう。
湿度と言えば、サンカヨウの花は湿気に長時間さらされると透明になることを知りました。クチナシの花もとろけるように透明っぽくなりますが、サンカヨウの透明具合は本当にガラス並みなので、いつかそれを写したいものです。

2014年のきょうホソバタイサンボク> 2013年のきょうドイツスズラン> 2012年のきょうヤマコウバシ> 2011年のきょうマルバチシャノキ> 2010年のきょうロベリア(瑠璃蝶草)> 2009年のきょうコアジサイ> 2008年のきょうクリンソウ> 2007年のきょうイトバハルシャギク> 2006年のきょうツキヌキニンドウ> 2005年のきょうアンズ> 2004年のきょうハンゲショウ

|

« 6月20日(土) ゼラニウム | トップページ | お勉強編 : タチアオイの同花受粉(追補) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月20日(土) ゼラニウム | トップページ | お勉強編 : タチアオイの同花受粉(追補) »