« 番外編 : タダより高いもの? | トップページ | 6月19日(金) アフリカホウセンカ(インパチェンス) »

6月18日(木) サワフタギ

150618sawahutagi
ふつう、この状態の実のことは「まだ青い」と書くというのに、サワフタギに限るとそれは混乱の元になってしまいます。秋が深まると、木々の実はおおむね赤系になるところを、この実は濃紺というか青紫というか、青く熟すのです。
したがって、やや無粋でもここは「まだ緑の実」としておきます。これをもし「まだ碧の実」とすると、碧はあおとも読むので話はワヤになってきます。
さて、そのサワフタギの紺色の実を掲載してから、早いものでもう10年です。あのときは上空に高木の多い場所で、写真がやや暗めでした。今度見つけたこの木は、こんなに陽光をダイレクトに受ける環境です。
ただ、陽当たりが良すぎて、ここはどうもサワフタギ本来の生息環境とは違いすぎる気もします。暗がりで見た「あの色」が良かったと落胆するのか、それとも白日の下でもあれは美しい色なのか、ちょっとドキドキで秋を待ちます。

<補注> このあと、この木についた実は色づかないまま消えてしまいました。単に自分が見逃したのか、やはり環境がよろしくなかったのか、判然とはしません。(2015年10月1日)

過去のきょう 2014 ワタナベソウ 2013 コクテンギ 2012 ヒルザキツキミソウ 2011 ハナショウブ 2010 テイカカズラ 2009 クロバナロウバイ 2008 イワタバコ 2007 ニッコウキスゲ 2006 ベニバナ 2005 マツバギク 2004 サルスベリ

|

« 番外編 : タダより高いもの? | トップページ | 6月19日(金) アフリカホウセンカ(インパチェンス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : タダより高いもの? | トップページ | 6月19日(金) アフリカホウセンカ(インパチェンス) »