« 6月16日(火) テウチグルミ | トップページ | 番外編 : タダより高いもの? »

6月17日(水) ウキヤガラ

150617ukiyagara名前(浮矢幹)がステキなので、早く収録したかった水草です。冬にここに来れば、倒れて水面に浮かんだ茎が矢に見えることが検証できるでしょう。
今は花の時期で、線香花火が逆立ちした状態です。パッと散った小穂からはなにかヒゲ状のものが出ていて、雌性期(雌性先熟)ならば柱頭、雄性期ならば葯のはずなのですが、悔しいことに足元がズブズブです。
思い切って接写をすれば、このあとはグション・グションと靴を鳴らしながら歩く羽目になること必定でした。オーバーシューズなんていう装備品でまた背中の荷物が重くなる前に、もう少し撮影条件のいい場所で会いたいものです。

<写真の追加> まだ望遠でなければ無理な距離で、やや不鮮明な写真(↓)ですが、どうにか花のつくりがわかりました。白いピラピラは柱頭だと思うので、まだ雌性期のようです。(2016年5月29日)
Ukiyagara
2014年のきょうセイヨウトチノキ(マロニエ、ウマグリ)> 2013年のきょうケマンソウ(タイツリソウ)> 2012年のきょうハグマノキ(スモークツリー)> 2011年のきょうラベンダー・デンタータ> 2010年のきょうヒメジョオン> 2009年のきょうギンバイカ> 2008年のきょうアゼナルコスゲ> 2007年のきょうワラビ> 2006年のきょうローズゼラニウム> 2005年のきょうカツラ> 2004年のきょうシロタエギク

|

« 6月16日(火) テウチグルミ | トップページ | 番外編 : タダより高いもの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月16日(火) テウチグルミ | トップページ | 番外編 : タダより高いもの? »