« 6月12日(金) ドクウツギ | トップページ | 6月14日(日) ボダイジュ »

6月13日(土) イヌガラシ

150613inugarasi1本来は種にピントをあてるべきなのに、つい虫に気をとられてしまいました。そのわりには不勉強で、このかわいい被写体の種類もなにもわかりません。
そのボケて写っているイヌガラシの種と言えば、大きさは0.5mmほどです。イヌガラシの特徴である長くて上向きに反った実の莢は、先月の写真ではまだ青々していたのに、あっという間にもうここまで変化していました。
150613inugarasi2そのわりに花はまだまだ咲いています。このしぶとさは野草の真骨頂です。黄色い十字花というアブラナ科のお約束どおりの姿とは言え、色と長さの似た萼片があるので、花弁が細いわりには感じが賑やかです。

2014年のきょうチョウセンキハギ> 2013年のきょうゲラニウム(Jolly Bee )> 2012年のきょうヒメカジイチゴ> 2011年のきょうアカモノ> 2010年のきょうアオテンマ> 2009年のきょうヤマボウシ(紅山法師)> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうナヨクサフジ> 2006年のきょうカシワバアジサイ> 2005年のきょうウメモドキ> 2004年のきょうムクゲ

|

« 6月12日(金) ドクウツギ | トップページ | 6月14日(日) ボダイジュ »

コメント

ヒメカメノコテントウではないかと思いますが、違っていたらすみません。
昆虫は得意分野ではなく、ただ知りたいものは調べまくります。

投稿: ままごと座 | 2015/06/13 09:32

ままごと座さんへ:
ありがとうございます。
ワタシもテントウムシ系だと思ってちょっとだけ調べたのですが、
背中の凸凹がどうしてもテントウムシではないようで、あきらめてしまいました。

投稿: はた衛門 | 2015/06/14 08:20

えっ、あれは単なる模様ではなく凹凸だったのですか…。
では蟲來という方のブログの2006年3月28日あたりの記事は参考になりませんでしょうか。

投稿: ままごと座 | 2015/06/14 09:41

ああ、こんな感じでした。
http://blog.roodo.com/bugaholic/archives/1318598.html
中国語は不案内なので、内容がよくわかりませんが、
蛹とあるのでテントウムシの幼虫なのでしょうか。
このページの写真と自分が見たものとは、筋(凸凹)の方向が違うようです。
虫は幼齢で姿がガラッと変わるので、
なかなか手に負えません。

投稿: はた衛門 | 2015/06/14 18:02

失礼しました。
來と書いたので同じブログの中国語版をご案内してしまいました。蟲来でhttp://bugaholic.exblog.jpです。
2006年3月に色々写真が載っています。

投稿: ままごと座 | 2015/06/14 18:32

ありがとうございます。
ああ、筋の方向が同じものもあります。
どうやらテントウムシの幼虫でいいようです。
今度出会ったら、もう少し詳細に撮ってきます。

投稿: はた衛門 | 2015/06/15 07:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月12日(金) ドクウツギ | トップページ | 6月14日(日) ボダイジュ »