« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

5月31日(日) キハダ(雄株)

150531kihada1長いこと探していたキハダの雄を見つけました。雌株の開花を写したあと、雄株・雄株!と血眼(?)で探してきたのに、「なぁ~んだ、こんなところに」と言いたいほど通い慣れた道端にありました。まさに灯台もと暗しです。
雌雄異株の雄花をとらえにくいワケは、先日のツルウメモドキでもくどくどしく書き立てたのですが、このキハダに実がつかないことには気づいていませんでした。というより、これがキハダだということを意識していなかったので、ツルウメモドキでは「葉で樹種がわかった」と威張ってみたのに、やっぱりまだまだ節穴の目です。
150531kihada2気を取り直して花に迫れば、なんとも愛らしい雄シベです。退化した雌シベはほとんど痕跡しかなくて、その分、雄シベの葯は花粉に充ち満ちています。
キハダは5数性のはずなのに、ところどころに雄シベが4本しか出ていない花があって、ヤンチャ坊主たちがてんで勝手に遊んでいるみたいに見えます。

2014年のきょうコモチマンネングサ> 2013年のきょうタチジャコウソウ(コモンタイム)> 2012年のきょうコバンソウ> 2011年のきょうアリウム・シュベルティ> 2010年のきょうアーモンド> 2009年のきょうラカンマキ> 2008年のきょうコウゾリナ> 2007年のきょうサイカチ> 2006年のきょうアスチルベ> 2005年のきょうタチアオイ> 2004年のきょうナツユキソウ

| | コメント (0)

5月30日(土) ナガエアオイ

150530nagaeaoiおとといのスターチスを「盗撮」したのと同じ町で、これもふつうの民家の前に1本だけニョキッと生えていた草です。レア物が多い、おもしろい町です。
アオイ科で花が小さい(直径1cmに満たない)ものを探したら、ウサギアオイというかわいい名前が見つかったあと、ハイアオイとナガエアオイも候補として考えられることがわかりました。さらに、ハイアオイはウサギとナガエ両方の別名(として混乱を引き起こしている)らしいとも知りました。
そんなわけで、にわか勉強でこれを特定するのは無謀なのですが、葉先が尖っていないことや葉柄が長いことから、とりあえずナガエとしておきます。
種類の判断には実を仔細に調べることが必要のようです。しかし、背景のアスファルトから推察されるように、このレア物くんが育つ環境はじつに明日の運命を予測しにくいものがあるのです。彼の長命を祈ること切なものがあります。

2014年のきょうアカガシ> 2013年のきょうアサギリソウ> 2012年のきょうコアジサイ> 2011年のきょうウコギ> 2010年のきょうセイヨウミザクラ> 2009年のきょうキハダ(雌花)> 2008年のきょうフデリンドウ> 2007年のきょうムギセンノウ> 2006年のきょうコウホネ> 2005年のきょうヤナギハナガサ> 2004年のきょうオオキンケイギク

| | コメント (0)

5月29日(金) ヘンルーダ(ルー)

150529ruta香りの表現が苦手で、このヘンルーダの葉をつまんで、さてどう言ったものか詰まりました。「かつては防虫剤に使われた」とか「グラッパの香り付けに使われる」という解説が、香り音痴の下手な叙述よりは理解がしやすいようです。
知らずにパッと見たら草だと思うのが自然です。しかし、多年草とも小低木とも分類され、写真に入れたように茶色い立派な枝(幹?)があります。まったく草木に境目をつけるのがナンセンスという一つの見本です。
かなり特徴的な形の葉に比べると、ミカン科のくせに黄色の花はあまり鑑賞価値がありません。と言いつつ、そこにピントをあてている自分の言行不一致というか節操のなさというか、いささか自虐の念を覚える一枚です。

2014年のきょうツルマンネングサとメキシコマンネングサ> 2013年のきょうベニバナエゴノキ(アカバナエゴノキ)> 2012年のきょうナガミヒナゲシ> 2011年のきょうヒメシャガ> 2010年のきょうイザヨイバラ> 2009年のきょうカキネガラシ> 2008年のきょうヤマグルマ> 2007年のきょうハナミョウガ> 2006年のきょうガクウツギ> 2005年のきょうノビル> 2004年のきょうナツグミ

| | コメント (0)

5月28日(木) スターチス(リモニウム)

150528limoniumようやく写せたスターチスです。切り花やドライフラワーとしてはありきたりでも、「地に足をつけた」状態で見るのはたぶん初めてです。
公園の花壇などにあって不思議ではないのに、そんな公共の場で見つからなかったわけの一つがこの「腰支え」でしょう。プランターのサイズの割に株間がなさ過ぎるせいもありそうですが、自立性は低いのかもしれません。
じつは去年、業を煮やして自分で種を蒔いてみました。結果は見事に失敗で、まずは発芽率が極端に悪く、その貴重な苗もうまく育たず、3本残った苗も根生葉の状態から脱却することなく、ついにあきらめざるを得なかったのです。
そんなわけで、とあるお宅の玄関先を「盗撮」する羽目になりました。できればここまで育てるハウツーをお聞きしたかったし、気前のいいオーナーが2~3株恵んでくれることまで期待して派手にシャッター音を響かせたのですが、残念ながらこの日お目にかかることはできませんでした。

2014年のきょうシュロチク> 2013年のきょうヒシ> 2012年のきょうガマズミ> 2011年のきょうアオハダ> 2010年のきょうシャクヤク> 2009年のきょうノアザミ> 2008年のきょうミツガシワ> 2007年のきょうオオバオオヤマレンゲ> 2006年のきょうオモト> 2005年のきょうサラサウツギ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (1)

5月27日(水) リンボク

150527rinbokuバラ科サクラ属のくせに、春ではなくて9月の末に花が咲くことに驚ろかされたのがリンボクとの最初の出会いでした。
その花が実を結んだのを確認したのは2月でした。それはまだまだ青く、鳥が啄むほどに熟すのはもっと先、つまりほかの食料が豊かになるころで、そんなことでは誰にも種を運んでもらえないだろうと心配したものでした。
そんな老婆(爺)心は、どうもリンボクにとって完全にお節介だったようです。季節がよくなっても、実はまだこんな色合いです。図鑑的にはそろそろ紫色を帯びてもよさそうな時期なのに、まったく慌てる素振りがありません。
木にも「孤高の人」がいたようです。平たく言えば「変な人」なのですが、ここまで徹底的に我が道を行ってもらうと、「憧れの人」に見えてきます。

2014年のきょうアルブカ・スピラリス 'フリズルシズル'> 2013年のきょうハグマノキ> 2012年のきょうムシトリナデシコ> 2011年のきょうギンラン> 2010年のきょうワニグチソウ> 2009年のきょうテマリカンボク> 2008年のきょうオヤブジラミ> 2007年のきょうヤグルマソウ> 2006年のきょうクサイチゴ> 2005年のきょうツリバナ> 2004年のきょうクリ

| | コメント (0)

5月26日(火) ウサギノオ(ラグラス)

150526usaginoo背丈が30~40cmで、高からず低からず、なんともほどよい風情です。ガラスのコップに何本か挿してテーブルに置けば、パンの焼けた香りと似合いそうです。
そのまんまの名前がまたステキです。このウサギノオのまま、あるいはもうすこしオシャレに属名のラグラスとして、ドライフラワーがお店に並ぶこともあるようですが、乾燥させてしまうと穂先にこぼれたお砂糖(白い葯)が失われます。
梅雨前のせっかくのさわやかな季節ですから、朝露のしたたる新鮮な野の草の香りを、部屋のなかでも精一杯楽しみたいものです。

2014年のきょうシナユリノキ> 2013年のきょうオヤブジラミ> 2012年のきょうヤブデマリ> 2011年のきょうアカマツ> 2010年のきょうギョリュウ> 2009年のきょうマユミ> 2008年のきょうイワカガミ> 2007年のきょうネメシア> 2006年のきょうワジュロ> 2005年のきょうスイカズラ> 2004年のきょうキョウチクトウ

| | コメント (0)

5月25日(月) ウリハダカエデ(雌株)

150525urihadakaede_fウリハダカエデの雌花(雌株)をとらえて、雄花はまだだったはずと過去掲載一覧を見たら、ウリハダカエデはまだ一度も登場していませんでした。
ここ(ブログ)に載せていたのは名前的に区別しにくいウリカエデだけで、それも一度きりでした。逆に増補版の方にはウリカエデは載せておらず、ウリハダカエデが一度だけです。どうにも不見識というか、いい加減そのものです。
その増補版ではウリハダカエデとだけ標記していて、そこに写った花が雌花であることに触れていませんでした。8年前の自分はウリハダカエデが雌雄異株であることを知らなかったらしいと苦笑いしてしまいます。
などと偉そうなことを言っていると、たぶん8年後の自分にあざ笑われることでしょうが、それもまた楽しきことかな…と終わりなき旅は続きます。

2014年のきょうクマザサ> 2013年のきょうシキザキアカシア> 2012年のきょうアスパラガス> 2011年のきょうエビネ> 2010年のきょうミツバウツギ> 2009年のきょうヒトリシズカ> 2008年のきょうキハダ> 2007年のきょうオオムラサキツユクサ> 2006年のきょうムラサキツユクサ> 2005年のきょうセンダン> 2004年のきょうウツギ

| | コメント (3)

5月24日(日) ヤブヘビイチゴ

150524yabuhebi1ヘビイチゴ類のおさらい第一歩でヤブヘビイチゴです。というか、増補版に実だけ載せたまま、ブログには一度も登場させずという冷遇ぶりでした。その割に、見分けには今ひとつ自信が持てなかったので、ここで頭の整理です。
まずは実です。ヤブヘビイチゴの実はヘビイチゴより大きくてパンと張った感じで、一見おいしそうです。ただ、味はヘビイチゴと同じでほぼありません。
実を包む尖った萼の下に副萼片(先が丸く、3裂)が目立ちます。この副萼片の大きさがヘビイチゴとの違いです。
150524yabuhebi2花もヘビイチゴより一回り大きく、直径が2cmほどになります。ただ、大きさよりも実のところで触れた副萼片がポイントです。
また、葉がヘビイチゴより大きく、小葉の先が尖り気味です。ヘビイチゴと同じく菱形ではあっても、こちらは長さがあります。

2014年のきょうクロジクアジサイ> 2013年のきょうフランスギク> 2012年のきょうカジイチゴ> 2011年のきょうノイバラ> 2010年のきょうコウモリカズラ> 2009年のきょうオトメユリ> 2008年のきょうネズミムギ> 2007年のきょうブラシノキ> 2006年のきょうトキワツユクサ> 2005年のきょうカルミア> 2004年のきょうセンダン

| | コメント (0)

5月23日(土) ハンショウヅル

150523hansyouduru1センニンソウ属とはつまりクレマチス(属名=Clematis)なので、いかにも花壇の女王的ないわゆるクレマチスから、ちょっと野の花系のセンニンソウとかボタンヅルとかクサボタンまで、なかなか変化に富んだメンバーがそろっています。
その野の花的一群のなかでClematis japonicaという学名を持つのがこのハンショウヅルです。日本代表みたいな存在なので、早くここに載せたかったものです。
同じ「ハンショウヅル」でも、その前に「ガビサン」がつくと真冬に花を咲かせます。それに対してこの正統ハンショウヅルは5~6月が開花期ですから、この属が多士済々という一つの典型例に思えます。
150523hansyouduru2センニンソウ属には花びらがなく、この分厚い4枚のパーツは萼です。時期がくればパラリ・パラリと1枚ずつ落ちるので、花びらと変わりありません。少なくとも、雄シベのなかに頭を突っ込んだ蜂にとって、それはどうでもいいことでしょう。

2014年のきょうキンポウゲとウマノアシガタ(キンポウゲ)> 2013年のきょうツリガネカズラ> 2012年のきょうスズメノエンドウ> 2011年のきょうコウシンバラ> 2010年のきょうシュロ(ワジュロ)> 2009年のきょうキングサリ> 2008年のきょうユキザサ> 2007年のきょうコマツヨイグサ> 2006年のきょうジャガイモ> 2005年のきょうカラー> 2004年のきょうトキワツユクサ

| | コメント (2)

5月22日(金) イヌガラシ

150522inugarasiスカシタゴボウとかイヌナズナ(両方とも未収録)とか、ちょっと感じの似た路傍の草たちがあって、早く「違いのわかる男」にならねばと焦ります。
そこで、それらのなかでは少しだけ取っかかりが明確なイヌガラシから踏み込んでみることにしました。その差別化ポイントは細くて長い実です。
冒頭にあげた二者の実はかなり寸詰まりなのに対し、イヌガラシの実は上向きに弓のように反りながら長くのびます。一つの莢には種が優に30個は入っているので、1本の茎から恐ろしい数の「次世代」がこぼれることになります。

<補注> 懸案だった「感じの似た路傍の草」のうち、スカシタゴボウは収録することができました。(2015年12月12日)

2014年のきょうバリバリノキ(アオカゴノキ)> 2013年のきょうムラサキウンラン(ヒメキンギョソウ、リナリア)> 2012年のきょうハチク> 2011年のきょうサクラバラ> 2010年のきょうタチバナ> 2009年のきょうショウブ> 2008年のきょうクヌギ> 2007年のきょうノースポール> 2006年のきょうニオイシュロラン> 2005年のきょうニオイバンマツリ> 2004年のきょうユスラウメ

| | コメント (0)

5月21日(木) ツルウメモドキ(雄株)

150521turuumemodoki_mツルウメモドキ8度目の掲載にして初めての雄株です。雌株ならば寒い季節に赤い実が目立ってその在り場所を覚えやすいのです。それが雄株となると、今ごろの季節にこうして地味に花を開くだけであとはひっそり葉っぱだけの姿ですから、冬に見つけておいて春に花を撮るというわけにいかないのです。
雌花の撮影から9年が過ぎ去っていたことの弁解が長過ぎましたが、その間にはわずかながら観察力に成長がありました。この柔らかくて艶のある葉で樹種がわかるようになり、写真の木が毎年実をつけないことに気づいたのです。
そうして狙い澄まして雄花を写せたわけですから欣喜雀躍…かと思ったら、どうも気分は「やれやれ」なのです。あまりに長く引きずった課題というのは、それを成就しても達成感よりはくたびれ感だけが残るもののようです。

<過去掲載のツルウメモドキ> 1月8日:真っ赤な蒴果 1月13日:仮種皮 1月14日:赤い実をつけた大枝 5月20日:雌株(雌花) 10月9日:柿色の蒴果 11月5日:幹の太さ 11月23日:割れた仮種皮

2014年のきょうチガヤ> 2013年のきょうニガキ(雄花)> 2012年のきょうノミノツヅリ> 2011年のきょうオニタビラコ> 2010年のきょうケシ> 2009年のきょうバッコヤナギ> 2008年のきょうザイフリボク> 2007年のきょうクスノキ> 2006年のきょうカスミソウ> 2005年のきょうユウゲショウ> 2004年のきょうクレマチス

| | コメント (0)

5月20日(水) ハタケニラ

150520hatakeniraこの時期、アオスジアゲハはあちこちに出没し、せわしなく飛び回ります。草でも木でもなんでもござれで、あきれるほどに精力的な動きです。
そのアオスジアゲハにも負けないほどタフなのがこのハタケニラです。名前こそ畑の韮ですが、畑に入り込まれたら駆除には苦労するそうです。
そんな農家さんの悩みはさておき、空き地を占拠して瓦礫を目立たなくしていたりすると、なかなかにお役立ち度は高いのです。花びらに一筋入る赤紫もちょっとオシャレで、青筋と赤筋の競演などという駄洒落も生み出してくれます。

2014年のきょうホオベニエニシダ> 2013年のきょうコチョウラン> 2012年のきょうセイヨウサンザシ> 2011年のきょうケヤキ> 2010年のきょうハグマノキ> 2009年のきょうアオダモ> 2008年のきょうヤブジラミ> 2007年のきょうカルセオラリア> 2006年のきょうツルウメモドキ> 2005年のきょうトベラ> 2004年のきょうカキノキ

| | コメント (0)

5月19日(火) ツクバネウツギ

150519tukubaneutugi冬になると枝に萼だけが残って、それが逆光にきらめく様子に見惚れたのは一昨年のことでした。あのシーンからカレンダーを5枚めくった姿です。
ほかの高木の下生えとして生息するので、冬と違って今の季節だと潤沢な光には恵まれにくい恨みがあります。同じことをカマツカの記事でも言い訳していたら、あとで燦々と光を浴びたシーンを撮れたので、ツクバネウツギの花どき写真にもリターンマッチの機会が訪れることを念じておきます。
その花にはようやくセーフでした。1カ所だけこうして花が残っていたわけですが、一つの枝先に二輪ずつ咲くというスイカズラ科の特徴がわかります。

<補注> 相変わらず陽射しはイマイチでしたが、もう少し花つきのいい写真はこちらです。(2016年4月7日)

2014年のきょうアリウム・オストロスキアヌム(アリウム・オレオフィルム)> 2013年のきょうツガ> 2012年のきょうコウゾリナ> 2011年のきょうカキツバタ> 2010年のきょうヒメグルミ> 2009年のきょうヒメツルニチニチソウ> 2008年のきょうヤマシャクヤク> 2007年のきょうツボサンゴ> 2006年のきょうフランスギク> 2005年のきょうチョウジソウ> 2004年のきょうタチアオイ

| | コメント (0)

5月18日(月) キクノハアオイ

150518kikunohaaoi直径1cmほどの小さな花なのに、その色が派手なので、道端でよく目立ちます。ただ、似たものを思い出せなくて調べの糸口がなく、ズルズルと何年も自分のなかでは名無しの権兵衛さんでした。
アオイ科という正体がわかってみればそんな風にも見えますが、それは後出しのズルに過ぎません。キクノハアオイ属だそうで、そんな属は知らなかったし、たぶん1属1種の「みなしごハッチ」状態ではあるまいかと愚考しています。
菊の葉というにはややテカリ過ぎですが、花に劣らず葉の形も魅力的です。それに比べると茎や萼は毛深くて、全体のアンバランスが少しコミカルです。

2014年のきょうバイカウツギ> 2013年のきょう温帯スイレン> 2012年のきょうニガキ(雌花)> 2011年のきょうウラジロノキ> 2010年のきょうコメツブツメクサ> 2009年のきょうサンショウバラ> 2008年のきょうチングルマ> 2007年のきょうスノーキャップ> 2006年のきょうオオバコ> 2005年のきょうサラサドウダン> 2004年のきょうアヤメ

| | コメント (0)

5月17日(日) シナミザクラ(カラミザクラ)とオオカンザクラ

150517sinamizakura早いうちからチェックせねば、という思いは正解でした。花からは50日ほど、5月もまだ中旬だというのに、シナミザクラはもうこんな「可食」状態です。
試しに一粒だけ、赤色の強いものをいただいてみました。甘~い。こりゃー、鉢植えでいいからウチでも1本育てたい!と思うほどです。
やはり実桜というだけあって、実のなり具合がほかの桜とは段違いでした。ふつうの桜の実がどれだけ寂しいつき具合か、事例はなんでもいいのですが、たまたま通りかかったところで撮影したオオカンザクラ(↓)を取り上げてみます。
150517ookanzakuraしてそのお味はいかに、と、完熟状態の実を食べてみましたが、駄目です。ソメイヨシノもそうだし、ハタザクラでさえ同じで、どうしても苦みがあるのです。
というわけで、甘い実がどっさりとできるシナミザクラは、はた衛門の桜品種番付表ではいきなり西の横綱に抜擢してしまいます。あ、もちろん、不動の東の横綱はハタザクラに決まっているんですけど…。

<補注> セイヨウミザクラの稔った様子はこちらです。

2014年のきょうギョウジャニンニク> 2013年のきょうサルナシ> 2012年のきょうヤエムグラ> 2011年のきょうトウバナ> 2010年のきょうコゴメウツギ> 2009年のきょうオオバナノエンレイソウ> 2008年のきょうチゴユリ> 2007年のきょうユキノシタ> 2006年のきょうヘラオオバコ> 2005年のきょうメキシコマンネングサ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (0)

5月16日(土) キツネアザミ

150516kituneazami初めはひっそりと1・2本たたずむ様子に出会い、「ふーんこれが○○かぁ」とありがたく拝見し、それから数年後に「うわ、○○だらけぇ」という大きな群落に出会って舞い上がるというパターンがあります。思い出すだけでも、ギンリョウソウナンバンギセルタコノアシチョウジソウオニタビラコヒメハギなど、貴重(稀少)品だと思っていたものが足下を埋め尽くすという幸せに遭遇したものです。
キツネアザミの場合、失礼ながらそれほどレアなものではないのですが、これだけの群落には少し驚かされました。放置された田んぼ2・3枚をうまく占拠できたようで、いつまでの「我が世の春」かは不明でも、今を限りと咲く姿でした。

2014年のきょうコハウチワカエデ> 2013年のきょうコヒロハハナヤスリ> 2012年のきょうカマツカ> 2011年のきょうカジノキ> 2010年のきょうハクウンボク> 2009年のきょうジャケツイバラ> 2008年のきょうコトネアスター> 2007年のきょうヒメヒオウギ> 2006年のきょうカンボク> 2005年のきょうホオノキ> 2004年のきょうホオノキ

| | コメント (0)

5月15日(金) ミツデカエデ(雌株)

150515mitudekaede1冬になれば、山の遠景を白く飾るミツデカエデの実が、もうこの時期からこんなに賑やかでした。この実をつけるための雌花を撮りたくて、ここ数年、雌株を追いかけていたので、すわ、今年も花の時期を逃したかと冷や汗です。
150515mitudekaede2ところが、この雌株はとても大きな木で、手の届くところにまだ花を残してくれていました。花といってもツノのような2本の雌シベだけですが、5年越しでようやく雌花を写すことができた自分には眩しいほど輝いて見えました。
このハの字の羽がどうやって姿を現すのか疑問でしたが、子房の1パーツとして最初からできているとは驚きでした。1本の花穂で、こうやって雌シベや萼が枯れて消滅していく様子もわかり、これまでの追いかけが報われました。

2014年のきょうキクムグラ> 2013年のきょうガクウツギ> 2012年のきょうヒルザキツキミソウ(モモイロヒルザキツキミソウ)> 2011年のきょうタチシオデ> 2010年のきょうヒメウツギ> 2009年のきょうカッコソウ> 2008年のきょうカマツカ> 2007年のきょうキツネアザミ> 2006年のきょうカラスビシャク> 2005年のきょうナツユキソウ> 2004年のきょうエゴノキ

| | コメント (0)

5月14日(木) ゲウム(セイヨウダイコンソウ、ベニバナダイコンソウ)

150514geum花壇を飾るこの派手な花がダイコンソウの親戚とは驚きました。きのうはトチノキの頭に西洋の二文字が載るといかに派手になるかを見ましたが、きょうのダイコンソウもあれに輪をかけたほどに目覚ましい化けっぷりです。
根もとの葉がたしかに在来のダイコンソウに似ています。花は、写真のものは八重でしたが、別にシンプルな一重もあって、どちらも園芸品種です。
セイヨウダイコンソウでは冴えないと考えたか、お店では属名のゲウムが使われています。ベニバナダイコンソウという和名もありますが、花色は紅だけでなくオレンジや黄色もあり、個人的には面倒がなくてゲウムでいいかと思います。

2014年のきょうベニウツギとタニウツギ> 2013年のきょうシライトソウ> 2012年のきょうアメリカアサガラ> 2011年のきょうアオハダ> 2010年のきょうコンニャク> 2009年のきょうギシギシ> 2008年のきょうオオカメノキ> 2007年のきょうヤセウツボ> 2006年のきょうタラヨウ> 2005年のきょうゼニアオイ> 2004年のきょうエゴノキ

| | コメント (0)

5月13日(水) セイヨウトチノキ(マロニエ、ウマグリ)

150513seiyoutotinoki1花のころだと思って例の小学校に駆けつけたのに、花の位置が高過ぎ&角度悪過ぎの二重苦で、ガッカリでした。念のため、心当たりのあったほかの2カ所も訪ねてみたものの、状況は似たようなものでした。
今年はもうあきらめかと思った矢先、たまたま通った道路脇でこんなにド派手に咲いている1本(↑)を見つけました。手の届く低い枝にも花がついています。
150513seiyoutotinoki2マジマジ見て納得です。なんと形容すべきか、要はグチャグチャで、これではナマクラな腕の望遠ではなにがなんだかわからなかったのは道理です。
雄シベの葯ばかり目立ちますが、なかに葯のないらしい花糸もあるので、仕掛け的にはふつうのトチノキと同じ雌雄混株だと思います。
150513seiyoutotinoki3なんと、この土地のオーナーはよほどの栃好きらしく、隣(写真左方)にはふつうのトチノキも植わっていました。おかげで、トチノキと比べてセイヨウトチノキの花がいかに派手かということが、下手な説明なしでよくわかります。

2014年のきょうマツバトウダイ(ユーフォルビア・キパリッシアス)> 2013年のきょうムレスズメ> 2012年のきょうカイジンドウ> 2011年のきょうキンラン> 2010年のきょうミツデカエデ> 2009年のきょうスイバ> 2008年のきょうアマドコロ> 2007年のきょうサワフタギ> 2006年のきょうミヤコワスレ> 2005年のきょうオダマキ> 2004年のきょうソラマメ

| | コメント (0)

番外編 : ちょっと褒めすぎました

150512covia_photo先日の番外編で褒めちぎった低価格SIMフリースマホCovia F4sですが、問題点が見つかったので追加レポートです。
まずはこの写真、助手1号がウチのゼラニウムを撮ったものです。という説明が必要なほど、ひどい画像です。そのうち、使い方にもう少し慣れるかもしれませんが、だいたいこんなものでしょう(手ぶれ・被写体ぶれでなく)。
前回は「緊急のメモ代わりと思えばいい」と強がりを言いましたが、真面目にそのとおりです。これは画素数が足らない(200万)ことに加え、オートフォーカスが効かないらしい(固定焦点)ことも大きな原因です。
したがって、漠然とした風景写真ならまだしも、花とか人物を被写体にするのはまったく不適(固定焦点なので、1.5m以内はボケる)だし、あくまで「メモ代わり」として、撮った写真をスマホ画面で見る範囲の用途にとどめざるを得ません。
ということは、あえて追加記事を書く必要もない(上記内容は自分で納得していた)わけですが、じつはこの弱体カメラ機能がもたらす大きな落とし穴がありました。それはバーコード(やQRコード)の読み取りがほぼ不可能ということです。
どんなにしつこくねらってもコードはぼんやり写るだけで、よほどはっきりした(大きな)ものでないと、永久にスマホを紙面にかざしていなくてはならないのです。ほかの性能は、電池の持ちも含めて、今のところそれなりに納得の範囲なのに、これは思いがけない盲点でした(考えてみれば当たり前・汗)。
今どきはお店の棚も、美術館の展示も、新聞のチラシも、なんでもかんでもQRコードで情報提供する時代です。次のモデルでは、画素数は欲張らなくていいから、コードが読める機能だけは確保してほしいと切望する次第です。

<補注> 固定焦点カメラにふさわしい使い方をしてみました。(2015年7月10日)

| | コメント (0)

5月12日(火) ヘラオオバコ

150512heraoobako原産地のヨーロッパではハーブとして食べることもあるようですが、試してみる気にはなれません。このヘラオオバコが生えている場所は、どうもワンちゃんが散歩の途中でチッチしそうなところばかりに思えるのです。
さて、ヘラオオバコは三度目の登場ですが、写真的には過去二度の合成的な意味合いです。最初はちょうど今の季節に、花穂にだけ目を奪われてしまい、今年1月には地べたにへばり付いて冬をやり過ごす葉だけを取り上げました。
今回ようやく、全体をとらえたわけですが、やはり恐れていたようにとりとめのない絵になりました。とりとめのない日常のかたわらに展開されるとりとめのないヘラオオバコの世界を、とりとめなく日記にとどめておくことにします。

2014年のきょうマルバウツギ> 2013年のきょうアジュガ・レプタンス(セイヨウジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ)> 2012年のきょうチャンチン> 2011年のきょうハクウンボク> 2010年のきょうオオカワヂシャ> 2009年のきょうタラヨウ(雌花)> 2008年のきょうオトコヨウゾメ> 2007年のきょうアメリカフウロ> 2006年のきょうカラマツ> 2005年のきょうヤマボウシ> 2004年のきょうカナメモチ

| | コメント (0)

5月11日(月) タラヨウ(雌株)

150511tarayou1少し標高のある場所へ行ったら、タラヨウの花がまだ盛りでした。けっこう派手に咲いていたのでてっきり雄株かと思って近づいたら雌株でした。この花がすべてあの真っ赤な実に変わったら…とワクワクさせる木です。
かつて、一輪だけ残った雌花をかろうじてとらえたことがありましたが、今度は文句なしに全開ドンピシャの開花の様子です。
150511tarayou2基本的に雄花と同じ作りとサイズではあるものの、雌花の場合はすでに実と呼んでいいほどの子房(花柱)が圧倒的な存在感を誇ります。またその先端の柱頭部分も、花粉を吸い尽くしそうなタフな面構えをしています。
逆に、雄シベは一応備わってはいるものの葯は最初から枯渇していました。ただ、その花糸は太くて目立つので、冒頭書いたようにけっこう派手な見かけを作り出しているのでした。つい「どうせなら花粉も出せば」と思うほどの立派さですが、そこはそれ、しっかりと男を立ててくれる「いい女」ぶりなのでした。

2014年のきょうニガナ> 2013年のきょうサンショウ> 2012年のきょうクサソテツ> 2011年のきょうカマヤマショウブ> 2010年のきょうハナイバナ> 2009年のきょうネコノメソウ> 2008年のきょうクマガイソウ> 2007年のきょうナニワイバラ> 2006年のきょうセリバヒエンソウ> 2005年のきょうポポー> 2004年のきょうスイカズラ

| | コメント (0)

5月10日(日) トコナツ

150510tokonatu先日のセキチクの記事で、「ナデシコ類はやたら紛らわし」いと言ったとき、頭にあったのはこのトコナツとか、あとは美女ナデシコ(未収録)のことでした。
特にトコナツは、セキチクの異名である一方で、セキチクのなかの一品種を指す場合もあるというややこしい事情があります。かつ園芸的にさまざま交配種が出回っていて(ダイアンサス○○と称する品種群)、頭が痛いというワケです。
そんな背景のなか、「たぶんこれが…」と写した鉢植えです。ヒゲ(苞の先)がセキチクよりも目立ち、美女ナデシコほど多くはありません。なによりも、名前どおりに寒いうちから(セキチクが咲き出すずっと前から)きれいに花開いていました。
本当はこの鉢植えの出自をオーナーにお訊きできればいいのでしょうが、インターホンを押して「これ、なんですか」とやる勇気はなかなか出ないものです。

2014年のきょうジングウツツジ> 2013年のきょうアレナリア・モンタナ> 2012年のきょうトラフクロマツ> 2011年のきょうマメヅタ> 2010年のきょうモッコウバラ(白八重)> 2009年のきょうチャイブ(セイヨウアサツキ)> 2008年のきょうシャリンバイ> 2007年のきょうウスバサイシン> 2006年のきょうセッコク> 2005年のきょうコデマリ(八重)> 2004年のきょうオオムラサキ

| | コメント (0)

5月9日(土) ハンカチノキ

150509hankatinokiハンカチノキの収録についてはこのシーンが不可欠なのに、これまでは暑いさなかとか木枯らし吹くころとか、ちょっと外した季節の姿ばかり取り上げてきました。そんな臍曲がりもウワァ~と驚いたハンカチ大特売会場の様子です。
ただ、正直に言うとハンカチというよりはティッシュに見えて仕方ありません。今ならば確実にティッシュノキと名付けられたでしょうに、この木が日本にやってきた1950年代はティッシュペーパーもようやく日本に登場したばかりのころで、まだまだ一般の生活に密着した存在ではありませんでした。
そういえば、自分が子供のころはちり紙や落とし紙を使っていたもので、それがティッシュやトレペに変わったのはいったいいくつのときだったのか…少し遠い日を思い起こさせてくれるティッシュノキ、いえ、ハンカチノキです。

<補注> 実が充実した様子はこちらです。(2015年11月7日)

2014年のきょうヤナギトラノオ> 2013年のきょうボタン> 2012年のきょうヤエムグラ> 2011年のきょうスイバ> 2010年のきょうオニグルミ> 2009年のきょうコリアンダー(コエンドロ)> 2008年のきょうクレマチス・モンタナ> 2007年のきょうシナアブラギリ> 2006年のきょうイチゴ(優香)> 2005年のきょうオオデマリ> 2004年のきょうミズキ

| | コメント (0)

5月8日(金) クジャクシダ

150508kujakusidaきのうはシダ類ではないシダ(笑)を載せたので、きょうは本当のシダにしました。と言うか、冬には消えていたクジャクシダがあっという間に成長し、針葉樹の緩斜面で気持ち良さそうに羽を大きく広げていました。
このクジャクシダとホウライシダ、それにハコネシダは、俗にアジアンタムと呼ばれるホウライシダ属(Adiantum)の仲間です。かつて、この3点をセットにしたミニ盆栽を枯らしたことがあり、つい懺悔の気持ちで眺めてしまいます。
牧野図鑑では「クジャクソウ(クジャクシダ)」となっていて、焦りました。ふつうクジャクソウと言えば、秋に白い小さな花を咲かすキク科植物です。さてきょうのタイトルをどうするか悩みましたが、ここは大先生に楯突いてみることにしました。

2014年のきょうハナエンジュ(バラアカシア)> 2013年のきょうツタバウンラン(ツタガラクサ)> 2012年のきょうクレマチス・アーマンディ> 2011年のきょうカジノキ> 2010年のきょうハイノキ> 2009年のきょうツボスミレ(ニョイスミレ)> 2008年のきょうイヌガヤ> 2007年のきょうヒイラギソウ> 2006年のきょうリムナンテス> 2005年のきょうアサツキ> 2004年のきょうウツギ

| | コメント (2)

番外編 : こんなスマホ、待っていました!

150507covia_b3台目のスマホ(写真中央)です。もっとも、2台目はいつの間にか助手2号の手に渡っているし、この3台目は助手1号のスマホデビュー機になります。

さて、このスマホ(Covia F4s)、今までの2台(どちらも型遅れの中古品を購入)とは違い、去年12月に発売されたバリバリの新鋭機です。しかし、実際の入手価格は3台のなかでは最安で、税・送料込み8,061円でした。
当然ながら、「おもちゃ?」という疑念が湧きますが、なんとCPUはクアッドコアですから動きは俊敏で、古いiPhoneやGALAXYを完全に上回ります。また、液晶はIPS方式なので、画素数はイマイチでもかなりきれいに見えます。
それと、F4sの基本メリットは軽く(107g)て小さい(4インチ)ということです。ポケットに入れても苦にならず、片手で楽に操作できます。この軽さは、今まで軽いことを選択基準に選んだ3GS(134g)やSC-02B(119g)に比べても、手に持ったとたんに感じることができるフェザーウエイトです。(当然、作りは簡素なので、スマホに高級感を求める人にはまったく向きません)
また、ストレージが小さい(4GB)のはコスト的に仕方ないところですが、SDカードを挿せるので、致命傷ではありません。カメラがチャチというのがもっぱらの悪評なのですが、あくまで緊急のメモ代わりで使うなら不満とはなりません。

さらにミソはデュアルSIMという構造で、ガラケー(うちはドコモ)のSIMをそのままこちらに移し、もう1枚は例の格安SIMを挿すというわけです。そもそも、キャリアに縛られないSIMフリー機なので、どこのSIMでもOKです。
つまり、通話はドコモで989円(タイプSS)、通信はDTIで506円、毎月の合計1,495円でスマホが使える(従量課金なし)というわけです。
さらなる驚愕は、こんな格安スマホでテザリング設定がわりと簡単にできてしまったことです。外でパソを使わざるを得ないワタシは、いま携帯ルータを使っているのですが、これが月額2,800円ほどかかっています。それが、このCoviaを介してネット接続できるので、自分もこれにすれば丸々この費用がタダになります。
つまり、不安げな助手1号に無理矢理スマホを持たせたのは、自分の次のシステムを実験したかったのが本音でした。しかし、助手1号は被害者かというとそうでもなく、内心あこがれていたフリック操作を上機嫌で楽しんでいます。

というわけで、今回の実験は大成功、Covia万歳!でした。すでにF4s+という少しだけ上級機も出ていて、そろそろ年金生活突入というはた衛門にとって、このCoviaというメーカーは強い味方となってくれそうです。

<注> このスマホのもう一つの悪評に、電池持ちが悪いというのがあります。たしかに軽量化とタフバッテリーは両立し得ない命題です。
しかし、今のところは完全充電すれば丸一日は持っているので、まめに充電すればいいだけのことです。あるいは、替えの電池も1,500円ほどなので、最悪はこれを持ち歩けば済む話だと思っています。

<後日追記> カメラ性能がプアーであることによって、思わぬ障害に出くわしました。(2015年5月12日)

| | コメント (0)

5月7日(木) エニシダ

150507enisida母を散歩に連れ出すと、その壊れたレコードのような繰り返し発言を持て余したものですが、たまに焦るような鋭いひと言もありました。このエニシダはその代表例で、「立派だね」「きれいだね」とやりとりしているうち、「これがどうしてシダ(羊歯)なの」とつぶやいたのです。去年のちょうど今ごろのことでした。
完全に盲点を突かれ、「ホントだね」とごまかしたものの、自分の不勉強が恥ずかしくてホオベニエニシダのように赤面してしまいました。
なるほど、旧属名のGenista(エニスタ)をそのままに呼んでいたものが次第に転訛したらしく、シとスの入れ替わり方はハマナスと逆パターンでした。
さて、この春こそエニシダの前でこれを説明してやろうと思っていたのに、肝心の母がもういなくなってしまいました。もっとも、そんな辛気くさい解説などどこ吹く風だったはずで、エニシダの前で苦笑いが浮かぶこの春です。

2014年のきょうシラー・ヒスパニカ(ツリガネズイセン)> 2013年のきょうウラジロノキ> 2012年のきょうサクラソウ> 2011年のきょうヒメハギ> 2010年のきょうマルメロ> 2009年のきょうアメリカイワナンテン(セイヨウイワナンテン)> 2008年のきょうヒルガオ> 2007年のきょうスイートピー> 2006年のきょうベニバナツメクサ> 2005年のきょうモモイロヒルザキツキミソウ> 2004年のきょうニセアカシア(ハリエンジュ)

| | コメント (0)

5月6日(水) セキチク(カラナデシコ)

150506sekitiku道端の空き地に咲いていました。じつはセキチクを取り上げたいものの、ナデシコ類はやたら紛らわしく、「らしい」ものを撮っても掲載は控えて来ました。
しかし、今回のこれならかなり間違いない気がします。竹のような粉緑色という茎葉がまずピッタリで、その葉が細くて対生し、背丈が30cm内外という条件も外していません。もちろん、花の様子は図鑑の説明どおりです。
在来のナデシコと区別するため、カラナデシコ(唐撫子)という別名をもちますが、ナデシコをカワラナデシコと呼ぶので、音的にちょっと不便です。もっとも、カラナデシコとかカワラナデシコとかいう名称まで覚える段階になれば、二つが音でまぜこぜになるわけもなく、こういうのを杞憂というのでしょう。

<補注> セキチクの一品種であるトコナツはこちらです。(2015年5月10日)

2014年のきょうコバノガマズミ> 2013年のきょうハッカクレン> 2012年のきょうハイノキ> 2011年のきょうチョウジガマズミ> 2010年のきょうカンザン(関山)> 2009年のきょうシュロ(ワジュロ・トウジュロ)> 2008年のきょうオサバグサ> 2007年のきょうピラカンサ> 2006年のきょうオーニソガラム> 2005年のきょうキリ> 2004年のきょうヤマボウシ

| | コメント (0)

番外編 : 今年はちょいヒネリの感動!

Imgp18481また見つけてしまいました。8年前の正月には、同じくズラリと並んだ青いトラックのナンバープレートが9番・8番・7番…と連続しているのを見つけて驚いたのですが、今度はさらにヒネリが加わっています。○○130の「あ」の108・208・308、とりあえず3台だけでしたが、もしかしてずっと続くのかも?
前の9番・8番・7番…は「4」が欠番でしたが、今度の08シリーズなら「408」でも決して不吉ではありません。もしかして、408や508はGWにも関わらず稼働中とか?
正月休みなら節句働きに出る無粋なトラックもいないでしょうから、今から次の正月が楽しみになりました。

| | コメント (0)

5月5日(火) キクザクラ

150505kikuzakuraつい先週まで、関山普賢象などの八重桜は花を残していました。しかし、さすがにそれらも散り果てたころに、まだまだ見頃の花がありました。
菊桜といえば兼六園のそれが有名ですが、あたかも菊のように花が重層多弁化するこのサトザクラは各地にあるようです。兼六園のものは花の中心部の紅が濃いのに対し、写真のものはそれほどでもないので、単に菊桜としておきます。
そう言えば、桃にも菊桃というのがあって、じつに豪華な眺めです。こうなれば、あとは菊「梅」があればいいのですが、あいにくまだそんな品種に出会ったことがありません。桜・桃・梅、ボッテリ3点セットを見たいような、見たくないような…。

2014年のきょうニワナズナ(アリッサム、スイートアリッサム)> 2013年のきょうトドマツ> 2012年のきょうムラサキカタバミ> 2011年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2010年のきょうタブノキ> 2009年のきょうダイコン> 2008年のきょうナラガシワ> 2007年のきょうイチハツ> 2006年のきょうハナイカダ> 2005年のきょうユリノキ> 2004年のきょうムクロジ

| | コメント (0)

5月4日(月) ハハコグサ

150504hahakogusa1母の日が近づいたこの時期、ハハコグサが目立ち出しました。天の配剤というべきか、こういう「できた話」は案外にあるものです。
ただし、ハハコグサの名前の由来は諸説紛々で、どれもピンと来ません。この草の姿に母と子を映し重ねるのはかなりの難行だと思います。
それどころか、花にグッと迫ってみると、まるで粘菌が這い回っているような映像になり、ちょっと腰が引けるほどです。一つひとつの頭花の中央部にあるのが両性花で、その周りを雌花がビッシリと囲んでいます。
150504hahakogusa2花よりも、むしろ見るべきは茎と葉です。かつて、草餅にはヨモギではなくこのハハコグサを使っていたそうで、春の七草ではゴギョウとしても有名です。
ところが、そのゴギョウ(御形=仏の体)にしても、この茎葉からではイメージがまったくわきません。それほど名前が意味不明になってしまったこと自体、この草が我々の生活に長い間寄り添っていた証拠なのでしょう。

2014年のきょうダイオウグミ> 2013年のきょうゼンマイ> 2012年のきょうイチハラトラノオ(市原虎の尾)> 2011年のきょうセイヨウバクチノキ> 2010年のきょうベニシダ> 2009年のきょうトウカエデ> 2008年のきょうニワトコとムベ> 2007年のきょうキモクレン> 2006年のきょうヒメコウゾ(雄花)> 2005年のきょうスズラン> 2004年のきょうハルジオン

| | コメント (0)

5月3日(日) チリメンガシ

150503tirimengasiかなり太い幹は朽ち折れたものの、根元の付近からヒコバエがのび出し、世代が更新されつつありました。名前どおりに細かく縮んだ若葉がきれいです。
そんな状態なので、ドングリを見ることは当分無理でしょうが、この葉だけでも、チリメンガシという樹種を鑑賞する価値は十分です。
牧野図鑑でも、「ウバメガシの変種で園芸品」だとあっさり触れている程度で、ちょっとした謎の木だと思っていました。ところが、京都の「うえしげ」さんという植木屋さんが、ご自分のサイトでこの木のことをじつに詳しく解説なさっていました。
木の特徴はもちろん、歴史的な背景から扱い方まで、とてもわかりやすく書かれているので、ご許可をいただき、リンクをさせていただきました。

2014年のきょうムラサキサギゴケ(サギゴケ)> 2013年のきょうニッサボク> 2012年のきょうセイヨウタンポポ> 2011年のきょうシライトソウ> 2010年のきょうヘビノボラズ> 2009年のきょうギンラン> 2008年のきょうフサスグリ> 2007年のきょうシュンギク> 2006年のきょうムクノキ> 2005年のきょうワスレナグサ> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (0)

5月2日(土) シャクヤク

150502syakuyaku「凜」という字をなにかの草木に当てよと言われたら、さしずめシャクヤクはその候補の最右翼に来そうです。なかでも、一重で小型のこの品種は、余計な衒(てら)いを持たず、葉の先まで瑞々しく張り詰めて、毅然としています。
古くはシャクヤクをエビスグスリ(夷薬)と呼んだそうで、舶来の医薬品だったことがわかります。婦人薬として、オールラウンドな薬効があるようです。
見てよし、服してよし、「一家に一株、芍薬を」と言いたいところですが、当然ながら薬は毒でもあります。シャクヤクは眺めて楽しむにしかず…です。

2014年のきょうマルバアオダモ> 2013年のきょうカントウタンポポ> 2012年のきょうシロダモ> 2011年のきょうカジカエデ(オニモミジ)> 2010年のきょうクヌギ(雌花)> 2009年のきょうキンラン> 2008年のきょうマイヅルソウ> 2007年のきょうジュウニヒトエ> 2006年のきょうカキドオシ> 2005年のきょうシラー・ペルビアナ(オオツルボ)> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (0)

5月1日(金) タラヨウ(雄株)

150501tarayou_mそろそろタラヨウの花の時期になったのに、今年はくやし涙の春です。ずいぶん前に取り上げたことのある巨大な雄株が、花咲く前に伐採されていたのです。
去年、5月の中旬にそこへ行ったときは、花は終わっていたものの木はまだ健在で、オーナーに「初旬が見頃」と教えてもらったものでした。満を持していた今年なのに、あの木の訃報がもたらされたのは春まだ浅いころでした。
というわけで、写真の雄花は、こんな接写ができる程度にまだ若い(背が低い)雄株のものです。樹木に限らず、人にもまた寿命があり、今の季節の花を見せてあげたくてももういない悲しみにもなるわけで、「今ここ」をしみじみ感じる春です。

<補注> すぐあとに雌株(雌花)を撮ることができました。(2015年5月11日)

2014年のきょうアツモリソウ> 2013年のきょうチシャノキとマルバチシャノキ> 2012年のきょうヨウラクユリ(フリチラリア・インペリアリス)> 2011年のきょうヒメリンゴ> 2010年のきょうセイヨウシャクナゲ> 2009年のきょうユズリハ(雌花)> 2008年のきょうハシリドコロ> 2007年のきょうナツトウダイ> 2006年のきょうカシワ> 2005年のきょうシラン> 2004年のきょうベニバナトチノキ

| | コメント (2)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »