« 5月3日(日) チリメンガシ | トップページ | 5月5日(火) キクザクラ »

5月4日(月) ハハコグサ

150504hahakogusa1母の日が近づいたこの時期、ハハコグサが目立ち出しました。天の配剤というべきか、こういう「できた話」は案外にあるものです。
ただし、ハハコグサの名前の由来は諸説紛々で、どれもピンと来ません。この草の姿に母と子を映し重ねるのはかなりの難行だと思います。
それどころか、花にグッと迫ってみると、まるで粘菌が這い回っているような映像になり、ちょっと腰が引けるほどです。一つひとつの頭花の中央部にあるのが両性花で、その周りを雌花がビッシリと囲んでいます。
150504hahakogusa2花よりも、むしろ見るべきは茎と葉です。かつて、草餅にはヨモギではなくこのハハコグサを使っていたそうで、春の七草ではゴギョウとしても有名です。
ところが、そのゴギョウ(御形=仏の体)にしても、この茎葉からではイメージがまったくわきません。それほど名前が意味不明になってしまったこと自体、この草が我々の生活に長い間寄り添っていた証拠なのでしょう。

2014年のきょうダイオウグミ> 2013年のきょうゼンマイ> 2012年のきょうイチハラトラノオ(市原虎の尾)> 2011年のきょうセイヨウバクチノキ> 2010年のきょうベニシダ> 2009年のきょうトウカエデ> 2008年のきょうニワトコとムベ> 2007年のきょうキモクレン> 2006年のきょうヒメコウゾ(雄花)> 2005年のきょうスズラン> 2004年のきょうハルジオン

|

« 5月3日(日) チリメンガシ | トップページ | 5月5日(火) キクザクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月3日(日) チリメンガシ | トップページ | 5月5日(火) キクザクラ »