« 4月8日(水) マルバスミレ | トップページ | 番外編 : メインパソの静音化 »

4月9日(木) セイヨウトチノキ(マロニエ、ウマグリ)

150409seiyoutotinoki落ちた実を拾って中身を見てみたいと、何度かこの木の下にたたずんだものです。しかし、フェンスの外(小学校の敷地のなかに立つ木なのです)に転がり出た実はついぞ見つからず、一粒恵んでくれる優しい先生も登場しませんでした。
悲嘆にくれたまま春を迎えてまたこの木の下を訪れ、まだ固い冬芽でも撮ろうと空に向けたレンズに写ったのは、パッカリと口を開けた実でした。手にすることは無理でも、ふつうのトチノキと変わりない中身であることだけは見てとれます。

草木からはいろいろなことを教わりますが、今回の教訓は「下がダメなら上がある」ということでしょうか。自分の視点を変えないと、せっかく見えているものも見えずに「ダメだ、ダメだ」と自滅してしまうことが、実生活でも少なからずありそうです。
さて、その視点を変えさせてくれた功労者の冬芽です。ふつうのトチノキほどテラテラとは輝いていないものの、ベニバナトチノキよりはべとつきが感じられて、実のイガとともに、これがセイヨウトチノキであることを証明していました。

2014年のきょうキジムシロ> 2013年のきょうフウ> 2012年のきょうスズメノヤリ> 2011年のきょうヒノキ> 2010年のきょうイヌコリヤナギ> 2009年のきょうベニバナトキワマンサク> 2008年のきょうムラサキウンラン(ヒメキンギョソウ、リナリア)> 2007年のきょうアジュガ・レプタンス(セイヨウジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ)> 2006年のきょうレンギョウ> 2005年のきょうドウダンツツジ

|

« 4月8日(水) マルバスミレ | トップページ | 番外編 : メインパソの静音化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月8日(水) マルバスミレ | トップページ | 番外編 : メインパソの静音化 »