« 4月5日(日) ミシマザクラ | トップページ | 4月7日(火) ロドレイア »

4月6日(月) ヤブカンゾウ

150406yabukanzou_b金子みすゞの詩(芝草)に「京びな」という名前が登場して、題名の芝草はノシバだろうし、隣に並ぶ「かんざし草」はハナカンザシのことだろうと想像はつくのですが、「京びな」にはまったく思い当たる植物がなくて困りました。
調べているうち、彼女が育った山口・長門地方ではヤブカンゾウをそう呼ぶらしいと知りました。たしかに、この時期の葉が重なる様子を十二単の襟元と見立てることは決して乱暴なことではありません。
この襟元にあの暑苦しい花が乗ったら興ざめですが、春の野遊びで女の子が小さな花をそこに挿したら、ヤブカンゾウも一気にかわいいお人形です。

2014年のきょうハナイカダ(雄株)> 2013年のきょうグズマニア・ヒルダ> 2012年のきょうシダレカツラ> 2011年のきょうラッパ水仙> 2010年のきょうイチリンソウ> 2009年のきょうカランコエ(八重)> 2008年のきょうノボロギク> 2007年のきょうトウダイグサ> 2006年のきょうセンボンヤリ> 2005年のきょうボタン

|

« 4月5日(日) ミシマザクラ | トップページ | 4月7日(火) ロドレイア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月5日(日) ミシマザクラ | トップページ | 4月7日(火) ロドレイア »