« 追加編 : バイカイカリソウ | トップページ | 4月30日(木) カキドオシ »

4月29日(水) ナツグミ

150429elaeagnus-multiflora

ナツグミの花は、まだ開かない蕾状態だけを掲載したままでした。この1カ月で、かわいらしかった葉もすっかり大人びたし、硬い蕾も開きました。
ナツグミに関連したグミの花ではトウグミダイオウグミの花を収録しています。この二つはナツグミと近縁ではあっても、花がナツグミよりもっと黄色っぽくて、どれも同じように見えるグミの花(注)でも、案外に違いがあるものだと感じ入ります。

<補注1> ナツグミ、トウグミ、ダイオウグミの3種以外に、グミ類の花は以下のようなものを収録しています。(和名50音順)


<追録> グミの葉の上をさかんに這い回るテントウムシがかわいくて、肝心のナツグミの花(写真右端)はボケボケです。さて、このテントウムシの名前は?と調べたら、ナミテントウとやけにそっけないものでした。
ただし、名前のわりに「並み」ではないのは柄のバリエーションでした。斑紋の数はいろいろ、赤黒の反転もあり、さらに色合いが赤(オレンジ)と黒だけでなく黄色もありというハチャメチャ具合です。今後、わからないテントウムシを見たらナミテントウだと思えばいいか、とテキトー爺さんは考えてしまいました。(2017年4月23日)
Namitentou
<補注2> 上の追記にはナミテントウのことだけ書いてしまったものの、じつはこの写真で肝心な点は葉表の鱗状毛(ポツポツの白点)です。これが星状毛だとナツグミの変種であるトウグミであり、両種を見分けるときの必見ポイントです。

過去のきょう 2014 クサタチバナ 2013 アリドオシ 2012 ヒメオドリコソウ 2011 ヒノキ 2010 メグスリノキ(雄花) 2009 マムシグサ 2008 エンレイソウ 2007 サルトリイバラ(サンキライ) 2006 ムサシアブミ 2005 モチツツジ 2004 イトザクラ(シダレザクラ)

|

« 追加編 : バイカイカリソウ | トップページ | 4月30日(木) カキドオシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加編 : バイカイカリソウ | トップページ | 4月30日(木) カキドオシ »