« 4月10日(金) ムサシアブミ | トップページ | 4月12日(日) ヒイラギソウ »

4月11日(土) ジューンベリー

150411juneberry1
待ちに待ってジューンベリーの花を写すことができました。蕾のころからこの小さな公園に通い、三度目でようやく真っ白な景色に会えました。
今年に限れば、ソメイヨシノが散ってドウダンの花が咲き始め、ハナミズキが開き始めたこの季節がジューンベリーの開花時期でした。
150411juneberry2
在来のザイフリボクとの違いを学習中であって、花で見分けるときは花柱(雌シベ)に注目するようです。ここが1本で先が5裂しているのがジューンベリーで、5本が癒着状態(先だけ割れる)なのがザイフリボクというわけです。
このジューンベリーのそこが1本であることは確認できたものの、かつてザイフリボクとして取り上げた写真のそこは、接写が甘くてよく判別できません。ただ、こうして見比べてみると、ザイフリボクは十分に繁った葉を背景に開花しているのに対し、今回撮ったジューンベリーは葉がまだまったく展開していません。(注2)
ミクロ部分の検証ができないままだと負け惜しみっぽくはあっても、視野を大きく、全体をつかむことが大切だよと諭された気がします。

<補注1> ジューンベリーの和名はアメリカザイフリボクとされるのに対し、セイヨウザイフリボクというものもあるようで、二つの区別が判然としません。そのため、和名使用は保留し、大雑把に流通名のジューンベリーだけで表記しておきます。
<補注1-2> 上の補注(文字消し部分)では、「ジューンベリー」を洋物のザイフリボク属(Amelanchier)一般の呼称と誤解していました。正しくは、現地名:ジューンベリー(Amelanchier canadensis )の和名がアメリカザイフリボクであり、二つの名前は一対のものです。
<補注2> 本文中の文字消し部分には大きな間違いがあり、掲載写真の段階でもすでに葉は展開しています。開花時にザイフリの葉が繁く、ジューンの葉が遅いと思ったのは、撮影時期によるところが大きいようです。(2020年4月8日

過去のきょう 2014 ヒキノカサ 2013 ミカイドウ 2012 ヤブレガサ 2011 アオキ 2010 ヒメウズ 2009 タンチョウソウ(イワヤツデ) 2008 八重咲き水仙・エルリッチャー 2007 イカリソウ 2006 ゲンゲ(レンゲソウ) 2005 ハタザクラ

|

« 4月10日(金) ムサシアブミ | トップページ | 4月12日(日) ヒイラギソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月10日(金) ムサシアブミ | トップページ | 4月12日(日) ヒイラギソウ »