« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

3月31日(火) スギナ

150331suginaこんなシーンを見て、親子の共演(競演?)という言葉を思い浮かべてしまうのは、あの歌(つくし誰の子…)のせいでしょう。アスナロの歌とともに、変な誤解を子供心に植え込んでしまう困った存在です。
もっとも、「♪ツクシは胞子茎、スギナは栄養茎」では歌にならないし、アスナロのこともツクシのことも、大概の人は正解を知っているようなので、偏屈爺が悲憤慷慨すべき問題ではないようです。
そんなことより、この親子共演(笑)シーンが今年はやけに早くから目立つことがきょうのテーマです。ふつうはツクシが先で、あたかもツクシがスギナに変化(成長)したように栄養茎が蔓延るので先の歌になったものでしょう。
とりたてて異常事態と騒ぐことではないでしょうが、春が一気に加速している証明にはなりそうです。金曜にソメイヨシノが咲いたと思ったら、きのうはハタザクラの若木もチラホラ咲き出して、急に気ぜわしくなりました。

2014年のきょうユリノキ> 2013年のきょうオオムラサキ(オオムラサキツツジ)> 2012年のきょうジンチョウゲ> 2011年のきょうエゾムラサキツツジ> 2010年のきょうリビングストンデージー> 2009年のきょうヤブサンザシ(雌)> 2008年のきょうサラサモクレン> 2007年のきょうオオシマザクラ> 2006年のきょうクロモジ> 2005年のきょうヤマモモ

| | コメント (0)

3月30日(月) ニワザクラ

150330niwazakura1この白い小さな花の陰影をうまく写すことができなくて、何年か掲載を見送っていたニワザクラです。これより少し早く咲き出すニワウメは一重ではっきりしたピンクなので写しやすいのに、名前や木のサイズ(庭というくらいで小ぶり)が似ていても、ニワザクラはなかなか手こずる被写体です。
150330niwazakura2ググッと寄ってみると、その難儀な花びらはこんな具合です。小さなハスの花という感じで、あまり桜をイメージするものではありません。
うまく写せないばかりか、撮影タイミングもいつも早めです。あと1週間もすれば、このビシッと並んだ蕾が全開し、葉もほどよく展開しそうです。ニワウメはあちこちで見かけやすいのに、ニワザクラはレア物というのも困った点です。

<補注> 2週間後の満開&展葉状態はこちらです。(2015年4月13日)

2014年のきょうフリージア> 2013年のきょうカミガヤツリ(パピルス)> 2012年のきょうヤエムグラ> 2011年のきょうアジサイ> 2010年のきょうモミジバスズカケノキ> 2009年のきょうミミガタテンナンショウ> 2008年のきょうヒサカキ> 2007年のきょうハナカイドウ> 2006年のきょうチオノドクサ> 2005年のきょうベニバナトキワマンサク

| | コメント (0)

3月29日(日) アンスリウム(オオベニウチワ)

150329aandraeanum先日、ベニウチワを取り上げたときから気になっていたことの確認です。あまりサトイモ科らしくないベニウチワの葉に比べて、果たしてこのオオベニウチワの葉はいったいどんな形をしていたのか、ふだんのボンヤリぶりを反省しつつ…。
ああ、これはかなりサトイモです(笑)。ふーむ、葉はこんな風でしたか。これだもの、たいがいの花屋さんでは花に葉を添えてはくれないワケです。
こうしてオオベニウチワの葉を確認し、あらためてチューリップタイプのアンスリウム二つ(ラベンダー・レディーチューリップ・パープル)の写真でぼやけて写っている葉を見直し、ベニウチワの葉まで目を移してみると、だんだんに葉幅が細くなっているように思えてきました。狭い観察範囲で法則性を見つけたようなことは言えませんが、草姿がコンパクトであればエネルギーを生み出す装置も小ぶりでいいし、大きな苞を維持するには大きな(広い)葉が必要ということなのでしょう。

2014年のきょうハシバミ> 2013年のきょうニワウメ> 2012年のきょうクヌギ(雄花の芽)> 2011年のきょうコノテガシワ(センジュ)> 2010年のきょうヒアシンス> 2009年のきょうアーモンド> 2008年のきょうニシキモクレン> 2007年のきょうカラシナ> 2006年のきょうアマナ> 2005年のきょうキブシ

| | コメント (0)

3月28日(土) フユザンショウ

150328huyuzansyouこの赤い実だけ見れば、本物のサンショウと区別はつきません。しかし、落葉するサンショウに比べ、フユザンショウの葉はこうして冬を越す常緑タイプです。
二つの違いは葉だけでなく、外見の区別がつかない実にもあります。葉と同じく、フユザンショウの実は木に残ったまま、こうして冬を越してしまうのでした。
さて、前回の掲載のときは忘れてしまったその実(皮)の味をチェックです。ふーむ、マイルドです。噛むと、軽くピリッとはきますが、そして口中にさわやか感はしばらく残りますが、本物の痺れる感じとは明らかに違います。
そんなわけで、食用にはならない残念賞でしたが、寒中にも葉と実を見ていられるのですから、庭木として人気が出てもよさそうな気がします。

2014年のきょうフィットニア(アミメグサ、ベニアミメグサ)> 2013年のきょうミスミソウ(ユキワリソウ)> 2012年のきょうヒロハアマナ> 2011年のきょうアケボノアセビ> 2010年のきょうメタセコイア(雌花)> 2009年のきょうオランダカイウ(カラー)> 2008年のきょうミズバショウ> 2007年のきょうヘビイチゴ> 2006年のきょうハナノキ> 2005年のきょうモモ

| | コメント (0)

3月27日(金) アマナとヒロハノアマナ

150327amana1先日、ヒロハノアマナのことを調べていて思わず知ったアマナの秘密です。6本の雄シベの長さがたしかに不揃いであることを、ググッと大写ししてみました。
雌シベはガッチリしたつくりなので、それが縮んで自家受粉するときに有利な仕掛けという理屈ではなさそうです。花粉媒介役の蜂が短気で、もし奥まで入らなかったときにも、長い雄シベには触れてくれるでしょ、とでも言うつもりでしょうか。
150327amana2さて、花の横顔とか花の付け根の苞とかも写したついでに、ヒロハノアマナとの比較で基本的に大事な葉の幅も再確認です。5mmはない細さです。
150327hirohanoamanaそして、この場所(先日とは別)にはラッキーにヒロハもあったので、違う環境のものをもう一度測ってみることができました。先日のものよりはおおむね1~2mm広めです。残念ながら2cmという図鑑的な最大幅には遠かったものの、時期的にこれから成長を続ければ、1.5cmオーバーはしそうに元気な葉でした。

2014年のきょうタカトオコヒガン> 2013年のきょうジャボチカバ(キブドウ)> 2012年のきょうモクレイシ> 2011年のきょうユキゲユリ(チオノドクサ・ルシリエ)> 2010年のきょうメタセコイア(雄花)> 2009年のきょうヤブサンザシ> 2008年のきょうキブシ> 2007年のきょうミツマタ> 2006年のきょうザゼンソウ> 2005年のきょうヒュウガミズキ

| | コメント (0)

<訂正記事> サルココッカ・コンフサ

150325sarcococca不出来な写真ではあっても、過去の惑乱を断ち切る明快な内容です。
3年前、雌雄異株ではないかとした記事は完全に間違いであり、明らかな観察不足でした。そのときとまったく同じ場所のものだというのに、今回は数本あるどの木も写真のように雌雄同株の雌雄異花でした。
サルココッカを最初に登場させたときは雌雄異花であることを観察できたのに、なぜ2回目のときに雌雄異株に見えたのか、今となってはまったく不思議です。
なんにせよ、とんでもない誤報をしたことは事実で、去年、あの記事にコメントをお寄せいただいた坪井さまはじめ、お読みいただいた方にはご迷惑をおかけしました。深くお詫びいたします。

| | コメント (0)

3月26日(木) ツノハシバミ

150326tunohasibami実にツノのないふつうのハシバミの追っかけ(実ときれいな黄葉)がまだ終わっていないのに、仲間のツノハシバミの花に目移りしてしまいました。
名前どおりにツノを2本尖らせた実を撮影した記憶があるのに、掲載は忘れていたようです。したがって、ここにはこの変な花からの登場です。
一見、ハシバミの花と区別がつきませんが、その気で見ると雌花のシベが長くて、のびやかに広がっています。また、その雌花が雄花の直上につくものが目立つ(単独のものもあり)こともツノハシバミの特徴のようです。

<補注> 実の姿はこちらです。(2016年8月9日2017年3月7日

2014年のきょうヒマラヤユキノシタ> 2013年のきょうフラサバソウ> 2012年のきょうシュンラン> 2011年のきょうハッカクレン> 2010年のきょうハチジョウキブシ(雌花)> 2009年のきょうフッキソウ> 2008年のきょうキュウリグサ> 2007年のきょうダイコン> 2006年のきょうシンビジウム> 2005年のきょうチューリップ

| | コメント (0)

番外編 : Windows8.1が止まらない!

150324cmos_clear疑心暗鬼で使っていたWindows8.1が、やはりと言うか、期待どおり(笑)に不具合が出ました。シャットダウンすると、システムは終了する(しているらしい)のに、電源が落ちないのです。具体的に言うと、画面は黒くなるくせに、電源ファン・CPUファン・ケースファンが回り続けたまま止まらないのです。
「8.1 落ちない」などと検索すると、かなりポピュラーなトラブルのようで、いろんな対処法が出てきます。なかには電源ボタンの長押しなどという原始的な手段が勧められたりして、事実、なにをやっても回復しないここ1週間くらいはその手を使ったり、コンセントを抜いたりという寂しい手を使っていました。
ところが、あるときふと、CMOSクリアをしてみようと思いついたのです。正式なCMOSクリアはマザボの電源コードを抜いたりジャンパーピンをショートさせたりするらしいのですが、とりあえず手軽にボタン電池(写真)だけ抜いて数分放置してみました。
あらら、ずいぶん悩んだ8.1の暴走は、これで解決してしまいました。どうやらBIOSに問題があった(8.1が悪さをした)らしいわけですが、ちゃんと止まってくれるなら、8.1のキビキビ動作は捨てきれない魅力です。ネットには、上述のボタンの長押しから難度の高い技までいろいろ出ていても、灯台もと暗しというか、拍子抜けの簡単さで修復できたケースもあったことを記録しておきます。

| | コメント (0)

3月25日(水) マツバラン

150325matubaran準絶滅危惧種なんだそうですが、いつのころからか、ウチの常緑山法師の鉢にニョキニョキと生え出していたものです。先日、そのヤマボウシを植え替えるにあたって、居候状態から独立した新居に移してあげました。
「根も葉もない」というと嘘の形容になりますが、このマツバランには本当に根も葉もないのです。シダ類なので、もちろん花も咲きません。つまり茎だけの植物で、写真のこの姿がマツバランのすべてということになります。
もちろん、生長はしているわけで、写真右手奥のものが最初に出た株です。正確ではなくても、たぶん4~5年は経過しています。どこからか飛んできた胞子が、ヤマボウシの鉢の環境を気に入って住み着いたわけです。
昔から園芸的に栽培され、自然品は乱獲の憂き目にもあったようです。つまり、とても貴重な逸品が労せずしてウチのコレクションになったわけで、これは大事に育て上げてやらねばと、少しばかり重責を担ったような気になっています。

2014年のきょうウグイスカグラ> 2013年のきょうオトコヨウゾメ> 2012年のきょうカワヅザクラ> 2011年のきょうフチベニベンケイ(カネノナルキ)> 2010年のきょうハオルシア・オブツーサ(雫石)> 2009年のきょうカランコエ・ラクシフロラ> 2008年のきょうハナノキ(雄花)> 2007年のきょうナツグミ> 2006年のきょうシュンラン> 2005年のきょうフッキソウ

| | コメント (0)

3月24日(火) シナミザクラ(カラミザクラ)

150324sinamizakura滑り込みセーフという感じで、シナミザクラの花を写せました。背景の緑も同じ木なのに、花びらはもう数カ所の枝にしか残っていませんでした。
ソメイヨシノがきょうあすにも咲こうかという具合なので、あの蕾が膨らんできたころがシナミザクラの花どきと思えばいいようです。
実桜らしく、授粉するための雄シベは長くて派手です。ただ、花びらが少し白すぎて、「桜が咲いたなあ」という趣には欠けるような気がします。
なあに、趣なんてどうでもいい食いっ気爺はこのあとのサクランボが目当てではあっても、不思議なことにシナミザクラがたわわに実ったシーンを見たことがありません。大きな木の天辺まで人間が摘み取るとも考えられず、今年こそ悪喰の鳥たちに出し抜かれないように、早いうちからチェックしておこうと思います。

<補注> シナミザクラが実をつけた様子はこちらです。(2015年5月17日)

2014年のきょうハナニラ> 2013年のきょうオランダガラシ(クレソン)> 2012年のきょうノシラン> 2011年のきょうサワラ> 2010年のきょうスノーフレーク> 2009年のきょうヒサカキ> 2008年のきょうキクラミネウス水仙・ジャンブリー> 2007年のきょうゼンマイ> 2006年のきょうカツラ(雄花)> 2005年のきょうヒアシンス

| | コメント (2)

3月23日(月) ヒロハノアマナ(ヒロハアマナ)

150323hirohanoamana本当は後ろの定規にピントをあて、「広い」とされる葉の幅を示すつもりでした。それでも念のためと思って花を主役にしたこの一枚が、結果的に役に立ちました。
なんと、牧野図鑑には「雄しべは雌しべより短くしかも長短がない」とあるのです。「長短がない」なんて、そんな当たり前のことをなぜ書くのだろうと思ったら、ふつうのアマナの雄シベは6本のうち3本が短いのだそうです。
あわてて、過去掲載の二枚の写真をチェックしたら、たしかに右側3本が左側の3本より短く見えるものがありました。さすがに大先生はよく見ています。
おっと、肝心の葉幅ですが、おおむね1cm強というところでした。広いものだと2cmという場合もあるようですが、今回のように「ふつう(4~6mm)」と大差ないものもあるわけで、葉の中央を走る白い筋とともに、ヒロハノアマナを見分けるときには「長さがそろった雄シベ」も忘れられない確認箇所なのでした。

<補注> このあと、改めて「ふつう」の雄シベを確認し、また、両方の葉幅を比較してみました。(2015年3月27日

2014年のきょうコシノヒガン> 2013年のきょうコブシ> 2012年のきょうウメ(西王母)> 2011年のきょうクロッカス> 2010年のきょうハルニレ> 2009年のきょうトキワイカリソウ> 2008年のきょうフサアカシア> 2007年のきょうセントウソウ> 2006年のきょうカンスゲ> 2005年のきょうヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)

| | コメント (0)

3月22日(日) アマメシバ

150322amamesiba1アマメシバ(天芽芝)という名前がマスコミを賑わしてからもう10年以上も過ぎてしまいました。なにごとも適量が大切なのに、ダイエットにいいと聞くとむやみに摂取してしまう人がいて、そのせいでこの木がすっかり悪者にされてしまいました。
原産地(東南アジア)では茹でたり生食したりして事故はないそうで、結局は粉末サプリとか濃縮ジュースとかにする「企業努力」が健康被害をもたらしたわけです。「迷惑なことですよ」と言わんばかりに、アマメシバの枝がうな垂れていました。
150322amamesiba2花は葉の基部に下向きにつきます。花びらに見えるのは萼であることが、横向きに写った花のつくりからわかります。垂れた枝の先方向につく花の萼は臙脂色で、これは雌花です。雄花は枝の上部につき緑色をしています(1枚目写真の左上方に2個)が、高すぎて接写することができませんでした。
雌花が結実すると白くて丸い実をつけるようです。臙脂色の萼との対比がユーモラスなので、次はぜひその姿をとらえたいものです。

<補注> 実は、期待どおりのかわいい姿でした。(2015年11月5日)

2014年のきょうローダンセマム・アフリカンアイズ> 2013年のきょうセツブンソウ> 2012年のきょうヤマアイ(雄花)> 2011年のきょうアカシデ> 2010年のきょうパンノキ> 2009年のきょうヤドリギ> 2008年のきょうミニアイリス> 2007年のきょうタアツァイ> 2006年のきょうコノテガシワ> 2005年のきょうダンコウバイ

| | コメント (0)

3月21日(土) ヤマネコノメソウ

150321yamanekonomesouこの黄色い雄シベ(葯)が見えなかった時期は、ほかの草と見分けがつかなくて見過ごしていたのではないかと一人で恥ずかしくなりました。
それほど全体の草姿は何気なく、疎らに生える毛もいかにも雑草然としています。そもそも「ヤマ」のつかないふつうのネコノメソウが水辺を好む(ニッコウネコノメソウも)のに対し、それほど湿気のない場所でも平気で生息するようです。
まだ咲き始めで細部をとらえにくかったので、あのいかにも猫の目のような種ができるまで、あと何回か、この草には迫ってみるつもりです。

2014年のきょうキブシ> 2013年のきょうオトメツバキ> 2012年のきょうカジイチゴ> 2011年のきょうオウバイモドキ(ウンナンオウバイ)> 2010年のきょうアツバチトセラン(サンセベリア、トラノオ)> 2009年のきょうクサイチゴ> 2008年のきょうアネモネ> 2007年のきょうチンゲンサイ> 2006年のきょうアブラナ> 2005年のきょうツクシ

| | コメント (0)

3月20日(金) アカシデ

150320akaside仲間(カバノキ科クマシデ属)であるイヌシデの冬芽(と小枝の毛)がずいぶんと特徴的だったのに比べ、こちらはごく平凡な感じです。
基部に少しだけ四角っぽさがあるものの、イヌシデの冬芽のように先端まで角があるわけでなく、全体的には砲弾型に見えます。その冬芽をつけた小枝の表面も、肉眼で見る限りツルンとしていて、変哲がありません。
と、ここで終わると、まるでアカシデをコキ降ろすための記事になりますが、この一枚の写真にもしっかり不思議は含まれていました。かつて、ほぼ同じ時期には雄花がブラブラしている姿を載せています。今回の写真はその雄花を隠して撮ったワケではなく、どの枝にもまったくその姿がなかったのです。
この木だけが寒がりで花芽のあがりが遅れているのか、それともほかのアカシデも今年はこうなのか、ちょっと注意が必要になりました。とりあえず、アカシデにはこんな晩熟(おくて)なヤツもいたという記録にしておきます。

2014年のきょう熱帯スイレン> 2013年のきょうバイモ> 2012年のきょうフキ(ふきのとう)> 2011年のきょうコノテガシワ> 2010年のきょうソシンカ> 2009年のきょうクサボケ> 2008年のきょう房咲き水仙・グランドモナーク> 2007年のきょうカブ> 2006年のきょうスズメノカタビラ> 2005年のきょうハクモクレン

| | コメント (0)

3月19日(木) ミミガタテンナンショウ

150319mimigatatennansyou1ずいぶんとサービスのいい咲きっぷりで、正面・横顔・後ろ姿の三様に加え、蕾(?)の状態(写真右端)まで並んで披露してくれていました。
縦に走る白い筋がとてもきれいです。この筋は必ずしも出るものではなく、個体変異が大きいのだそうで、いいものと出会えたようです。
150319mimigatatennansyou2グッと迫ってみました。ウインナにマスタードを塗ったような中央の棒が花です。まだ時期が早くて、個々の花の具合がよくわかりません。
数年前、あと10日ほどあとに出会ったときには、今回と違って葉がきれいに展開していました。しかし、そのときは今回ほど迫れる場所に咲いてはいなかったので、今年は花を目いっぱい接写したいものです。

2014年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)> 2013年のきょうアメリカハナノキ(雄株)> 2012年のきょうコリヤナギ> 2011年のきょうオオイヌノフグリ> 2010年のきょうコブシ> 2009年のきょうモクレイシ> 2008年のきょうロドレイア> 2007年のきょうコマツナ> 2006年のきょうウグイスカグラ> 2005年のきょうコブシ

| | コメント (0)

3月18日(水) シュゼンジカンザクラ

150308syuzenjikanzakura今年は桜の冬芽が種類によってずいぶん違うことをおもしろがっていたのですが、その「研究?」がたいしてはかどらないうちに花が咲き始めてきました。
カワヅザクラカンザクラ、あるいはオオカンザクラに続いて、このシュゼンジカンザクラもかなり華やかな咲き方で、厳寒期のフユザクラジュウガツザクラがいかにも時期はずれで寂しい様子なのに比べると、春が来たことを実感させる見応えです。
ただ、このシュゼンジカンザクラは、同じ静岡出身のカワヅザクラに比べると、花が少し小さく見えるし、知名度もずっと劣る気がします。しかし物は考えようです。「小さい」「劣る」というネガティブワードをそれぞれ「繊細」「知る人ぞ知る」に置き換えると、花の値打ちがググッと増して来ると思うのです。
いやいや、まだまだ「値打ち」などとさもしい尺度を持ち出すのですから、メジロはきっと「困った爺さんだ」と笑っていたことでしょう。

2014年のきょうラショウモンカズラ> 2013年のきょうウケザキクンシラン> 2012年のきょうクロッカス(クリームビューティ)> 2011年のきょうフサザクラ> 2010年のきょうウグイスカグラ> 2009年のきょうユーカリノキ> 2008年のきょうヒメリュウキンカ> 2007年のきょうミズナ> 2006年のきょうスギ> 2005年のきょうバイカオウレン

| | コメント (0)

3月17日(火) ベニウチワ(アンスリウム・シェルツェリアナム)

150317anthurium_scherzerianumいわゆるアンスリウムの一種です。苞がもっと派手めで大きなものは、和名をオオベニウチワと称します。それに対し、やや小振りなこちらは単にベニウチワ(紅団扇)として区別されることを初めて知りました。
ただ、オオベニウチワもベニウチワも、ふつうはほとんど聞かない(花屋さんでも、そんな名札は見たことがない)ので、この種類を正確に表現するときは、学名そのままにアンスリウム・シェルツェリアナム(Anthurium scherzerianum)と呼ばなくてはなりません。ああ、舌を噛むのはイヤなので、ベニウチワでいくことにします。
さて真面目な話ですが、今回もう一つ新鮮に思ったのは葉です。アンスリウム類はこれまで何度か取り上げていても、苞ばかり見て、葉を意識していませんでした。あらためて眺めると、決して苞の脇役ではない存在感があります。ちょっとヒトツバを思わせる風情で、サトイモ科であることが不思議に思えてきます。

2014年のきょうナンテン> 2013年のきょうナギイカダ> 2012年のきょうウメ(鹿児島紅)> 2011年のきょうロニセラ・フラグランティシマ> 2010年のきょうソメイヨシノ> 2009年のきょうヤマアイ(雌花)> 2008年のきょうマツバギク> 2007年のきょうソテツ> 2006年のきょうアンズ> 2005年のきょうトサミズキ

| | コメント (0)

3月16日(月) ホウカンボク

150316houkanboku賑やかな温室のなかでも、このオレンジ色の房は目立ちました。ソフトボールよりは大きそう(ハンドボールほどはない)で、重量感があります。
房の形だけ見ると、同じように温室のスターであるドンベヤ・ワリッキーを思わせますが、葉や花柄がまるで違うので、単なる他人のそら似とわかります。<注:ホウカンボク=マメ科、ドンベヤ・ワリッキー=アオギリ科>
名札でホウカンボクと知ったとき、ずいぶん可哀想な名だと思いました。ホウカンを幇間、つまり太鼓持ちのことと早とちりしたのです。どこがそんなに男芸者みたいに見えるのだろうと漢字を調べたら、ホウカンは宝冠でした(赤面!)。
マメ科なので、花後には豆がぶら下がるようです。原産地の南米では花は通年咲くそうで、温室でも花と豆のツーショットが可能かもしれません。

2014年のきょうイチリンソウ> 2013年のきょう熱帯スイレン> 2012年のきょうセツブンソウ> 2011年のきょうバクチノキ> 2010年のきょうミツマタ(タイリンミツマタ)> 2009年のきょうヒュウガミズキ> 2008年のきょうマメツゲ(マメイヌツゲ)> 2007年のきょうロケット> 2006年のきょうキクザキイチゲ> 2005年のきょうオオタチツボスミレ

| | コメント (0)

3月15日(日) アオイスミレ

150315aoisumireアオイスミレのおさらいというか、前回は雌シベの先の曲がり具合だけをおもしろがってしまったので、もう少し全体を見直してみました。
まずはその出現の時期で、前回掲載は4月7日でしたが、こうして3月中旬にはもう立派に花を咲かせるせっかちさんであることを知りました。
次はそのサイズです。これから見られるようになるスミレ類に比べてとてもチンマリしていて、コスミレなどといういかにも可憐な名のスミレよりも花はさらに5~6㎜小さく、葉の長さに至ってはその半分くらいしかありません。
前回の記事では文字だけだった「デコボコした感じのデコチン(距)」も、ゴツゴツと歪な感じが出るように横向きに撮ってみました。
それと、今回気づいたもう一つの特徴は、葉が巻いて出て来る(スケールの上や写真中央にあり)ことです。このスミレで初めて気づいた着眼点なので、ほかのスミレの葉にもこういうクセがあるのかを見ることが必要になりました。

2014年のきょうエノキ> 2013年のきょうアメリカハナノキ(雌株)> 2012年のきょうカワヅザクラ> 2011年のきょうカンノンチク> 2010年のきょうヒマラヤゴヨウ> 2009年のきょうトサミズキ> 2008年のきょうクサノオウ> 2007年のきょうモミジイチゴ> 2006年のきょうカタクリ> 2005年のきょうヒイラギナンテン

| | コメント (0)

3月14日(土) シダレヤナギ

150314sidareyanagi1シダレヤナギの並木が芽吹きの時期を迎え、淡い緑に霞んでいました。この1カ月後の姿は一昨年記録していますが、薄絹が揺れるような朦朧とした風情に「春が来たのだ」という喜びも加わるので、心の躍り方は今の時期が優ります。
150314sidareyanagi2若葉が開いているものと思って近づいてみると、花(雄花)も一緒に開いていました。まだ苞に包まれた蕾もあるのに、露出した花にはそれが見当たりません。蕾保護の役目を終えると、苞はすぐに落ちてしまうようです。
さて、この並木は10本以上の大木が連なる立派なものでしたが、不思議なことにすべて雄株でした。ここ数年、この時期にシダレヤナギを見ると躍起になって雌雄を確認しているのに、未だ一本も雌株を見つけることはできないでいます。
そこでシダレカツラが雄株しかないことを思い出し、「シダレ」とはそんな性質なのかと考えそうになったのは勇み足でした。雌株は柳絮(りゅうじょ)の時期に大量の毛を飛ばすので嫌われて、植栽品はすべて雄株なのだそうです。
たしかに、銀座の通りがあのフワフワにあふれたら困るでしょうが、そんな都会とは違う場所に余計な統制は無用に思えます。雌をそっと一本混ぜたとか、雌雄を間違えたとか、そんなお茶目な植木屋さん、どこかにいないでしょうか。

2014年のきょうデンドロビウム(ユキダルマ 'キング'・洋ラン)> 2013年のきょうホトケノザ> 2012年のきょうカタクリ> 2011年のきょうカイヅカイブキ> 2010年のきょうハルニレ> 2009年のきょうオオイヌノフグリ> 2008年のきょうマツバギク> 2007年のきょうウチワノキ> 2006年のきょうアセビ> 2005年のきょうユキツバキ

| | コメント (0)

3月13日(金) ミチタネツケバナ

150313mititanetukebana状況証拠だけでは誤認逮捕のもとになりますが、ミチタネツケバナの場合、名前どおりに道端で見つかります。写真右下のアスファルトがキーポイントです。
ふつうのタネツケバナは、これまで登場の3回(12月2月3月)とも、近くの田の畦で写しました。湿気のある場所から離れられないタネツケバナに対し、乾燥に強いミチタネツケバナは街なかでも見かけることができます。
もう一つ大きな特徴は、ツノのように立った種(莢)です。どのケータイ会社のものか、ビルの屋上に4~5本こうやって立つアンテナがあって、あれを思い出します。
ふつうのタネツケバナの種はこうまで立たず、花茎が緩く斜めにのびてから種が立ち気味に着きます。それに対し、新しい花をガードするようにまっすぐ立つミチタネツケバナの種は、状況証拠ではなくて直接的な物的証拠になります。

2014年のきょうカエデ類、ほか2種> 2013年のきょうハルサザンカ(絞笑顔)> 2012年のきょうワイヤープランツ> 2011年のきょうススキ> 2010年のきょうレバノンスギ> 2009年のきょうアシ(ヨシ)> 2008年のきょうヒメカンスゲ> 2007年のきょうオガタマノキ> 2006年のきょうダンコウバイ> 2005年のきょうシキミ

| | コメント (0)

3月12日(木) ポポー

150312asiminaクマの赤ちゃんが枝によじ登っていました…みたいなポポーの冬芽です。これなら立派に変態冬芽クラブに入会可能です。いえ、もしかしたら、ニワトコやオニグルミという先輩を尻目に、センダンと会長の座を争うことができるかもしれません。
枝先の頂芽がまたクマの爪みたいで、ポポーとクマは親戚?というオバカはさておき、その尖った頂芽からは葉が展開する気配なので、残るクマの赤ちゃんは花の芽と考えられます。10年前に撮った木では、枝1本に花が1個しかついていませんでしたが、この木なら結構な花盛りを見られそうで、楽しみができました。

2014年のきょうキジョラン(とアサギマダラの幼虫)> 2013年のきょうアズマイチゲ> 2012年のきょうセリバオウレン> 2011年のきょうムスカリ> 2010年のきょうシシユズ(オニユズ)> 2009年のきょうコブシ> 2008年のきょうオオハナワラビ> 2007年のきょうシロバナタンポポ> 2006年のきょうサンシュユ> 2005年のきょうオランダミミナグサ

| | コメント (0)

3月11日(水) カラクサケマン

150311karakusakeman花の色や形はムラサキケマンに似ていても、全体の雰囲気で別物とわかります。ムラサキケマンがスックと立ち上がる感じなのに対し、カラクサケマンは茎が太くて立派なわりには、這うように横に広がっていました。
その花も、よく見れば先があまり開かず、ここが大きく開くムラサキケマンとは明確な違いがあります。葉はさらに違っていて、セリを思わせるムラサキケマンのそれに対し、カラクサケマンの葉は掌状で、ジロボウエンゴサクに近い感じです。
さて、その葉が唐草に見えるかどうかですが、連綿と繰り返す感じはなきにしもあらずというところでしょうか。ひょっとしたら、唐草という別名を持つウマゴヤシの葉の連なり方に似ているという意味でつけられた名かもしれません。

2014年のきょうバンペイユ(晩白柚)> 2013年のきょうヒスイカズラ> 2012年のきょうオウバイ> 2011年のきょうリンドウ> 2010年のきょうハチジョウキブシ(雄花)> 2009年のきょうクリスマスローズ(フォエチダス)> 2008年のきょうアセビ> 2007年のきょうシラー・シベリカ・アルバ> 2006年のきょうネモフィラ・ペニーブラック> 2005年のきょうシバザクラ

| | コメント (0)

3月10日(火) トウカエデ

150310toukaede疑惑のトウカエデの「その後」です。前の冬に、まるで落葉していないこの木を見つけ、青々とした葉のまま冬を越す落葉樹もあることを知りました。
あれから1年と1カ月、あの年の「その後」は観察できませんでしたが、この冬も同じ状況で過ごした姿を確認できました。ただし、去年より1カ月遅い分、葉は確実にその数を減らしていました。つまり、この木はあのトウカエデ独特のきれいな紅黄葉をせず、葉は緑のまま少しずつ落ち、これからの芽吹き時期を迎えるようです。
この1月には、ハゼノキでも同じような具合の木を見つけました。「別にわざわざ色づかなくったって、落ちりゃいいんでしょ、落ちりゃ!」というへそ曲がりたち、なんとなく親しみを感じます。

2014年のきょうヤマルリソウ> 2013年のきょうグズマニア・テレサ> 2012年のきょうタネツケバナ> 2011年のきょうノハラアザミ> 2010年のきょうソラマメ> 2009年のきょうサクラ(啓翁桜)> 2008年のきょうユリノキ> 2007年のきょうウズラバタンポポ> 2006年のきょうフッキソウ> 2005年のきょうハナニラ

| | コメント (0)

3月9日(月) コゴメイヌノフグリ

150309kogomeinunohuguri1コゴメイヌノフグリと言えば小石川植物園が「産地?」であり、半世紀ほど前に欧州から持ち込んだのが最初だと言います。それがときを経れば広がるのはものの道理で、かの場所から10kmほど離れた公園で元気に育っていました。
150309kogomeinunohuguri2こちらは、ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)と競り合っている姿です。ポツポツと白い花を見つけた初めはうれしかったものの、こんな群落にいくつか出会ってしまうと、「侵略的外来種」という言葉が頭をよぎります。
海外の人が日本の不動産を買い漁っている状況に比べれば、「侵略的」問題の程度に格段の違いはあるものの、手放しでは喜べない現実です。

2014年のきょうシラカシ> 2013年のきょうオガタマノキ> 2012年のきょうエレガンテシマ> 2011年のきょうフクジュソウ> 2010年のきょうユリノキ> 2009年のきょうモミジイチゴ> 2008年のきょうユキワリイチゲ> 2007年のきょうゲンカイツツジ> 2006年のきょうカナメモチ> 2005年のきょうオウバイモドキ(ウンナンオウバイ)

| | コメント (0)

3月8日(日) ガジュマル

150308gajumaru見るからに恐ろしげな出で立ちです。こんなにパワフルなので、魔除けとされたり、幸せの木と呼ばれたり、沖縄あたりでは人気があるようです。
アコウベンガルボダイジュと同じイチジク属の絞め殺し植物です。写真の木は大温室で自立して育てられていましたが、南方の自然状態では鳥の糞に入った種が宿主の頭上に着生し、そこから気根が垂れて育つと言います。
ということは、鳥に食べられるべき例のイチジク状の隠頭花序がつくはずなのに、残念ながら今回は見つけられませんでした。アコウもそうだったように、次の出会いのときにはたくさんの実(というか花?)を写したいものです。

2014年のきょうハボタン(珊瑚系)> 2013年のきょうスイレン> 2012年のきょうマルバマンネングサ> 2011年のきょうクロベ> 2010年のきょうメタセコイア(雄花)> 2009年のきょうハーデンベルギア> 2008年のきょうハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)> 2007年のきょうヒイラギナンテン> 2006年のきょうフキ(ふきのとう)> 2005年のきょうクリスマスローズ

| | コメント (0)

3月7日(土) クンシラン

150307kunsiran世間でふつうに君子蘭と言えば、豪華に花を開く受け咲きタイプを指すので、きっとこのショボイ咲き方をする君子蘭が、「俺がホントのクンシラン(和名)じゃわい…」といじけていそうでかわいそうになります。
君子蘭の仲間(クリビア類)はいろいろ(原種で5~6種)あっても、受け咲きはミニアータという種類だけで、ほかはみな写真のようにうつむき、しかも花はあまり開かないタイプなのです。日本にもたらされた当初、そのうつむきタイプを「クンシラン」としたので、面倒でも正確に呼び分けなくてはなりません。
さらに面倒なのは、うつむきタイプのなかでノビリス種をクンシランとしたらしいのですが、そこにどうもキルタンシフローラ種との混同があったようなのです。二つは葉で見分けるそうですが、両方を見ないことには門外漢には立ち入り不能です。
そんなわけで、きょうのところは本当のクンシランは「こんな感じで慎ましやかに咲くのです」という「とりあえずレポート」にしておきます。

2014年のきょうシラカシ> 2013年のきょうオクナ・キルキー(ミッキーマウスノキ)> 2012年のきょうヒメサザンカ・エリナ> 2011年のきょうマンサク> 2010年のきょうジャノメエリカ> 2009年のきょうキルタンサス> 2008年のきょうバショウ> 2007年のきょうエリカ・コロランス・ホワイトデライト> 2006年のきょうクロッカス> 2005年のきょうセツブンソウ

| | コメント (2)

3月6日(金) シロバナオオベニゴウカン

150306albiflora1白ですけど、じつは紅です…というややこしい名前ですが、悪いのはこの木ではなく、こんな自己矛盾の和名をつけた人でしょう。しかし、オオベニゴウカンの園芸種として固定したものなので、こう呼ぶしかないかと同情してしまいます。
150306albiflora2雄シベの塊がほぼ球形に見えるのですが、蕾を見ればわかるように下方向120度ほどは隙間になっています。午後2時半ごろの撮影ですが、雄シベが開きかけている蕾を見つけました。ネムノキも同じ頃に開くことを思い出します。
あのネムノキのときは接写ができて雌シベがよく判別できたのですが、このシロバナオオベニゴウカンは背が高くて望遠を使ったので不鮮明だし、雄シベと雌シベがともに白いはずで、雌シベの存在がまったくわかりません。
ただ、花のあとには豆果をつけるそうなので、このホワイトパウダーパフ(別名)のなかに雌シベが隠れているのは間違いないようです。<温室撮影>

2014年のきょうムルチコーレ(コレオステフス・ミニコス、クリサンセマム・ムルチコーレ)> 2013年のきょうウラムラサキ(ストロビランテス・ディエリアヌス)> 2012年のきょうガーデンシクラメン> 2011年のきょうヤマコウバシ> 2010年のきょうキンギョツバキ> 2009年のきょうエンドウ(莢豌豆)> 2008年のきょうテンリンジガッコウ(椿)> 2007年のきょうネモフィラ・インシグニス> 2006年のきょうショウジョウバカマ> 2005年のきょうヨモギ

| | コメント (0)

3月5日(木) ハコネシダ

150305hakonesidaホウライシダのところで話に出たハコネシダです。ホウライシダと同じく、適湿の自然環境なら冬も元気に乗り越える丈夫な性質です。
こんなにタフなシダを消滅させてしまったなんて、恥ずかしくて誰にも言えないと涙ぐんでいたら、なんとWikiの解説の最後に「栽培は難しい」とありました。ホッ!
それと、枯らす前から気になっていたハコネです。かつてハコネウツギを調べたとき、「箱根には自生しない」という記述に出会い、えらく肩透かしを食ったのです。以来、「箱根」には警戒心を抱くようになったのですが、このシダについては杞憂でした。
江戸中期に箱根山で採集・報告されたのが名前の由来だそう(Wiki)で、こちらもまたホッ!です。ただ、その調査をしたのはドイツのお方だというのがややがっかりです。元禄のころって、日本人はみんな吉原で浮かれていて、山に登って草を探すなんて地味なことは誰もしなかったのでしょうか(笑)。

2014年のきょうナツミカン(ナツダイダイ、ナツカン)> 2013年のきょうウバメガシ> 2012年のきょうセンダン> 2011年のきょうウメ(黄梅)> 2010年のきょうサンシュユ> 2009年のきょうタチカンツバキ> 2008年のきょうシュロ(ワジュロ)> 2007年のきょうミツバツツジ> 2006年のきょうオウバイ> 2005年のきょうネコヤナギ

| | コメント (0)

3月4日(水) オオカンザクラ

150304ookanzakura1埼玉・安行と言えば植木の一大生産地で、この桜はそこの生まれです。そのため、安行寒桜または安行桜、あるいは安行寒緋という異称を持ちます。寒緋桜大島桜を交配したものという考えがメジャーですが、異説もあるようです。
150304ookanzakura2そんな「出生の秘密」など脇におけば、ベビーピンクの花がうつむいて咲く様子はとてもほのぼのしています。名前どおり、寒桜より花が少し大きめです。
その寒桜は先月第2週にはほころび、翌週にはいい咲き具合でした。それに比べ、こちらはおよそ2週遅れての開花です。
文字どおり三寒四温の日々が続き、その波ごとに違う桜が花咲いてくれます。さて、今年のハタザクラはどんな咲き具合かと心待ちする日々です。

<補注> 大寒桜はこれまですでに二度(2009年2012年)掲載してはいても、両方の記事には不十分なところや誤解がありました。それらの補足・訂正という意味で三度目の登場です。

2014年のきょうセイロンベンケイ(トウロウソウ、ハカラメ)> 2013年のきょうセツブンソウ> 2012年のきょうナズナ> 2011年のきょうウメ(月影枝垂)> 2010年のきょうセンダン> 2009年のきょうスノードロップ> 2008年のきょうイチョウ> 2007年のきょうヒメカンアオイ> 2006年のきょうタギョウショウ> 2005年のきょうスノードロップ

| | コメント (0)

3月3日(火) ヒメキンセンカ(ホンキンセンカ、フユシラズ)

150303himekinsenka1野道でこうしてシブトく咲いているのを見つけ、過去2回の掲載ではフユシラズという俗称で取り上げました。あのとき、この名前をどうやって知ったのか、もうすっかり忘れたのですが、たまたま見つけたその名前を正式なものと思い込んでいました。
ところが、野生種や園芸種も含め、これら小輪のキンセンカ(Calendula arvensis)はヒメキンセンカ(またはホンキンセンカ)が本来の呼び方と、今回知りました。過去記事のタイトルや索引は、10年ぶりに訂正することにします。
150303himekinsenka2道端で咲いていた1枚目写真と比べると、こちら(↑)は花壇に植えられていて、かなり立派に見えます。しかし、両方とも後方に立てたスケールでわかるとおり、花の直径は1.5cm程度、草丈が10cmほどと、ごくかわいいサイズです。
また、株の立派さが違うので別物に見えますが、茎や葉が毛深く、互生の葉が茎を抱くなどのヒメキンセンカの特徴はどちらも一緒です。

<補注> ふつうのキンセンカはこちらです。

2014年のきょうアサヒカズラ> 2013年のきょうミッキーマウスノキ(オクナ・セルラタ)> 2012年のきょうウメ(白梅)> 2011年のきょうシナマンサク> 2010年のきょうゴールデンクラッカー> 2009年のきょうオオカンザクラ> 2008年のきょうボクハン(椿)> 2007年のきょうヒトツバ> 2006年のきょうオオバイノモトソウ> 2005年のきょうカンヒザクラ

| | コメント (0)

3月2日(月) ナリヒラヒイラギナンテン

150302mahonia_confusa葉が少し赤くなっているのは霜焼けかもしれませんが、季節が良くなれば葉は深い緑を輝かせます。脛(すね)丈ほどにこんもりとまとまるので、白い塀の裾に並べると、とてもお洒落な邸宅の風情が出ます。
似た仲間にホソバヒイラギナンテン(Mahonia fortunei)があって、あれよりもこちらはさらに葉がスマートで鋸歯もほとんど目立ちません。どうかすると、テーブルヤシが大きくなったものかと思えるほどで、その優しさを業平と表現したのでしょう。
ただ、ナリヒラヒイラギナンテンと呼ぶのは舌を噛むこともありそうで、学名(Mahonia confusa)の頭(属名)だけとってマホニアと通称されることもあります。しかし、ほかにもヒイラギナンテンを母種にした交雑種があって、業界ではそれらもみなマホニアと呼んでいるようなので、この種を特定するときは滑舌の練習と覚悟すべきです。

2014年のきょうハボタン(高性種)> 2013年のきょうギシギシ> 2012年のきょうオランダミミナグサ> 2011年のきょうセイバンモロコシ> 2010年のきょうバンクシア・エリシフォリア> 2009年のきょうクロチク> 2008年のきょうケンポナシ> 2007年のきょうラナンキュラス> 2006年のきょうヤマノイモ> 2005年のきょうギンヨウアカシア

| | コメント (0)

3月1日(日) ベニモンヨウショウ

150301benimonnyousyou地面を覆うこの彩りの葉は、一見するとフィットニア(ベニアミメグサ)を思わせます。しかし、その大きさはまるで違っています。あちら(フィットニア)は、脇に置いた磁気カードのなかに2~3枚が入ってしまうミニサイズなのに、こちらは1枚の葉のなかにカードが2枚入ってしまいそうに大きいのです。
そして、ベニモンヨウショウ(紅紋様蕉)は紅い紋様がスッキリ単純で、太い葉柄と併せて、いかにも小さな芭蕉を地面に敷き詰めた感じです。
薄紫の小さな花をつけるのですが、撮影のときは一つも見つかりませんでした。失礼ながら、特に執着するようにおもしろい花でもないというのに、撮れないとなるとなにか後ろ髪を引かれます。こういうのをコレクター気質というのでしょうか。

2014年のきょうカンツバキ> 2013年のきょうカワヤナギ> 2012年のきょうネコヤナギ> 2011年のきょうヒガンバナ> 2010年のきょうデコポン> 2009年のきょうフチベニベンケイ(カネノナルキ)> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうアリアケスミレ> 2006年のきょうリキュウバイ> 2005年のきょうフキ(ふきのとう)

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »