« 3月5日(木) ハコネシダ | トップページ | 3月7日(土) クンシラン »

3月6日(金) シロバナオオベニゴウカン

150306albiflora1白ですけど、じつは紅です…というややこしい名前ですが、悪いのはこの木ではなく、こんな自己矛盾の和名をつけた人でしょう。しかし、オオベニゴウカンの園芸種として固定したものなので、こう呼ぶしかないかと同情してしまいます。
150306albiflora2雄シベの塊がほぼ球形に見えるのですが、蕾を見ればわかるように下方向120度ほどは隙間になっています。午後2時半ごろの撮影ですが、雄シベが開きかけている蕾を見つけました。ネムノキも同じ頃に開くことを思い出します。
あのネムノキのときは接写ができて雌シベがよく判別できたのですが、このシロバナオオベニゴウカンは背が高くて望遠を使ったので不鮮明だし、雄シベと雌シベがともに白いはずで、雌シベの存在がまったくわかりません。
ただ、花のあとには豆果をつけるそうなので、このホワイトパウダーパフ(別名)のなかに雌シベが隠れているのは間違いないようです。<温室撮影>

2014年のきょうムルチコーレ(コレオステフス・ミニコス、クリサンセマム・ムルチコーレ)> 2013年のきょうウラムラサキ(ストロビランテス・ディエリアヌス)> 2012年のきょうガーデンシクラメン> 2011年のきょうヤマコウバシ> 2010年のきょうキンギョツバキ> 2009年のきょうエンドウ(莢豌豆)> 2008年のきょうテンリンジガッコウ(椿)> 2007年のきょうネモフィラ・インシグニス> 2006年のきょうショウジョウバカマ> 2005年のきょうヨモギ

|

« 3月5日(木) ハコネシダ | トップページ | 3月7日(土) クンシラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月5日(木) ハコネシダ | トップページ | 3月7日(土) クンシラン »