« 3月27日(金) アマナとヒロハノアマナ | トップページ | 3月29日(日) アンスリウム(オオベニウチワ) »

3月28日(土) フユザンショウ

150328huyuzansyouこの赤い実だけ見れば、本物のサンショウと区別はつきません。しかし、落葉するサンショウに比べ、フユザンショウの葉はこうして冬を越す常緑タイプです。
二つの違いは葉だけでなく、外見の区別がつかない実にもあります。葉と同じく、フユザンショウの実は木に残ったまま、こうして冬を越してしまうのでした。
さて、前回の掲載のときは忘れてしまったその実(皮)の味をチェックです。ふーむ、マイルドです。噛むと、軽くピリッとはきますが、そして口中にさわやか感はしばらく残りますが、本物の痺れる感じとは明らかに違います。
そんなわけで、食用にはならない残念賞でしたが、寒中にも葉と実を見ていられるのですから、庭木として人気が出てもよさそうな気がします。

2014年のきょうフィットニア(アミメグサ、ベニアミメグサ)> 2013年のきょうミスミソウ(ユキワリソウ)> 2012年のきょうヒロハアマナ> 2011年のきょうアケボノアセビ> 2010年のきょうメタセコイア(雌花)> 2009年のきょうオランダカイウ(カラー)> 2008年のきょうミズバショウ> 2007年のきょうヘビイチゴ> 2006年のきょうハナノキ> 2005年のきょうモモ

|

« 3月27日(金) アマナとヒロハノアマナ | トップページ | 3月29日(日) アンスリウム(オオベニウチワ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月27日(金) アマナとヒロハノアマナ | トップページ | 3月29日(日) アンスリウム(オオベニウチワ) »