« 番外編 : Windows8.1が止まらない! | トップページ | <訂正記事> サルココッカ・コンフサ »

3月26日(木) ツノハシバミ

150326tunohasibami実にツノのないふつうのハシバミの追っかけ(実ときれいな黄葉)がまだ終わっていないのに、仲間のツノハシバミの花に目移りしてしまいました。
名前どおりにツノを2本尖らせた実を撮影した記憶があるのに、掲載は忘れていたようです。したがって、ここにはこの変な花からの登場です。
一見、ハシバミの花と区別がつきませんが、その気で見ると雌花のシベが長くて、のびやかに広がっています。また、その雌花が雄花の直上につくものが目立つ(単独のものもあり)こともツノハシバミの特徴のようです。

<補注> 実の姿はこちらです。(2016年8月9日2017年3月7日

2014年のきょうヒマラヤユキノシタ> 2013年のきょうフラサバソウ> 2012年のきょうシュンラン> 2011年のきょうハッカクレン> 2010年のきょうハチジョウキブシ(雌花)> 2009年のきょうフッキソウ> 2008年のきょうキュウリグサ> 2007年のきょうダイコン> 2006年のきょうシンビジウム> 2005年のきょうチューリップ

|

« 番外編 : Windows8.1が止まらない! | トップページ | <訂正記事> サルココッカ・コンフサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : Windows8.1が止まらない! | トップページ | <訂正記事> サルココッカ・コンフサ »