« 3月12日(木) ポポー | トップページ | 3月14日(土) シダレヤナギ »

3月13日(金) ミチタネツケバナ

150313mititanetukebana状況証拠だけでは誤認逮捕のもとになりますが、ミチタネツケバナの場合、名前どおりに道端で見つかります。写真右下のアスファルトがキーポイントです。
ふつうのタネツケバナは、これまで登場の3回(12月2月3月)とも、近くの田の畦で写しました。湿気のある場所から離れられないタネツケバナに対し、乾燥に強いミチタネツケバナは街なかでも見かけることができます。
もう一つ大きな特徴は、ツノのように立った種(莢)です。どのケータイ会社のものか、ビルの屋上に4~5本こうやって立つアンテナがあって、あれを思い出します。
ふつうのタネツケバナの種はこうまで立たず、花茎が緩く斜めにのびてから種が立ち気味に着きます。それに対し、新しい花をガードするようにまっすぐ立つミチタネツケバナの種は、状況証拠ではなくて直接的な物的証拠になります。

2014年のきょうカエデ類、ほか2種> 2013年のきょうハルサザンカ(絞笑顔)> 2012年のきょうワイヤープランツ> 2011年のきょうススキ> 2010年のきょうレバノンスギ> 2009年のきょうアシ(ヨシ)> 2008年のきょうヒメカンスゲ> 2007年のきょうオガタマノキ> 2006年のきょうダンコウバイ> 2005年のきょうシキミ

|

« 3月12日(木) ポポー | トップページ | 3月14日(土) シダレヤナギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月12日(木) ポポー | トップページ | 3月14日(土) シダレヤナギ »