« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2月28日(土) ナナコバナ

150228nanakobana玄関先のシンボルツリーや庭木として、ナナコバナがふつうのご家庭にあるのをまだ見たことがないのを残念に思っていました。真っ白の花が咲くのは、ほかの木々の花が少ない9月だし、そのあと2カ月ほどは花と見間違うような赤い萼が楽しめるのですから、これは絶対にお薦めしたい木だと考えていたのです。
しかし、一般家庭に普及しないわけがわかりました。葉を落とした冬にここまでボロボロの姿をさらされたのでは、どうにもこうにも興ざめです。
花や萼を撮影していたときは、つい木の上方ばかり見て、こんな株もとの事情にまったく気づきませんでした。もちろん、花のつく若い枝はやや赤みのある「ふつう」の樹皮であり、かなり古木にならないと、こうまで風格は出ないのかもしれません。
そう、風格として楽しめる心の余裕と、ほかにいろいろときれいな木肌の樹木が並ぶ庭の余裕が、ナナコバナを植栽するには不可欠の要件のようです。そのどちらの余裕もないはた衛門さんのお宅には、とても不向きな木だとわかりました。

2014年のきょうゼニアオイ> 2013年のきょうカタセツム・グレースダン> 2012年のきょうラカンマキ> 2011年のきょうオニシバリ> 2010年のきょうナギ> 2009年のきょうセリバオウレン> 2008年のきょうシシガシラ(寒椿)> 2007年のきょうブロッコリー> 2006年のきょうヤブラン> 2005年のきょうシモバシラ

2012年の2月29日エピデンドラム・ラディカンス> 2008年の2月29日フヨウ

| | コメント (0)

2月27日(金) バニラ

150227vanilla花を写したときからの課題だったバニラの実にようやく出会えました。花粉媒介する蜂がごく限定されていて、それが日本の温室にいるわけもなく、うまく人工授粉させないと、こういうシーンにはお目にかかれないらしいのです。
しかし、あの「おいしい」香りに似合わず素っ気ない姿で、はっきり言ってインゲンと変わりません。さらに、花もそうだったように、実にも香りはありません。
ここから黄色くなり茶色になって熟すのですが、その成熟途中で摘み取り、発酵熟成を施さないとあの芳香は生まれないのです。たぶんそれはなにかたまたまに編み出された手法のはずで、小さな偶然が世界中に幸せを広げているわけです。

2014年のきょうデコポン> 2013年のきょうウンシュウミカン> 2012年のきょうオオフサモ> 2011年のきょうキョウチクトウ> 2010年のきょうコナラ> 2009年のきょうクリスマスローズ(コルシカス)> 2008年のきょうナツトウダイ> 2007年のきょうエリカ・クリスマスパレード> 2006年のきょうマンゲツロウバイ> 2005年のきょうジンチョウゲ

| | コメント (0)

2月26日(木) スリナムゴウカン

150226surinamugoukanこの木の名前を知って考えたのは、「スリナムってどこだっけ」でした。国名のあとに共和国と続くのはうっすら知っていても、その所在に見当がつきません。
地図で確かめました。南をブラジルに接し、北は大西洋(カリブ海)に臨む、南米で一番の小国でした。遠来の客人は大温室の環境にご満足のようです。
花だけ見ればネムノキを思いますが、葉がかなり違います。ネムノキがマメ科ネムノキ属なのに対し、こちらはマメ科ベニゴウカン属でした。
ベニゴウカンと言えば、今年はオオベニゴウカンにこの1年のスタートを飾ってもらっています。そのとき、ヒネムがベニゴウカンであることを知ったわけで、ほんのわずか、知識の輪がつながった気がします。

2014年のきょうピレア・ヌムラリフォリア> 2013年のきょうアミメヘイシソウ(レウコフィラ、サラセニア・レウコフィラ)> 2012年のきょうスギ> 2011年のきょうラクウショウ> 2010年のきょうムクノキ> 2009年のきょうカンザクラ> 2008年のきょうオウバイ(梅)> 2007年のきょうカワヅザクラ> 2006年のきょうクリスマスローズ> 2005年のきょうコハコベ

| | コメント (0)

2月25日(水) ウォーターポピー(ミズヒナゲシ、キバナトチカガミ)

150225water_poppyこのところ暖かな日が続いて、池の水草も復活…などというワケはなくて、大温室での一枚です。通称はウォーターポピー(流通名)、和名ではミズヒナゲシで、要するにこの花がヒナゲシ(ポピー)を思わせるというわけです。
ただ、ヒナゲシの花びらは4枚なのにこちらは3枚だし、葉がヒナゲシとは似ても似つきません。その点、水草であるトチカガミに名を借りたキバナトチカガミという別名は、葉の色形・艶もそっくり、花弁数も同じで、理屈にあっています。
しかし、これは依怙贔屓で、単にトチカガミが好きだからの感想でしょう。学問的に見ると両者は科の段階から別物(キバナ=オモダカ科、トチカガミ=トチカガミ科)です。ということは、あれこれこじつけた名前など呼ばず、Hydrocleys nymphoidesと学名を使えばいいわけですが、とたんにかわいらしさが失せるので困ります。

2014年のきょうアカマツ、ほか2種> 2013年のきょうコーヒーノキ> 2012年のきょうシクラメン> 2011年のきょうエンジュ> 2010年のきょうヤタイヤシ> 2009年のきょうアカバナアセビ> 2008年のきょうアオキ> 2007年のきょうオカメザサ> 2006年のきょうフクジュソウ> 2005年のきょうアブラナ

| | コメント (0)

2月24日(火) キンレイジュ

150224kinreiju1金の鈴の樹と書いてキンレイジュだそうで、言われてみれば房状になった花が大きな鈴に見えてきます。ここらの露地では栽培は無理のよう(温室での撮影)ですが、沖縄とかなら4~5mの高さになり、年に2回は花を咲かすのだそうです。
150224kinreiju2葉のギザギザ感がなにかに似ていると思いながら、指をメジャーにしてみたら、先が5裂したこの花の形はいかにもノウゼンカズラです。ふつうのノウゼンカズラは気根を出して壁を這い、落葉するのに対し、同じノウゼンカズラ科でもこのキンレイジュにはそういう性質がなく、常緑でノーマルな立木になります。
英語圏での名前はイエローベルだそうで、ところが変わっても同じように花に着目した名前なので、それだけ花をつけている期間が長いのだと思われます。

2014年のきょうフィットニア(アミメグサ、ベニアミメグサ)> 2013年のきょうオオハナワラビ> 2012年のきょうモミジイチゴ> 2011年のきょうヒオウギ> 2010年のきょうウラジロモミ> 2009年のきょうヒマラヤスギ> 2008年のきょうカンザクラ> 2007年のきょうオステオスペルマム> 2006年のきょうセツブンソウ> 2005年のきょうカワヅザクラ

| | コメント (0)

2月23日(月) ツノナス(フォックスフェイス)

150223tunonasuこの実が色づき始めるのは9月末のことでした。自然に落ちるでもなく、鳥に食べられるでもなく、まさに観賞用として5カ月もお勤めするとは立派なものです。
狐のお顔にはゼブラ模様が浮かんだりして、もう見飽きたなんて言わせない工夫もしているようです(笑)。花屋さんで買う活花素材と違い、こういう風に完熟した実(種)なら発芽するのではないかと期待してしまいます。
この調子だと、実だけ落ちるのではなく、茎ごと地面に倒れるのでしょう。ここのオーナーさんがそれまで刈り取るなんて野暮なことはせず、そこから芽が出てくるのを楽しもうとしているお方であることを願いたいものです。

2014年のきょうクヌギ> 2013年のきょうオオムラサキ、ほか6種> 2012年のきょうヒトツバ> 2011年のきょうハイネズ> 2010年のきょうプリムラ・シネンシス> 2009年のきょうギンヨウヒマラヤスギ> 2008年のきょうサザンカ、カンツバキ> 2007年のきょうスズランエリカ> 2006年のきょうカラタチ> 2005年のきょうクマザサ

| | コメント (0)

2月22日(日) パラミツ(ナガミパンノキ、ジャックフルーツ)

150222nagamipannokiふつうのパンノキの実はソフトボール大の球形になるのに、こちらは別名そのまま、上下に寸法がのびて、その分、重量級です。
その実の付け根から出た茎には花(苞からのびた棍棒状物体)が咲いています。手前でボケた枝にも花がありますが、こうして枝につくのは雄花で、雌花つまり実は幹から直接出る(幹生花・果)のだそうです。
実はふつうのパンノキより大きいのに、葉はあちらの方がずっと豪快でした。ただ、今回は近場南国でやや窮屈そうに暮らす木で、露地で気持ち良く枝を広げているものと比べてはかわいそうです。実を見られただけで満足しておきます。

2014年のきょうアスコセンダ(洋ラン)> 2013年のきょうハス(行田蓮)> 2012年のきょうヒメシャラ> 2011年のきょうクコ> 2010年のきょうピレア・モリス> 2009年のきょうギンヨウアカシア> 2008年のきょうフィカス・アルテッシマ> 2007年のきょうクモマグサ> 2006年のきょうナガバジャノヒゲ> 2005年のきょうミヤマウグイスカグラ

| | コメント (0)

2月21日(土) ヤマアイ

150221yamaaiこれでようやく、ヤマアイをひととおり知った感じです。画面右手で一つだけ咲いている雄花が鍵で、雌雄異株のくせに、こうしてときどき雌雄が混じるという現象を初めてとらえることができました。
振り返ってみると、道端に群生するこの草をヤマアイと知ったのが8年前でした。その群生ごとに雄株しかないとか、雌株ばかりの群生だとか、観察力のなさを露呈する無駄口を叩きながら、ようやくここまで辿り着きました。
あとは雌花の付け根で膨らんでいる実(種)が熟成するのを待ち、それをいくつかいただいて来てウチに播き、翌年、葉を収穫して藍染めを実験…という構想ができあがってはいるわけです。そこまであと何年かかるのか、体力勝負でもあるその裏で、構想を覚えていられるかという問題の方が切実なこのごろではあります。

2014年のきょうチョウセンゴヨウ> 2013年のきょうハシバミ> 2012年のきょうコハコベ> 2011年のきょうキツネノカミソリ> 2010年のきょうフラサバソウ> 2009年のきょうキヅタ> 2008年のきょうユキワリイチゲ> 2007年のきょうヒメイタビ> 2006年のきょうナギイカダ> 2005年のきょうクロッカス

| | コメント (0)

2月20日(金) 桜の冬芽4種(その2)

150220_1kanzan桜の品種ごと、冬芽に違いはあるものか…などという向学心を持ったのが先週のことで、4つばかり取り上げてみました。まだ花も写せていない桜が何百もあるというのに、無謀な試みですが、きょうもまた4つ並べてみます。
まずは八重の代表種・カンザン(1枚目写真)です。さすがに花芽がズングリムックリしていて、いかにもたくさんの花びらを内包しているように見えます。
150220_2hugenzouそれでは、同じく八重であるフゲンゾウ(2枚目)はどうかというと、カンザンに比べるとずいぶんスマートです。先週載せたイチヨウ(八重)もこんな感じだったので、花びらの枚数と花芽の太さには、あまり因果関係はないようです。
150220_3yamazakuraさて、基本種も勉強せねばということでヤマザクラです。この木だけかもしれませんが、花芽が異様に少なくて、これでは花見が心配になります。この程度の数でも、ときがくれば空を花で覆うことができるのか、開花前にも再調査が必要です。
150220_4inuzakuraそしてきょうの最後はちょっとハズしてイヌザクラです。サクラ属のなかでも異彩を放つこの木は、冬芽も赤みが強くて輝きがあり、ほかとはかなり違う雰囲気です。「栴檀は双葉より芳し」ならぬ「変態は冬芽より我が道」なのでした。

2014年のきょうプリムラ・ポリアンサ> 2013年のきょうトラフアナナス> 2012年のきょうウラジロガシ> 2011年のきょうヒメムカシヨモギ> 2010年のきょうユーカリノキ> 2009年のきょうショカツサイ(ムラサキハナナ)> 2008年のきょうウグイスカグラ> 2007年のきょうエリカ・ファイヤーヒース> 2006年のきょうナニワズ> 2005年のきょうイチゴノキ

| | コメント (0)

2月19日(木) シマムラサキツユクサ

150219simamurasakituyukusa1ツユクサの花が紫色になるとムラサキツユクサで、その葉が縞模様だからシマムラサキツユクサという三階建ての名前です。
感じの似たムラサキゴテンは冬の露地でも見かけますが、こちらはまだ温室のなかでしか見たことがありません。原産地はどちらもメキシコだというので、耐寒性に差があるのではなく、もっぱら普及率の違いかと愚考しています。
150219simamurasakituyukusa2おもしろいのは名前の二段目のムラサキで、ムラサキツユクサの場合は花だけ紫なのに、シマムラサキツユクサだと花も葉も紫です。はた衛門的にはシマムラサキムラサキツユクサと、紫を繰り返して呼びたいところです。
しかし、考えてみれば紫の前に縞があるのですから、縞紫は葉の形容で、花にはまったくかかっていないようです。たしかに、派手な葉に比べればあるかなしかの花で、写真に入れ込むのにもちょっと難儀したことを思い出しました。

2014年のきょうクスノキ、ほか2種> 2013年のきょうキンカチャ> 2012年のきょうエビモ> 2011年のきょうタチバナ> 2010年のきょうタコノキ> 2009年のきょうキバナセツブンソウ> 2008年のきょうバイモ> 2007年のきょうカキナ> 2006年のきょうマサキ> 2005年のきょうオウレン

| | コメント (2)

2月18日(水) ウンリュウヤナギ

150218unryuuyanagi千々に乱れし我が心…などという状況になったときまで取り置きしておこうと思いましたが、考えてみたらお気楽爺さんにそんな心境は無縁です。せっかくのオモシロ写真がもったいないので、とりあえず載せておくことにしました。
しかし、過去記事にあたったら、ウンリュウヤナギは虫こぶの宿主としての登場で、肝心の葉はチラチラしか写っていませんでした。今回も爺さんの遊びの素材になってしまい、どうにも不憫なお方です。季節が良くなったら、青々とした美しい姿を載せて差し上げますので、どうかお許しのほど…。

2014年のきょうカラスムギ> 2013年のきょうフクジュソウ> 2012年のきょうシラカンバ> 2011年のきょうニワウルシ(シンジュ)> 2010年のきょうゴレンシ> 2009年のきょうアスクレピアス(トウワタ)> 2008年のきょうハンノキ> 2007年のきょうカンヒザクラ> 2006年のきょうタネツケバナ> 2005年のきょうウメ

| | コメント (0)

2月17日(火) ホウライシダとヒシガタホウライシダ

150217houraisidaお店ではこの種類をひとくくりにアジアンタムとして売っています。かつて、助手1号がこれとハコネシダクジャクシダがセットになったミニ盆栽みたいなものを買ったことがあったはずなのに、今は3種類とも影も形もありません(涙)。気安く売られているわりには、案外に気むずかしいところがあるようです。
ところが、厳寒の露地でこんな(↑)に元気な群れを見つけました。ウチの鉢植えが消滅したのは、温度管理よりも水分コントロールに問題があったようです。
150217hisigata_houraisidaそんな在来のホウライシダと違って、こちら(↑)は中南米からのお客さんなので、温室のなかで温度も水分もきっちり管理されていました。在来品の小葉は扇形なのに対し、こちらは名前どおりに菱形で、面積が10倍近くあります。
当然に、全体の草姿も、かたや地上を這うように、こなたワサワサと膝丈ほどに生い茂るという違いがあります。それでも、二つを見れば濃い血のつながりが感じられて、遠い昔から、日本と中南米に種の交流があったことを想像してしまいます。

2014年のきょうメグスリノキ> 2013年のきょうタギョウショウ> 2012年のきょうセキショウモ> 2011年のきょうネコヤナギ> 2010年のきょうスイセイラン(彗星蘭)> 2009年のきょうバニラ> 2008年のきょうフクジュソウ> 2007年のきょうイノモトソウ> 2006年のきょうウメ(白梅)> 2005年のきょうナズナ

| | コメント (0)

2月16日(月) ウメ(黒雲)

150216kurokumo晴天下での撮影なのに、暗雲漂うような雰囲気になった(と自画自賛)のは、この梅の名前のせいだと思うのです。なんと、ラベルには「黒雲」とありました。
緋梅系・八重で濃い赤というと、自分的には鹿児島紅のファンでしたが、この黒雲にも少しそそられてしまいました。枝振りが、シダレというほどではないけれど低く漂う感じで、勢いよく天を突く鹿児島紅とはかなり違った雰囲気です。
今年だけの現象か、早咲きとされる鹿児島紅はまだチラホラの開花状態なのに、中咲きである黒雲がこうして一歩リードの咲き具合でした。今年、日本の政治経済は黒雲に覆われる…などという予兆ではないことを祈っておきましょう。

2014年のきょうセンボンヤリ> 2013年のきょうラムズイヤー(ワタチョロギ)> 2012年のきょうキリ> 2011年のきょうカワヅザクラ> 2010年のきょうパフィオペディルム・サンデリアヌム> 2009年のきょうカカオ> 2008年のきょうベンジャミン> 2007年のきょうサルココッカ> 2006年のきょうワルナスビ> 2005年のきょうヒメオドリコソウ

| | コメント (0)

2月15日(日) パキポディウム・グラキリス

150215pachypodium温室に置かれた鉢植えですが、これが大きくなってバオバブの下生えのように砂漠の風景を作っているのをマダガスカルなどのレポートで見かけます。
木質化した根元はあくまでも多肉植物のそれであって、切っても年輪はない…つまり木本ではないのだそうです。ここに水分を貯め込むわけで、動物で言えばラクダのように、渇水地帯に適応した構造になっています。
パキポディウム(Pachypodium)にはいくつかの種類があり、あのアアソウカイ(P. geayi)も仲間でした。パキポディウムとはまた厄介な名前だこと、と半ば迷惑顔だったのに、アアソウカイが手がかりになって、少し親しみが湧いてきました。

2014年のきょうリギダ松> 2013年のきょうミヤマシキミ> 2012年のきょうシライトソウ> 2011年のきょうハンノキ> 2010年のきょうモミ> 2009年のきょうイトススキ> 2008年のきょうホルトノキ> 2007年のきょうオニヤブソテツ> 2006年のきょうオオイヌノフグリ> 2005年のきょうマンサク

| | コメント (0)

2月14日(土) コクテンギ

150214kokutengiツッピー・ツッツッピーと囀(さえず)りながら、クルクル・クルクルとこの枝を飛び回り、まるで「きれいに撮ってよね」と催促しているみたいでした。女性(お腹のネクタイが細いこのシジュウカラはメス)に迫られたことのないオジサンは焦ってしまい、せっかくの美人が滲んで写ってしまいました。
さてお茶目なお嬢さんが去り、我に返ってみると、彼女が止まっていた枝の冬芽がちょっと風変わりです。お嬢さん以上にピンぼけで困るのですが、グニグニと節目がついたその先に、やや赤みを帯びて1個ずつ尖っています。
たしかこの木はコクテンギだったはずです。冬芽だけで見分ける根拠はありませんが、1月初旬のまだ真っ赤な葉をつけた去年の写真をよく見ると、今回の小枝と感じの似た部分が認められます。お嬢さん、じつは自分を撮れと言っているのではなく、コクテンギの冬芽を教えてくれていた天使(!)だったのかもしれません。

2014年のきょうバンダ(洋ラン)> 2013年のきょうオモト> 2012年のきょうカラマツ> 2011年のきょうノカンゾウ> 2010年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)> 2009年のきょうリョウメンシダ> 2008年のきょうコバノカモメヅル> 2007年のきょうナギイカダ> 2006年のきょうアテツマンサク> 2005年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)

| | コメント (0)

2月13日(金) ヒメバショウ(ビジンショウ)

150213himebasyou葉がバショウを思わせ、かつ、見上げる高さになる「ふつう」に比べて、背丈程度におさまるサイズなのでヒメバショウです。
たしかに、れっきとしたバショウ科バショウ属の仲間なので問題はないのですが、無視された赤い花がかわいそう…と思う人がかつてもいたらしく、ビジンショウ(美人蕉)という別名もつけられていました。
原産地の中国(南部)からかつての琉球にもたらされたそうで、沖縄では露地植えが可能なようです。ただし、ここ関東では温室育ちの姫様です。

2014年のきょうフヨウ> 2013年のきょうアリドオシ> 2012年のきょうクリハラン> 2011年のきょうオウギバショウ(タビビトノキ)> 2010年のきょうドンベヤ・ワリッキー> 2009年のきょうマツザカシダ> 2008年のきょうカマツカ> 2007年のきょうアブラナ> 2006年のきょうネコヤナギ> 2005年のきょうユキヤナギ

| | コメント (0)

2月12日(木) 桜の冬芽4種

1502121somei今シーズンは冬芽の形のおもしろさに少しハマっています。そのきっかけはセンダンで、まさかリーゼントスタイルの芽があるとは知りませんでした。
そんな「変」タイプもまだ探したいとは思いますが、そろそろ寒桜も開き出す時分になって、同じ桜でも冬芽に違いがあるものか、確かめようと思いつきました。
まずは桜のなかの最大勢力・ソメイヨシノです。かつて元日に載せたハタザクラの冬芽と比べると、色味がなくて装甲が分厚い感じです。形もややデブチンです。
1502122itiyou_2次のイチヨウはやや赤みが兆していて形も細く、ソメイヨシノよりはハタザクラに近い感じに見えます。おっと、こんな冬芽や樹皮だけで桜の見分けができるはずはなく、掲載するのはすべて名札つきの木です。
1502123edohiganこちらはグッと趣が違います。色や形だけでなく、芽のつきかたが、枝に沿うというか、へばりついています。エドヒガンは、萼の付け根が壺のように膨らむ花が特徴的なだけでなく、芽まで風変わりなのでした。
1502124kanzakura締めは出だしで触れたカンザクラです。これを撮っていて気づいたのは、枝の一番先の芽はどうやら葉芽で、花は脇から咲き出すということでした。
そんな目で見直すと、ほかの桜も頂芽はみな鋭く小さくて、脇の芽がやや膨らんでいます。生活の役にはまったく立たない小ネタが、一つだけ増えました。

2014年のきょうキクラミネウス水仙・Tete a tete> 2013年のきょうムラサキオモト> 2012年のきょうヤマコウバシ> 2011年のきょうモンステラ(ホウライショウ)> 2010年のきょうレッド・ジンジャー> 2009年のきょうアブラチャン> 2008年のきょうオーブリエチア> 2007年のきょうアリドオシ> 2006年のきょうミドリハコベ> 2005年のきょうミツマタ

| | コメント (0)

2月11日(水) アンスリウム(チューリップ・パープル)

150211anth_tulip_purpleこの冬は温いのぉ、などとほざいていたら、しっぺ返しに寒気が続いて、近場の南国を脱出できなくなりました。派手な花や濃い緑に囲まれる夢の世界です。
そんな目立つ草木が並ぶなかに、ずいぶんシックな姿を見つけました。アンスリウムの園芸品は派手な色とか仏炎苞の大きさを競うところがあるのに、これはその方向に背を向けて、苞は小さく細く、色は古代染めのような渋さです。
名札を見ると、アンスリウム・チューリップパープルとありました。パープルはわかりやすく、何年か前に見たことのあるアンスリウム・ラベンダーレディのラベンダーよりは、色の形容としてはピッタリする気がします。
さて問題はチューリップの方で、いったいどこが?と探してみれば、画面左奥で開きかけている苞がそうと見えなくもないのでした。下側には、さらにチューリップの蕾を思わせる尖った状態のものも写っています。
苞が開いて花穂が見える状態ばかりが見頃ではないと諭してくれるネーミングで、偏狭な視野が少しばかり広がりました。

2014年のきょうベニヒモノキ> 2013年のきょうウメ(トウジバイ・冬至梅)> 2012年のきょうトキワナズナ(宿根イベリス)> 2011年のきょうオンシジューム> 2010年のきょうコチョウラン> 2009年のきょうマリアアザミ> 2008年のきょうタチヤナギ> 2007年のきょうオキザリス・華恋(かれん)> 2006年のきょうシナマンサク> 2005年のきょうヤブツバキ

| | コメント (0)

2月10日(火) ベンガルボダイジュ

150210benghalensis絞め殺し植物という恐ろしい一群があって、このベンガルボダイジュや先日載せたばかりのアコウがそれに該当します。ほかの木に巻き付き、締め上げて殺してしまうという凶暴な性質です。別に他人に寄りつかなくても、写真のように自立して育つことができるのに、あえて周りの木に絡みつくなんて、ずいぶん性悪です。
ただ、温室内で鉢植えになっていると、そんな本性は隠して、ずいぶんといい子ブリッ子です。雰囲気は、同じイチジク属(Ficus)のインドゴムノキに似ていますが、クッキリした葉脈が葉表にまで出るのが明らかな違いです。
イチジク属なので、当然ながらあの隠頭花序がつき、しかもベンガルボダイジュのそれは真っ赤に色づきます。しかし、残念ながらこの木には芽らしきものさえまったく見られませんでした。あのアコウでもそうだったように、またどこか別の場所で立派に育っている姿に出会えることを祈っておきます。

2014年のきょう球根ベゴニア(ハンギングタイプ)> 2013年のきょうミズバショウ> 2012年のきょうイヌツゲ> 2011年のきょうナガバノモウセンゴケ> 2010年のきょうカトレア> 2009年のきょうムサシアブミ> 2008年のきょうハマボッス> 2007年のきょうナワシログミ> 2006年のきょうウメ(紅梅)> 2005年のきょうジャノメエリカ

| | コメント (0)

2月9日(月) アリマウマノスズクサ

150209arimaumanosuzukusaウマノスズクサにはいくつかの種類があって、これは名前どおりに六甲あたりに見られる品種です。なんと言っても紫と黄色の対比が鮮やかな花が特徴で、初めて見たときには十分に衝撃的だった「ふつうのウマノスズクサ」が地味に見えてきます。
ただ、本来の花の時期は初夏から夏で、これは温室での一枚です。叶うことなら、六甲の山でこれを愛で、汗を有馬の湯で流したいものですが、どうにも近頃の景気低迷では実現困難なプランです。近場の温室でジトッと汗ばんだ体は、ウチに帰って薬用入浴剤「旅の宿」・有馬にドップリと浸してみました。つましい幸せです。

2014年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)> 2013年のきょうフブキバナ> 2012年のきょうクズ> 2011年のきょうグズマニア> 2010年のきょうセントポーリア> 2009年のきょうタチツボスミレ> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうハラン> 2006年のきょうロウヤガキ> 2005年のきょうコエビソウ

| | コメント (0)

2月8日(日) マルハウチワヤシ

150208utiwayasi海外では室内の観葉植物として人気…というのがこのヤシの説明にはつきまといますが、「海外では」というのがミソです。ヤシ類のなかでは小型と言っても、優に2~3mの高さにはなるのですから、拙宅のようなラビットハウスには不適合品です。
それでも、ひょっとしてうまくミニサイズに育てられないものか、と野心を抱きそうなほどに魅惑的な姿ではあります。だいたいが刺々しい葉であるヤシ類のなかで、たぶんあえてヤシと説明しなければそれと気づかない人が多いのではと思われます。
問題は和名とされるマルハウチワヤシで、団扇はたいがい丸いでしょうから、それに丸葉を載せるのはくどい気がするのです。しかし、ただウチワヤシとすると、まったく別種の、葉が刺々しいオウギヤシ(未収録)と混同する(オウギヤシにはウチワヤシという異称あり)恐れがあるようです。
多少は面倒でも、この丸くて大きな美しい葉のヤシはマルハウチワヤシと呼ぶべきものなのでしょう。そう言えば、団扇のなかにはうなぎ屋さんがバタバタやる四角い形のものもあったことを思い出しました。

2014年のきょうプリムラ・オブコニカ> 2013年のきょうタカサゴユリ> 2012年のきょうナツハゼ> 2011年のきょうトチノキ> 2010年のきょうサンタンカ> 2009年のきょうモミジバフウ> 2008年のきょうシシガシラ> 2007年のきょうキャラボク> 2006年のきょうナツミカン> 2005年のきょうオオイヌノフグリ

| | コメント (0)

2月7日(土) チャボリュウノヒゲ(チャボジャノヒゲ、ギョクリュウ、タマリュウ)

150207tyaboryuunohigeチャボリュウノヒゲ、チャボジャノヒゲ、ギョクリュウ、タマリュウ…さて、写真の草をこれらの名前のどれで呼ぶべきか、大きな悩みです。
リュウノヒゲかジャノヒゲかという葛藤(?)はすでにクリアしているので、きょうはギョクリュウとタマリュウの相克に焦点を当てます。この二つ、漢字にすれば「玉龍」で、要は読み方の問題に過ぎません。学名ではGyoku-ryuなどとされているのでギョクリュウが正解に思えますが、タマリュウと読む人も多く、勢力は拮抗しています。
そしてその学名がまた問題で、栽培品として見るOphiopogon japonicus 'Gyoku-Ryu'という名と、品種として見るO. japonicas f. nanus hort.の二つが、どうも同じものらしい(俄学習なので正否は不明)のです。
というわけで、このブログの索引では一つのものに4項を当てるという大盤振る舞いが必要になりました。ずいぶん面倒をかけてくれるおチビさんです。
150207janohigeおっと、チビ呼ばわりするには標準(↑:ふつうのジャノヒゲ)も示す必要があります。同じスケールを写し込んだので、葉の長さが倍ほどあるのがわかります。

2014年のきょうトウカエデ> 2013年のきょうコウヤボウキ> 2012年のきょうアシボソ> 2011年のきょうコセンダングサ> 2010年のきょうロドデンドロン・クリスティアナエ> 2009年のきょうネモフィラ・スノーストーム> 2008年のきょうビワ> 2007年のきょうヤブソテツ> 2006年のきょうボケ> 2005年のきょうフクジュソウ

| | コメント (0)

2月6日(金) サンシュユ

150206sansyuyu1サンシュユの新しい観賞方法を見つけました。木肌がボロボロに剥けるのがこの木の特徴ですが、その皮が逆光に透けて、オレンジ色に輝いていたのです。
これで花が黄色く背景を飾っていれば文句なしなのに、そうは問屋が卸しません。ただ、条件に大差ない別の所では、すでに蕾が割れたのを確認(↓)しています。
150206sansyuyu2自分の感覚では大差がなくても、木にとっては10日も開花がズレルほどの「なにか」があるはずで、まったく我が身のセンサーの鈍さにあきれます。

2014年のきょうハボタン(名古屋縮緬系)> 2013年のきょうアシタバ> 2012年のきょうハルサザンカ> 2011年のきょうジュズダマ> 2010年のきょうアイグロマツ> 2009年のきょうヒメシノ(コクマザサ)> 2008年のきょうシュロ(ワジュロ)> 2007年のきょうヤバイ> 2006年のきょうアリドオシ(実つき)> 2005年のきょうサンシュユ

| | コメント (0)

2月5日(木) ツルニチニチソウ

150205turunitinitisouオオイヌノフグリやホトケノザが冬のうちから咲いていることに気づいたのはずいぶん前のことです。今では当たり前に思うことも、当時は新鮮な驚きでした。
さて、ツルニチニチソウの開花です。これを2月初めに見ても「ふん」と鼻で笑っていられるようになるのか、それともこれは貴重な記録なのか、今は不明です。
とにかく、自分では過去二度とも4月に開花状態を掲載しているし、図鑑的にも花の時期は3月下旬~6月とされています。いかになんでも早過ぎるのですが、先日のフクジュソウと併せて考えると、やはりヌク~い冬なのかもしれません。
もっとも、先週に続いてきょうはまた雪になると騒いでいるし、トワイライトエキスプレスのお客さんが車内で二泊もできた(笑)などという豪雪ニュースを聞くと、地球だってどうしていいかわからなくなったのではないでしょうか。

2014年のきょうホオノキ> 2013年のきょうニワウルシ、ほか3種> 2012年のきょうエビネ> 2011年のきょうチューリップ> 2010年のきょうウラジロモミ> 2009年のきょうヒメアスナロ> 2008年のきょうスイカズラ> 2007年のきょうマンゲツロウバイ> 2006年のきょうアリドオシ> 2005年のきょうギンモクセイ

| | コメント (0)

2月4日(水) アコウ

150204akouアコウを初めて見たのがちょうど1年前でした。ただ、前回の木はふつうの室内にある鉢植えだったのに、今度は大きな温室のなかで、300mm望遠を目一杯にしてもこの程度にしか寄れないほどの「大木」でした。
そして、なによりの違いは枝にビッシリ並んだこのツブツブです。実とは呼ばず、あえてツブツブとしたのは、これが例の隠頭花序だからです。つまり、アコウはイチジクの仲間(イチジク属:Ficus)なのでした。
こうしてみると、この属というのはなかなか多士済々です。心覚えのため、これまでに掲載したメンバーを下に並べておきます(アイウエオ順)。

イタビカズライチジクイヌビワインドゴムノキオオイタビヒメイタビフィカス・アルテッシマフィカス・プミラベンジャミン

2014年のきょうクサソテツ > 2013年のきょうキソウテンガイ(サバクオモト、ウェルウィッチア)> 2012年のきょうクチナシ> 2011年のきょうマンサク> 2010年のきょうチュウテンカク(沖天閣:ユーフォルビア・インゲンス)> 2009年のきょうヒメノキシノブ> 2008年のきょうニシキマンサク> 2007年のきょうハカタシダ> 2006年のきょうコウヤボウキ> 2005年のきょうオウバイ

| | コメント (0)

2月3日(火) フィットニア(アミメグサ、シロアミメグサ)

150203siroamimegusa酔っぱらったぞ、ウィ~、みたいな写真ですが、残念ながらたいがいの温室は飲酒禁止でして、手前の花に気を取られ過ぎました。
だいたいが、この花は以前、ベニアミメグサでも写せているので、本当は花ではなく葉の「白網目」にピントを当てるべきでした。フィットニア(アミメグサ)の葉の網目には紅と白があり、今まで二度登場した紅に対し、白は初登場です。
細かく言えば、この葉のサイズにも大小があり、それも区別して呼び分けるらしいのですが、こんな朦朧とした写真ではそれは無理な話です。とりあえず白い網目に、しかも花をつけた姿に会えたことで、今回は喜んでおくことにします。

2014年のきょうアコウ > 2013年のきょうオンツツジ> 2012年のきょうタアツァイ(ちぢみゆきな)> 2011年のきょうゴンズイ> 2010年のきょうサボテン> 2009年のきょうノキシノブ> 2008年のきょうフェイジョア> 2007年のきょうモンステラ> 2006年のきょうソヨゴ> 2005年のきょうウメ

| | コメント (0)

2月2日(月) ガビサンハンショウヅル

150202abisanhansyouduru7年前には近所ではまだ珍しかった冬咲きのクレマチスです。このごろはこうして垣根に仕立てたお宅をチラホラ見かけるようになりました。寒風をものともせず、葉が艶やかなまま、これだけ賑やかに咲くのだから、流行って当然でしょう。
初めて出会ったときは、つい花にだけ気を取られて全体が見えていませんでした。そこで今回は、絵としてはつまらなくても、葉の様子や花のつきかた、蔓の這い回る具合など、花屋さん的な解説写真にしてみました。

2014年のきょうモミジアオイ > 2013年のきょうミヤコザサ> 2012年のきょうウメ(八重寒紅)> 2011年のきょうヒョウタンウツボカズラ> 2010年のきょうリンボク> 2009年のきょうタチシノブ> 2008年のきょうニホンスイセン> 2007年のきょうイトラン> 2006年のきょうムラサキシキブ> 2005年のきょうデイジー

| | コメント (0)

2月1日(日) フクジュソウ

150201hukujusou掲載はきょうであっても、撮影は4日前(1月28日)です。このブログのなかで、フクジュソウが完全に開いている姿を写した最速の記録です。
暖冬だという話もあれば、「いや違う」という噂もあって、結論は「冬が終わってみないとわからない」のだそうです。しかし、福寿草さんにとっては「ヌクイわ~」なのでしょう。いや、福寿草だけではなく、花のなかでは2匹の蠅までホッコリしていました。
過去記事を振り返って見ると、1月にはふくらんだ蕾を載せているだけで、完全開花のレポートは2月の中旬が一番早いものでした。
写真手前で白くボヤけているのは水仙の花です。「春を告げる二大スターの競演」というタイトルを考えながらシャッターを押したというのに、結果はこんなクドクドしい説明が必要な駄作とあいなりました(涙)。

2014年のきょうベニバナイチゴノキ > 2013年のきょうヒマラヤザクラ> 2012年のきょうムサシアブミ> 2011年のきょうオオバギボウシ> 2010年のきょうカモジゴケ> 2009年のきょうシノブ> 2008年のきょうガビサンハンショウヅル> 2007年のきょうキンポウラン> 2006年のきょうホウレンソウ> 2005年のきょうアセビ

| | コメント (2)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »