« 2月19日(木) シマムラサキツユクサ | トップページ | 2月21日(土) ヤマアイ »

2月20日(金) 桜の冬芽4種(その2)

150220_1kanzan桜の品種ごと、冬芽に違いはあるものか…などという向学心を持ったのが先週のことで、4つばかり取り上げてみました。まだ花も写せていない桜が何百もあるというのに、無謀な試みですが、きょうもまた4つ並べてみます。
まずは八重の代表種・カンザン(1枚目写真)です。さすがに花芽がズングリムックリしていて、いかにもたくさんの花びらを内包しているように見えます。
150220_2hugenzouそれでは、同じく八重であるフゲンゾウ(2枚目)はどうかというと、カンザンに比べるとずいぶんスマートです。先週載せたイチヨウ(八重)もこんな感じだったので、花びらの枚数と花芽の太さには、あまり因果関係はないようです。
150220_3yamazakuraさて、基本種も勉強せねばということでヤマザクラです。この木だけかもしれませんが、花芽が異様に少なくて、これでは花見が心配になります。この程度の数でも、ときがくれば空を花で覆うことができるのか、開花前にも再調査が必要です。
150220_4inuzakuraそしてきょうの最後はちょっとハズしてイヌザクラです。サクラ属のなかでも異彩を放つこの木は、冬芽も赤みが強くて輝きがあり、ほかとはかなり違う雰囲気です。「栴檀は双葉より芳し」ならぬ「変態は冬芽より我が道」なのでした。

2014年のきょうプリムラ・ポリアンサ> 2013年のきょうトラフアナナス> 2012年のきょうウラジロガシ> 2011年のきょうヒメムカシヨモギ> 2010年のきょうユーカリノキ> 2009年のきょうショカツサイ(ムラサキハナナ)> 2008年のきょうウグイスカグラ> 2007年のきょうエリカ・ファイヤーヒース> 2006年のきょうナニワズ> 2005年のきょうイチゴノキ

|

« 2月19日(木) シマムラサキツユクサ | トップページ | 2月21日(土) ヤマアイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月19日(木) シマムラサキツユクサ | トップページ | 2月21日(土) ヤマアイ »