« 1月8日(木) ゼラニウム(斑入り葉ゼラニウム) | トップページ | 1月10日(土) ハッカクレン »

1月9日(金) ハマビワ

150109hamabiwa花のときも、なにがなにやらハッキリしない見かけだったのに、受粉が終わっても相変わらずなにがなにやらというハマビワの雌株です。
ただ、その気で見れば花の芯に小さな塊らしいものができているようです。そんな実のいかにものんびりした生長過程に比べると、枝の先から鋭い形で飛び出した冬芽は、花のときからの時間経過を如実に示してくれています。
ひと月ちょっと前にはそんな気配さえなかった「次世代」が、こうして寒風を突いてグングン頭角を現しているのを見ると、心がほっこり温まります。

2014年のきょうスノードロップ> 2013年のきょうリュウノウギク> 2012年のきょうハナカイドウ > 2011年のきょうマメキンカン(キンズ)> 2010年のきょうカンボタン> 2009年のきょうカンザクラ> 2008年のきょうレモン> 2007年のきょうネメシア> 2006年のきょうタマサンゴ> 2005年のきょうロウバイ

|

« 1月8日(木) ゼラニウム(斑入り葉ゼラニウム) | トップページ | 1月10日(土) ハッカクレン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月8日(木) ゼラニウム(斑入り葉ゼラニウム) | トップページ | 1月10日(土) ハッカクレン »