« 1月13日(火) モクレイシ | トップページ | 番外編 : 鳥(名前メモ) »

1月14日(水) キクイモ

150114kikuimo1農協の直販センターで発見したキクイモです。戦時中は代用食料にされたというこの芋も、いまではダイエットによい健康食品として注目の商品です。
150114kikuimo2生でかじると、シャキッとした歯ごたえがあり、品のいい甘さがありました。この食感を生かして、そのままサラダにも使えます。お酒のアテに、素揚げにしていただきましたが、炒め物や煮物など、どんな料理にも合いそうな素直な味です。
150114kikuimo3かつて、土手のキクイモ(と思しきもの)を抜いて芋を確かめたことがあります。そのときの写真(↑)を参考として載せますが、芋はサツマイモのように赤くて細長く、今回のまるでショウガと勘違いしそうな風体とはかなり印象が違います。
つまり、あのときのものはイヌキクイモ(根茎が貧弱)だった疑いが浮上するのですが、この段階での即断は避けておきます。その理由は確認時期の違いで、キクイモの収穫は地上部が枯れて芋が充実してから(つまり12月以降)が適切なのでした。
花で見分けるのもなにやらアヤフヤのままなのに、見分けの決定的ポイントである芋もうまく比較できず、話はどうにも締まりません。そもそも、キクイモとイヌキクイモを区別する必要はないという話もあるので、こうして自分のなかでうっすらとその境目を意識できるようになってきた自己満足がきょうの結論です。

2014年のきょうブーゲンビリア> 2013年のきょうフッキソウ> 2012年のきょうホトトギス > 2011年のきょうカナリーヤシ(フェニックス)> 2010年のきょうコクテンギ> 2009年のきょうラクウショウ> 2008年のきょうニホンスイセン> 2007年のきょうチチコグサモドキ> 2006年のきょうツルウメモドキ> 2005年のきょうカンツバキ

|

« 1月13日(火) モクレイシ | トップページ | 番外編 : 鳥(名前メモ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月13日(火) モクレイシ | トップページ | 番外編 : 鳥(名前メモ) »