« 12月8日(月) テンニンソウ | トップページ | 12月10日(水) ヒメガマ »

12月9日(火) トウカエデ

141209toukaedeかつて、ほぼ同じようなトウカエデの写真を載せたことがあります。ただ、そのときの思いは単純に「きれいだなぁ」だったのに対し、今回は少しだけ科学的な目でものを見てみることにしました。
公園に植えられた一本の木なのに、向かって右側は葉の色づきがよく、左側に行くにしたがって色は冴えなく、緑を残しています。もちろん、写真右手が南です。
当然、葉の一大任務である光合成については陽当たりの良い場所の葉がたくさん貢献したわけで、そんな働き者が老後にきれいに輝いているのです。なにか人生の教訓を感じはするのですが、今ごろ気づいても遅い人はどうしたらいいものでしょう。

<補注> 植物の紅黄葉にとって陽当たりが決定的な要素であることは、前にもイロハモミジの一枚の葉が証明してくれています。

2013年のきょうコナラ> 2012年のきょうウラムラサキ(ストロビランテス・ディエリアヌス)> 2011年のきょうカラスノエンドウ> 2010年のきょうイロハモミジ> 2009年のきょうメタセコイア> 2008年のきょうアオハダ> 2007年のきょうケヤキ> 2006年のきょうサンダーソニア> 2005年のきょうサンシュユ> 2004年のきょうメキシカン・ブッシュ・セージ

|

« 12月8日(月) テンニンソウ | トップページ | 12月10日(水) ヒメガマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月8日(月) テンニンソウ | トップページ | 12月10日(水) ヒメガマ »