« 12月18日(木) クサソテツ | トップページ | 12月20日(土) ナルコユリ »

12月19日(金) イヌブナ

141219inubuna周りにいろいろな木々があるなかで、この一本だけ、黄葉がきれいに輝いていて、近づいてみたらイヌブナでした。
用材としての質がブナより劣るから「イヌ」だそうで、そもそもふつうのブナ材自体があまり高級とはされないのだから、イヌ君はさぞご不満であろうと同情します。
さて、同科同属である両者の見分けです。まずは葉の側脈(本数)が定番着目ポイントで、イヌブナが9対以上、ブナが11対以下、つまりイヌブナの葉身の方が長めで脈の刻みも多いというわけです。これはヤマハゼとハゼ(ノキ)の見分けと同じで、イヌやヤマの方が細やかな側脈を持つという面白い関係です。
もう一つの違いが幹の色で、ブナが白っぽいのに対し、イヌブナはかなり暗めです。写真は逆光気味なので、やや強調されているものの、右下に見える幹はたしかに黒っぽく、しかもブナよりもゴツゴツしています。個人的には、材質がどうこうよりも、むしろ幹が荒々しく見えるところがイヌなのだと思いたいところです。

<補注> 若葉の様子はこちらです。(2016年4月9日)

2013年のきょうイイギリ> 2012年のきょうオガタマノキ> 2011年のきょうススキ> 2010年のきょうクロマツ> 2009年のきょうイチョウ> 2008年のきょうモチノキ> 2007年のきょうハクウンボク> 2006年のきょうフユザクラ> 2005年のきょうトコナツ> 2004年のきょうジュウガツザクラ

|

« 12月18日(木) クサソテツ | トップページ | 12月20日(土) ナルコユリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月18日(木) クサソテツ | トップページ | 12月20日(土) ナルコユリ »