« 12月9日(火) トウカエデ | トップページ | 12月11日(木) アベリア(ハナツクバネウツギ) »

12月10日(水) ヒメガマ

141210himegama
大型トラックの荷台よりも広い湿地がヒメガマだらけでした。したがって、もっと引いて一面の綿の海を写す手もあったのに、あえて寄ってみました。
狙いは写真の上半分に鏤(ちりば)められた綿毛です。風が来るたび、地吹雪のように綿毛が舞い上がります。これだけの群生だからこその眺めです。
一人でロマンチックな思いに駆られていたら、ちょっと気になることができました。冬の風は毎日が北風です。当然、綿毛は南に流れます。つまり、ヒメガマの群生は南へ南へ移動してしまう運命にあるのではないだろうか…?
鼻水を抑えながらほのぼのした世界に埋もれていたら、どうもオツムまでがほのぼのしてしまったようでした。

過去のきょう 2013 セリバオウレン 2012 ワラビ 2011 ウワミズザクラ 2010 リコリス・オーレア 200 ヤーコン 2008 チョクザキヨメナ 2007 メグスリノキ 2006 ゴクラクチョウカ 2005 ブルーベリー 2004 フクシア

|

« 12月9日(火) トウカエデ | トップページ | 12月11日(木) アベリア(ハナツクバネウツギ) »

コメント

はた衛門さん、ご無沙汰いたしております。
拝見はしておりましたのですが、
不肖な弟子で(もう破門でしょう)
なかなか一文字目が出ずにおりました。
申し訳ございません。
昔から願っておりましたが、
はた衛門さんの継続の力を少しいただきたいです。

9月の末にいつもとは違う小さなガマをみかけました。
ハンバーガーみたいな子でした。
あの子もこんな風になっているのかなぁと
今度見に行ってみようと思います^^

投稿: ブリ | 2014/12/10 07:50

ブリさんへ:
ハンバーガーみたいなガマ?
想像ができません(汗)。いったいなんでしょう?

投稿: はた衛門 | 2014/12/11 05:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月9日(火) トウカエデ | トップページ | 12月11日(木) アベリア(ハナツクバネウツギ) »