« 11月2日(日) カワラノギク | トップページ | 11月4日(火) ミズタマソウ »

11月3日(月) ナナコバナ

141103nanakobana1手品のタネを知っていると、やや興ざめするのと同じで、萼がグングン大きくなって赤くなるのを知っていたのが、思えば少しだけ不幸でした。もし予備知識なしでこのシーンに出くわしたら、「オ、あの花、なんだぁ」などという驚きを味わえたでしょうに。
そこで、自分の頭をシャッフルしてもう一度この木を見ると、今の時期にチラホラと返り咲きの花を見せるヤマツツジよりは豪華な景色に思えてきました。
141103nanakobana2その「花」にグッと近づいても、ナナコバナの(あるいはスイカズラ科の)性質を知らなければ、これを本当の花だと思っても不思議ではありません。もともと、萼が花びらに見える草木は多いわけで、そう思えばナナコバナもふつうの木…などと屁理屈を持ち出すのは愚の骨頂で、「おお、きれいだなあ」とはしゃぐのが一番です。

2013年のきょうサルビア・グアラニチカ(メドーセージ)> 2012年のきょうリュウノウギク> 2011年のきょうネリネ> 2010年のきょうウキクサ> 2009年のきょうフジバカマ> 2008年のきょうエビヅル> 2007年のきょうハイアワユキセンダングサ> 2006年のきょうタコノアシ> 2005年のきょうサワフタギ> 2004年のきょうクチナシ

|

« 11月2日(日) カワラノギク | トップページ | 11月4日(火) ミズタマソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月2日(日) カワラノギク | トップページ | 11月4日(火) ミズタマソウ »