« 11月17日(月) クスドイゲ | トップページ | 番外編 : コスモス畑のオオスズメバチ »

11月18日(火) ノダケ

141118nodake1花のときはなにがなにやら、ただ花序全体の紫色が迫力だなあ…と浅はかに眺めていました。しかし、その花がこうして種になって見ると、カメムシのような、どら焼きのような、花どきよりもさらにまた味わい深い姿を見せていました。
その実の先に残った2本の花柱(雌シベ)がチャームポイントです。この茎の脇に、まだ花をつけている茎(↓)がありました。
141118nodake2上段が雌性期に入った状態の花序で、まだ白いままの2本の花柱が見えます。下段の花序がそれより若い雄性期の状態で、紫の花弁はまだ開かず、白い葯を持った雄シベだけがお茶目に飛び出しています。
さて、この種がこれからどうなるか、とか、咲くとすぐに散るという花びらをうまく写せるか、とか、ボンヤリ眺めていたノダケからいくつか宿題をもらってしまいました。

2013年のきょうホトケノザ> 2012年のきょうニガキ> 2011年のきょうビレヤ・シャクナゲ> 2010年のきょうシマサルスベリ> 2009年のきょうヒオウギ> 2008年のきょうスイレンボク> 2007年のきょうエアーポテト> 2006年のきょうフユノハナワラビ> 2005年のきょうムサシアブミ> 2004年のきょうセンリョウ

|

« 11月17日(月) クスドイゲ | トップページ | 番外編 : コスモス畑のオオスズメバチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月17日(月) クスドイゲ | トップページ | 番外編 : コスモス畑のオオスズメバチ »