« 11月11日(火) ウワミズザクラ | トップページ | 11月13日(木) アベマキ(とクヌギ) »

11月12日(水) メガルカヤ

141112megarukayaものがたくさんあればうれしいというのは戦中戦後派の特徴で、もの余りの当節、豊かに育った若者には笑われそうです。それがたとえばありふれた野の草でも、こうして一面を埋め尽くした景色を見ると、ほのぼのと幸福感が湧いてくるのです。
メガルカヤは今回も含めて三度登場していて、そのなかではこの写真が最も早い時期の姿です。ということは、少なくても2カ月は野原をこうして飾ってくれるわけで、萱が生活資材ではなくなった現代でも、十分に大切な草ではあります。
それにしても、こんな好天に恵まれた日に限って、オガルカヤに出会うことがないのが不思議です。これはもう、縁というものを通り越して絶対数の違いに思えてきました。カマキリではあるまいに、雄は萱の世界でもはかない存在なのでしょうか。

2013年のきょうゴクラクチョウカ> 2012年のきょうバクチノキ> 2011年のきょうセイヨウニンジンボク> 2010年のきょうアコニット(セイヨウトリカブト)> 2009年のきょうヤブムラサキ> 2008年のきょうカキ(品種不明) > 2007年のきょうイチゴノキ> 2006年のきょうケンポナシ> 2005年のきょうハマギク> 2004年のきょうセイヨウアサガオ

|

« 11月11日(火) ウワミズザクラ | トップページ | 11月13日(木) アベマキ(とクヌギ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月11日(火) ウワミズザクラ | トップページ | 11月13日(木) アベマキ(とクヌギ) »