« 10月14日(火) キミノクロガネモチ | トップページ | 10月16日(木) ヒメザクロ »

10月15日(水) マルバルコウ(マルバルコウソウ)

141015marubarukou双葉のときは朝顔と間違えるような深い裂け目がある葉なのに、成長するとこのようなハート形になります。花壇に朝顔が芽を出したと思って喜んでいると、秋になって肩透かしを食い、抜くに抜けず、苦笑いすることになります。
いったん大きく育つと、その辺の草木に覆い被さるほどの勢いがあります。この場所も、もともとあったのはなんの草だったか忘却の彼方で、いまはもう完全に覆われてマルバルコウの土台と化していました。
かなり強いオレンジ色をそれほど嫌らしく感じないのは、花の中心が淡くボカシになっているからでしょう。花びらが落ちたあとに残った長い花柱が、陽射しを受けると白く輝いて、マルバルコウ独特の楽しい景色を作り出しています。

<補注> これまでこれをマルバルコウソウと呼んでいました。しかし、正式和名はマルバルコウだったので、過去記事を含め、表記を統一します。

2013年のきょうワレモコウ> 2012年のきょうテイカカズラ> 2011年のきょうトウネズミモチ> 2010年のきょうオオオナモミ> 2009年のきょうシロホトトギス> 2008年のきょうツルシキミ> 2007年のきょうオオベンケイソウ> 2006年のきょうクズ> 2005年のきょうシュウメイギク> 2004年のきょうノブドウ

|

« 10月14日(火) キミノクロガネモチ | トップページ | 10月16日(木) ヒメザクロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月14日(火) キミノクロガネモチ | トップページ | 10月16日(木) ヒメザクロ »