« 9月13日(土) キササゲ | トップページ | 9月15日(月) ミツバウツギ »

9月14日(日) ツリガネニンジン

140914turiganeninjin1前に取り上げたツリガネニンジンの写真が、この草を理解するにはかなり不足のあるものだったので、今回はその補足です。
まずはツリガネニンジンの特徴である長く突き出た雌シベです。前回は時期的に少し早かったせいか花筒が開いておらず、当然に雌シベも見えていませんでした。今回はその雌シベがこんなに盛大にのび出しています。
初めは棍棒のように先が丸まっていて、それがあとから3つに割れます。これだけ雌シベに飛び出された雄シベは、意気地なく花筒の奥に隠れています。
140914turiganeninjin2さてもう一点の補足は葉です。長くのびた茎の上部に花がつくせいで、せっかくの特徴的な葉(鋭い鋸歯、輪生、葉柄なし)を花と一緒に写すのは少し難儀です。
ただ、花の重みで茎は倒れやすく、おかげで横長画面でもどうにかツーショットができました。「よしよし」と満足しながら、そのあとで「どうにもまとまりのない草だよねえ」と毒づいていたなんてことは内緒です。

<補注> 「まとまりのない草」という印象は、知床でツリガネニンジンの群生を見たことで、少しばかり変わりました。(2015年9月9日、リンク先の記事最下部に収録)

2013年のきょうサルトリイバラ(サンキライ)> 2012年のきょうオオエノコログサ> 2011年のきょうアメリカアサガオ> 2010年のきょうトウテイラン> 2009年のきょうコヤブラン> 2008年のきょうフユイチゴ> 2007年のきょうノアサガオ> 2006年のきょうガマズミ> 2005年のきょうニラ> 2004年のきょうハナツクバネウツギ

|

« 9月13日(土) キササゲ | トップページ | 9月15日(月) ミツバウツギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月13日(土) キササゲ | トップページ | 9月15日(月) ミツバウツギ »