« 8月3日(日) アオヤギソウ | トップページ | 8月5日(火) シシガシラ »

8月4日(月) ヤマブドウ

140804yamabudou1生り物好きのはた衛門にとって、どうしても会いたかったヤマブドウです。仲間(同科同属)のエビヅルに遅れること6年、ようやく憧れの君との邂逅です。
思ったよりも実の房はあちこちにぶら下がっていたものの、ついた実は疎(まば)らで小さく、なかには一粒・二粒だけという房(?)もあります。やはり、食用に改良されたブドウとはかなり様相が異なります。
140804yamabudou2さて、ヤマブドウであることを確認するため、葉を裏返します。比較するエビヅルほど毛がモジャモジャではなく、かつ、エビヅルのそこが白い(金色っぽい)のに比べ、明らかに紫色を呈しています。
140804yamabudou3もちろん、実を一粒いただいてみました。時期的に、あまりに早すぎる試食であることは承知であっても、食感や味がスグリとそっくりだったのが意外でした。
さて、これはヤマブドウ特有の現象なのか、それともふつうのブドウ(ヨーロッパブドウ)も今ごろはこんな味なのか、ちょっと興味ある宿題ができました。

<追記> 近所のブドウ棚に下がったまだ青い実を一つだけ試食してみました。歯触りにはスグリのようなシャキシャキ感はなく柔らかめだったものの、この時期(紫に色づき始めた実もあり)でも酸っぱさはヤマブドウと同じでした。(2014年8月11日)

2013年のきょうユキザサ> 2012年のきょう矮性サルスベリ> 2011年のきょうハクウンボク> 2010年のきょうキキョウ> 2009年のきょうサギソウ> 2008年のきょうハマゴウ> 2007年のきょうナツハゼ> 2006年のきょうセンノウ> 2005年のきょうブルーベリー> 2004年のきょうタラノキ

|

« 8月3日(日) アオヤギソウ | トップページ | 8月5日(火) シシガシラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月3日(日) アオヤギソウ | トップページ | 8月5日(火) シシガシラ »