« 8月17日(日) ショウジョウソウ | トップページ | 8月19日(火) キレンゲショウマ »

8月18日(月) イロハモミジとオオモミジ

140818irohamamijiイロハモミジとオオモミジ、いったんは見分けを極めたかのようにエラそうなことを書いたくせに、まだまだ不安でなりません。なにかハッキリした差がないものかと、目立ち始めた翼果に目をつけてみました。
140818oomomiji1枚目写真がイロハモミジで、2枚目がオオモミジです。図鑑によってはイロハモミジの翼が180度近く開き、オオモミジはブーメラン型になるとあるものの、2枚の写真を比べる限り、その角度はほとんど一緒に見えてしまいます。
ところが、その翼果の付き方には、ワタシのボンクラ眼(まなこ)にもわかるほどの明確な違いがありました。イロハモミジの翼果は葉に被さるようにつき、オオモミジは見るからにブラブラと葉の下側に垂れるのです。
おまけにもう一点のだめ押しです。先の記事では葉と鋸歯の大きさを比べる見方をしました。そこをさらに正確に言えば、単鋸歯(オオモミジ)と重鋸歯(イロハモミジ)の違いになるわけです。小さな刻みが規則正しく並ぶオオモミジ(単鋸歯)に対し、大きな鋸歯のなかに小刻みに鋸歯が入る(重鋸歯)のがイロハモミジの持ち味です。

2013年のきょうヨウシュヤマゴボウ> 2012年のきょうサイカチ> 2011年のきょうライラック(ムラサキハシドイ)> 2010年のきょうオオチドメ> 2009年のきょうサルスベリ(シロバナサルスベリ)> 2008年のきょうキカラスウリ(雌株)> 2007年のきょうクルマユリ> 2006年のきょうゲンペイカズラ> 2005年のきょうカラタチ> 2004年のきょうコリウス

|

« 8月17日(日) ショウジョウソウ | トップページ | 8月19日(火) キレンゲショウマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月17日(日) ショウジョウソウ | トップページ | 8月19日(火) キレンゲショウマ »