« 7月6日(日) バイケイソウ | トップページ | 7月8日(火) アカバナシモツケソウ(アカバナシモツケ) »

7月7日(月) ザイフリボク(とジューンベリー)

140707zaihuriboku1洋物のジューンベリー類と在来のザイフリボクの区別を学習中です。先月初旬、まさに名前どおりに「6月の果実」であるジューンベリーの様子をとらえました。
それに遅れること1カ月、よく似た実が鈴なりの木(↑)を撮影しました。一見完熟と思える黒紫色の粒を食べても甘さが足りず、まだトロリとしきれない若い味です。もっと先に、これが白く粉をふいたようになってからが食べ頃なのでした。
140707jb1さて、こちら(↑)は件(くだん)のジューンベリーの現在の姿です。実が一粒もなくなっていました。ほとんどは人間が届かない高さにあったので、鳥が食べ尽くしたか自然に落ちたか、いずれ6月のうちには「完売状態」になったようです。
つまり、7月以降に実があればザイフリボク、なければジューンベリーというのがごく大雑把な見分け方と言えます。

もっともこれではほかの季節には困るわけで、できれば葉で区別できないかな…と撮り比べたのが下の2枚(上:ザイフリボク、下:ジューンベリー)です。解説サイトには「ジューンベリーは重鋸歯」としているものもあり、それほどの特徴なら見分けやすいと期待したのですが、自分がサンプルにした両者にはあまり違いがありません。強いて言えば、ザイフリボクの鋸歯の方がやや細やかというくらいです。
140707zaihuriboku2
140707jb2もちろん、ジューンベリーのなかにたくさんの種類があることは考えに入れなければなりませんが、どうやら葉は絶対的な見分けポイントとはならないようです。
あとは春の花があり、これは花柱の作りがだいぶ違うようです。ザイフリボクの花は一度とらえていますが、まだ接写が不足だし、ジューンベリーは残念ながら未だ花を写したことがありません。来春はぜひとも両者の白い花に肉薄したいものです。

<補注> ジューンベリーの花はこちらです。(2015年4月11日)

2013年のきょうアマドコロ> 2012年のきょうゴマギ> 2011年のきょうヤマユリ> 2010年のきょうタケニグサ> 2009年のきょうトモエソウ> 2008年のきょうラベンダーセージ> 2007年のきょうシャシャンボ> 2006年のきょうナス> 2005年のきょうチヂミザサ> 2004年のきょうシャグマユリ

|

« 7月6日(日) バイケイソウ | トップページ | 7月8日(火) アカバナシモツケソウ(アカバナシモツケ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月6日(日) バイケイソウ | トップページ | 7月8日(火) アカバナシモツケソウ(アカバナシモツケ) »