« 7月2日(水) オゼコウホネ | トップページ | 7月4日(金) ヒメアガパンサス »

7月3日(木) ヨコグラノキ

140703yokoguranoki独特な名前で記憶には止めやすいのですが、その存在が稀すぎるので、せっかくの知識を生かしにくいという皮肉な木です。
この「変な」名前をつけたのは例によって牧野博士で、自分の図鑑で「高知県横倉山に自分が最初に採集し(たのでこう名づけ)たが、後に産地は方々で見付かった」と少し残念そうに述べています。(カッコ中は引用略)
同じクロウメモドキ科なので、花はネコノチチを思い出させます。また、片側に2枚連続するコクサギ型の葉の付き方も両者は同じです。
ただし、葉の先が極端に尖るネコノチチに比べ、ヨコグラノキのそこはごくノーマルだし、逆に葉柄や若い枝に赤みを呈するヨコグラノキに対し、ネコノチチにはそんな特徴がないという差があって、両者を混同することはなさそうです。
一方で、実の形やその色が変化していく具合は二つがよく似ているらしいので、写真の木を季節ごとに追いかける楽しみができました。

<補注1> 文中ではネコノチチとだけ比較しましたが、分類的にはクマヤナギの方がむしろ近縁となるようです。
<補注2> 別の場所で、たくさんの赤い実をつけてたヨコグラノキを見つけました。(2014年7月25日)

2013年のきょうエゾミソハギ> 2012年のきょうアマチャ> 2011年のきょうシロザ> 2010年のきょうストケシア(ルリギク)> 2009年のきょうタマザキクサフジ(ツルレンゲ、クラウンベッチ)> 2008年のきょうウツボグサ> 2007年のきょうイタチハギ> 2006年のきょうオカトラノオ> 2005年のきょうボタンクサギ> 2004年のきょうユズリハ

|

« 7月2日(水) オゼコウホネ | トップページ | 7月4日(金) ヒメアガパンサス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月2日(水) オゼコウホネ | トップページ | 7月4日(金) ヒメアガパンサス »