« 7月20日(日) ヤマシャクヤク | トップページ | 番外編 : 勘(缶?)違い »

7月21日(月) オガタマノキ

140721ogatamanoki春の可憐な花と冬のグロテスクな実とが自分のなかでつながらないでいましたが、その変化過程が少しだけ見えてきました。
ボコボコ・ゴツゴツとした実(袋果)は、その出っ張りの数だけの花からできたのではなく、一輪の花が産んだ子供たちらしいのです。直径4cmくらいの小さな花なのに、受粉後にはその基部がどんどんのびて膨らんで、こんな姿になるようです。
これからこの実は赤く色づくみたいだし、花が終わったあとに基部が膨らみ始める姿もぜひ確認したいものです。

2013年のきょうセンコウハナビ(ハマエンサス、ハマエンサス・ムルティフロールス)> 2012年のきょうノウゼンカズラ> 2011年のきょうサンタンカ(イクソラ・シネンシス)> 2010年のきょうジャノヒゲ(リュウノヒゲ)> 2009年のきょうエンジュ> 2008年のきょうチングルマ> 2007年のきょうツボサンゴ・パレスパープル> 2006年のきょうシロネ> 2005年のきょうハナヅルソウ> 2004年のきょうアカメガシワ

|

« 7月20日(日) ヤマシャクヤク | トップページ | 番外編 : 勘(缶?)違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月20日(日) ヤマシャクヤク | トップページ | 番外編 : 勘(缶?)違い »