« 7月18日(金) タイマツバナ(モナルダ、ベルガモット) | トップページ | 7月20日(日) ヤマシャクヤク »

7月19日(土) ヒペリカム・ヒドコート

140719hypericum_h運良く、先日、キンシバイを撮ることができたので、欲が出ました。ビヨウヤナギとキンシバイ、それにヒペリカム・ヒドコートを加え、オトギリソウ科オトギリソウ属の代表的な3種を1シーズンのうちに比べてみようというわけです。
この撮影順も、結果的には幸運でした。ビヨウヤナギの花はもう無残な姿だし、キンシバイも平地ではもう花が終わっているのに対し、ヒペリカム・ヒドコートの花はまだまだきれいなものです。決してきのう・きょうの涼しさのおかげではなく、秋になっても花を見かけた記憶があるほど、ヒペリカム・ヒドコートの花期は長いのです。
その花は、母種(ヒペリカム・ヒドコートはキンシバイの園芸品種)のキンシバイとかなり似ています。しかし、見慣れると違いは歴然で、サイズがキンシバイよりも一回り大きく、その花びらがお皿のように開くのです。これに比べると、キンシバイの花はあくまでカップ型を保つので、サイズの絶対値が違う以上に小さく見えてしまいます。
もう一つのわかりやすい違いが葉の付き方です。対生の葉が、まるで飛行機の羽のように水平に並ぶキンシバイに対し、ヒペリカム・ヒドコートはビヨウヤナギと同じで枝ののびと直角方向に開きます。さらに十字対生(向き合った2枚の葉が、次々に90度ずつ向きを変えて並ぶ)であることもビヨウヤナギと同じです。
顔はお母さんとそっくりなのに、体つきは伯母さん譲りなんていうお嬢さんが生まれるのは、人間界だけではなくて動植物には当たり前のことなのでしょう。

<補注> ヒペリカム類(オトギリソウ属という意味ではなく、狭義の洋種)はほかにも品種が多いのですが、まずはその代表としてヒドコートを取り上げました。

2013年のきょうアマチャヅル(雄花)> 2012年のきょうボタンクサギ> 2011年のきょうヨロイグサ> 2010年のきょうチチコグサ> 2009年のきょうメハジキ> 2008年のきょうオオツヅラフジ> 2007年のきょうチゴザサ> 2006年のきょうヤクシマハギ> 2005年のきょうコバギボウシ(斑入り種)> 2004年のきょうヒメヒオウギズイセンとミズヒキ

|

« 7月18日(金) タイマツバナ(モナルダ、ベルガモット) | トップページ | 7月20日(日) ヤマシャクヤク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月18日(金) タイマツバナ(モナルダ、ベルガモット) | トップページ | 7月20日(日) ヤマシャクヤク »