« 6月23日(月) ジャカランダ | トップページ | 6月24日(火) ギョウジャニンニク »

追加編 : クリの雌花

140623kuri1何年か前、「これがクリの雌花」と書いたのに続け、もう少しジックリとクリの木を眺め回してみました。まずは花穂の全景(↑)で、付け根の雌花が二段構造です。
140623kuri2どれどれと迫ってみると、突き出た白い棘(雌シベ・柱頭)が3本×3セットです。その下が子房で、栗の実は3個詰め合わせ(笑)が基本なのだと納得です。そして、その土台が総苞で、このイガがどんどん発達して3個の実をくるむというわけです。
栗栽培の資料によると、2枚目写真の状態が受粉機能全開だそうで、なんだか神々しく見えます。それに比べると哀れなのは雄花で、写真は自然状態の木なので命を長らえていますが、これが栗農家であれば、とっくにチョン切られているのです。おいしい栗を作るためとは言え、切られる方も可哀想だし、切る手間もすごいものです。
140623kuri3
さて、オマケの写真は雌花なしの花穂です。逆の雌花だけという花穂は見当たらず、すべからく男は子孫繁栄のための保険なのだと思い知る次第です。

|

« 6月23日(月) ジャカランダ | トップページ | 6月24日(火) ギョウジャニンニク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月23日(月) ジャカランダ | トップページ | 6月24日(火) ギョウジャニンニク »