« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

6月30日(月) タイトゴメ

140630taitogome1注意して見なければ違いがなさそうなマンネングサ類を、今年は少しだけ真面目に勉強してみることにしました。
その途中でさっそく挫(くじ)けたのがこのタイトゴメで、かつて都内の花壇の隅で見つけて、そのときはタイトゴメだと思ったものが、どうも違うものに見えてきたのです。その正体調べはさておき、正真正銘のタイトゴメを見る必要が出てきました。
そこで、手っ取り早く沼津の海岸に出かけてみました。鑑識眼に不足があっても、ここにあれば状況証拠的にタイトゴメである可能性が大です。そして思惑どおり黄色いカーペットがありました。ツルマンネングサやメキシコマンネングサ、あるいはオウシュウマンネングサの花はもう終わっているのに、タイトゴメの花期はずっと長めでした。
140630taitogome2米粒に見立てられた葉は長さが6~7mmあって、生のお米というよりも、炊いてツヤツヤ光るご飯粒を思わせます。
さて、こうしてマンネングサ類の主要な一角を確かめてみると、前にオウシュウマンネングサとして掲載したもののなかにも、タイトゴメとかなり見分けにくいものがあることに気づきました。別名がヨーロッパタイトゴメですから、素人が判別に悩んでも不思議ではないのでしょうが、まだまだマンネングサ類との格闘は続きそうです。

<補注> かつての「タイトゴメ」の記事はそのまま生かし、写真だけ、今回撮影したもののなかから別バージョンを選び、それと差し替えておきました。

2013年のきょうクマヤナギ> 2012年のきょうタチアオイ> 2011年のきょうネコノチチ> 2010年のきょうフタリシズカ> 2009年のきょうボリジ> 2008年のきょうモミジバゼラニウム> 2007年のきょうハマカンザシ> 2006年のきょうブーゲンビリア> 2005年のきょうセイヨウノコギリソウ> 2004年のきょうヒョウタン

| | コメント (0)

6月29日(日) カンボク

140629kanboku春遅くに純白の集合花をつけ、秋には黄色くなりかけた葉を背景にして真っ赤な実が輝きます。その白と赤をつなぐ緑(若い実)をとらえてみました。
完熟するとほぼ球形になるはずの実が、まだラグビーボールを思わせるほどにスマートで、先端には花柱の残骸がまだはっきりと認められます。
縦寸はもう完熟時と変わらないので、これから3カ月ほどかけてゆっくりとお腹周りに貫禄を蓄え、色みを変化させていくわけです。そうしてこれ見よがしにおいしそうになった実が、鳥さえ食べない酷い味(トリクワズという地方名もあり)とは、造物主もたまには意地悪なことをしてみたくなるのでしょうか。

2013年のきょうイトラン> 2012年のきょうソテツ> 2011年のきょうウリカエデ> 2010年のきょうカワラナデシコ> 2009年のきょうイブキトラノオ> 2008年のきょうチガヤ> 2007年のきょうチューリップポピー> 2006年のきょうノカンゾウ> 2005年のきょうボケ> 2004年のきょうボタンクサギ

| | コメント (0)

6月28日(土) ホソイ

140628hosoiホソイという名前は、細井さんを呼び捨てにするようで気が引けますが、細井ではなく細藺なので悪しからず…。
写真にしてみると、20日ほど前に載せたイ(藺草)と変わらなく見えます。しかし、草丈も茎の太さも、イの半分(か、せいぜい3/4)くらいなので、実物に接したときのスケール感が明らかに違います。
ホソイについていろいろ調べても、その利用法が見つかりません。ホソイとセットでお笑いコンビみたいな名前のフトイは寝ゴザに使われることはあるそうなのに、丈が足らなくて筋がキツイので、ホソイはその手の利用に向かないのでしょう。

2013年のきょうケンポナシ> 2012年のきょうキケマン> 2011年のきょうクサキョウチクトウ(オイランソウ)> 2010年のきょうカジノキ(雌株)> 2009年のきょうオオバオオヤマレンゲ> 2008年のきょうカタクリ> 2007年のきょうナツハゼ> 2006年のきょうキンレンカ> 2005年のきょうミズキ> 2004年のきょうラベンダー

| | コメント (0)

6月27日(金) キリ

140627kiriヒマワリの開花前と間違えそうですが、実生1年(か2年)目のキリです。桐の字を見れば「木と同じ」、つまり桐は草だという理解も生まれ、それを裏付ける姿です。
その生長の速さを支えるため、一枚一枚の葉を巨大化させる理屈は前の年に触れたばかりです。あの若木はすでにワタシの背丈ほどもあったのに対し、今回撮影のものはまだ腰ほどもありません。そのせいか、葉のサイズはまだ20~30cmです。
実生したものが年ごとにどれだけの高さになり、葉は何年目が最大になるのか、手元で観察したい気もしますが、桐の木は5~6年目で1本が4坪(畳8枚)の広さを必要とするそうです。箪笥にするころにはその3倍近くの広さが必要になるので、生まれた娘のために桐を植えられる環境こそがすでに絶滅危惧種(?)です。

2013年のきょうアフリカナガバモウセンゴケ> 2012年のきょうウオトリギ> 2011年のきょうシチダンカ> 2010年のきょうヒメコウゾ> 2009年のきょうムラサキセンダイハギ> 2008年のきょうウチワサボテン> 2007年のきょうクマツヅラ> 2006年のきょうカリフォルニアローズ> 2005年のきょうタイマツバナ> 2004年のきょうヤブカンゾウ

| | コメント (0)

6月26日(木) コウホネ

140626kouhone11ラッキーということはあるもので、コウホネの水中部の水槽展示を見つけました。これまでに、池とか大きな川の岸でその根を確かめるチャンスはありながら、どうにも泥のなかに踏み込む勇気がなくて諦めていた画像です。
水中に露出したままなので緑の苔がついていますが、もしこれが根茎の先端部からのび出した走出枝と同じ色合いであれば、名前どおり骨と間違えそうです。
140626kouhone21そんな薄気味悪い画像だけでは後味が悪いので、花も写しておきました。うまい具合に手前の花びらの裏側が緑色であることがわかります。つまり、これは萼であり、本当の意味の花びらは花のなかに見えるたくさんの短冊状の黄色いヒラヒラです。
また、褐色がかった柱頭(雌シベ)の周りにあるのが雄シベです。まるで黄色い噴水のようなこの花の造形は、その根茎部の不気味さに劣らず印象に残ります。

2013年のきょうハマナス> 2012年のきょうアカツメクサ> 2011年のきょうウチワサボテン> 2010年のきょうイヌウメモドキ(雄株)> 2009年のきょうシコタンソウ> 2008年のきょうヒメカイウ> 2007年のきょうカクテル(つるバラ)> 2006年のきょうヤポンノキ> 2005年のきょうガクアジサイ> 2004年のきょうモッコク

| | コメント (0)

6月25日(水) アメリカデイゴ(カイコウズ)

140625kaikouzu1ジャングルで怪鳥に食べられそうになりました…というおバカを言ってみたくなるアメリカディゴの花です。花というのはつくづく不思議な器官で、よくもまあいろいろと、その草木に特有の形質を備えているものです。
140625kaikouzu2ちょっと怪鳥の横顔もとらえてみました。しまった! マジックペンでも持っていれば、お目々を書き込んであげられたのに…。
それにしても美しい赤です。暑苦しく思いがちな赤という色ですが、緑の葉を背景にこの花が咲き乱れる景色は、気温のことなど忘れさせるインパクトがあります。

2013年のきょうキバナダンドクとダンドク> 2012年のきょうキョウチクトウ(白八重)> 2011年のきょうモミジイチゴ> 2010年のきょうウメモドキ(雄株)> 2009年のきょうナツユキカズラ> 2008年のきょうハナイカダ> 2007年のきょうイソトマ・アネシフォリア> 2006年のきょうベニバナ> 2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうハマナス

| | コメント (0)

6月24日(火) ギョウジャニンニク

140624gyoujaninniku暗がりのなかでギョウジャニンニクが種をつけていました。ダメモトでシャッターを押したわりには、つぶらな黒い瞳にうまくピントが合っていてニンマリです。
そして、写真を眺めてつくづく思うのは自然のものの用心深さです。同じ穂についた実ですから、完熟までにそんな時間差はできないはずなのに、黒い瞳もあればまだまだ緑の皮が厚いのもあり、その中間で皮が割れかけているのも見えています。
そう言えば、こうしてできる種も、草木の種類によっては、翌年芽吹くもの、翌々年芽吹くもの、そのまた次の年用と役割があるのだそうです。
いつも穏やかな日々であるわけがないという前提で生きる…そんな草木の姿勢にもっと学ぶべきなのに、きょうもお気楽人生のはた衛門であります。

2013年のきょうニッサボク> 2012年のきょうオオバノトンボソウ> 2011年のきょうギシギシ> 2010年のきょうモミジイチゴ> 2009年のきょうレッドロビン> 2008年のきょうフタリシズカ> 2007年のきょうアメリカデイゴ> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウバクチノキ> 2004年のきょうアカツメクサ

| | コメント (0)

追加編 : クリの雌花

140623kuri1何年か前、「これがクリの雌花」と書いたのですが、もう少しジックリとクリの木を眺め回してみました。まずは花穂の全景(↑)ですが、付け根の雌花が二段構造です。
140623kuri2どれどれと迫ってみると、突き出た白い棘(雌シベ・柱頭)が3本×3セットです。その下が子房で、栗の実は3個詰め合わせ(笑)が基本なのだと納得です。そして、その土台が総苞で、このイガがどんどん発達して3個の実をくるむというわけです。
栗栽培の資料によると、2枚目写真の状態が受粉機能全開だそうで、なんだか神々しく見えます。それに比べると哀れなのは雄花で、写真は自然状態の木なので命を長らえていますが、これが栗農家であれば、とっくにチョン切られているのです。おいしい栗を作るためとは言え、切られる方も可哀想だし、切る手間もすごいものです。
140623kuri3
さて、オマケの写真は雌花なしの花穂です。逆の雌花だけという花穂は見当たらず、すべからく男は子孫繁栄のための保険なのだと思い知る次第です。

| | コメント (0)

6月23日(月) ジャカランダ

140623jacaranda1先月の末には開花情報が出て、花期は20日ほどだというので、間に合うか不安に思いながら来てみたものの、まだまだ花は見ごろでした。この分では、今月いっぱいはこの青い花が楽しめそうです。
熱海市はこの木を街の新しいシンボルにしたいようで、今どき流行らない「お宮の松」の周りをジャカランダ遊歩道として再整備していました。まだ人の背にも満たない若木がたくさん植えられていて、撮影にはとても便利です。
140623jacaranda2もちろん、1枚目写真は小さな若木ではなく、そこから伊豆方向へ少し歩いた親水公園前の古い(大きな)木です。ここは立派な並木になっていて見事な眺めです。
140623jacaranda3その貫禄ある木に去年の実が残っていました。花も大ぶりですが、実はさらに大型です。落ちていたら、1個頂戴して実生を試してみたかったのに、残念ながら歩道の掃除は行き届いていました。さすが観光地・熱海です(涙)。

2013年のきょうタイマツバナ(モナルダ、ベルガモット)> 2012年のきょうヒメシャラ> 2011年のきょうビワ> 2010年のきょうネズミモチ> 2009年のきょうエーデルワイス> 2008年のきょうオオバナウツボグサ> 2007年のきょうホザキシモツケ> 2006年のきょうシュッコンカスミソウ> 2005年のきょうキョウチクトウ> 2004年のきょうヨウシュヤマゴボウ

| | コメント (0)

6月22日(日) ホタルイ

140622hotarui1なぜこれをホタルイと呼ぶかハッキリしないのだそうですが、あるかなきかの細い茎についた小穂が儚(はかな)くて、自分としてはこの見かけがそのまま夏の夕闇を飛び交う蛍に見えるではないかと、一人で納得しています。
ほかのホタルイ属の仲間(カンガレイサンカクイアブラガヤフトイなど)と比べると、その姿は明らかに華奢です。水辺を好むのはこれらの仲間と共通ですが、ここへの掲載が一番遅くなったのは、その目立ちにくさが原因だと思います。
140622hotarui2さて、勝手に蛍に見立てた小穂です。茎も華奢なら小穂も地味です。まだ開ききらない時期ではありましたが、「開花」してもここから白い糸(雌シベ)がのびるだけです。
しかし、その糸の数が類似種(イヌホタルイ・未収録)との見分けポイントだそうで、きょうの段階では暫定ホタルイとして、後日の再撮影を期すことにします。

2013年のきょうジャボチカバ(キブドウ)> 2012年のきょうアマリリス> 2011年のきょうスカシユリ> 2010年のきょうハグマノキ> 2009年のきょうシチダンカ> 2008年のきょうメグスリノキ> 2007年のきょうキキョウソウ> 2006年のきょうゴウダソウ> 2005年のきょうスカシユリ> 2004年のきょうヤマモモ

| | コメント (0)

6月21日(土) ホソバタイサンボク

140621hosobataisanbokuホソバタイサンボクが花をつけていました。木はふつうのタイサンボクと変わりなく大きくなるので、花を裏から見上げるしかなかったのですが、おかげで花びらのなかに散った雄シベが影絵のようで、お気に入りの一枚が撮れました。
もちろん、細めの葉を写し込むのも忘れませんでしたが、この写真では思わぬ収穫もありました。それはタイサンボク(「ふつう」も細葉も)の花の構造の確認です。
タイサンボクの花は、この純白の大きな花びらが3輪生×3段で9枚あります。しかし、こうして裏から見ると、最下段は花びらではなく萼であることがわかります。
萼であろうが花びらであろうが、きれいであることに変わりはなくても、こんな小ネタを確認してはニタニタするのが正しい草木の道なのです(笑)。

2013年のきょうドイツスズラン> 2012年のきょうヤマコウバシ> 2011年のきょうマルバチシャノキ> 2010年のきょうロベリア(瑠璃蝶草)> 2009年のきょうコアジサイ> 2008年のきょうクリンソウ> 2007年のきょうイトバハルシャギク> 2006年のきょうツキヌキニンドウ> 2005年のきょうアンズ> 2004年のきょうハンゲショウ

| | コメント (0)

番外編 : 顕微鏡とアルブカ

140620kenbikyou1例のアルブカ・スピラリスが莢(実)をたくさん落としてくれました。そこから種を取り出そうと割ってみたのですが、どれが種なのか、肉眼ではさっぱりわかりません。
仕方ないので顕微鏡を買いました。子供のときから欲しいものではあったのですが、あのころの顕微鏡は気軽に親にせがんだり子供が自分で買える代物ではありませんでした。もちろん、今でも本格的なものはとんでもないお値段ではあります。
140620kenbikyou2ところが、いい時代になったものです。この「Kenko 顕微鏡」、送料込みで1,427円という驚異の値段(Amazon)でした。で、オモチャかというとさにあらず、1枚目写真の縦線の間隔は1mmです。自分の皮膚を覗いて、けっこうビビったりできます(笑)。

さて、話はそこに写った塩粒みたいなものです。アルブカの莢から出た物体のなかでは、ちょっと異質でした。もしかしてこれが種かとカッターの刃を当てると、脆(もろ)くも潰れて粉々になってしまいました。
がっかりしつつ調べたら、アルブカの種は真っ黒のハート型で、大きさは2~3mmはありました。どうやら、今年のウチのアルブカは不稔だったようです。
先日、無理に花を開いた写真では、雌シベが受粉しているように見えたのですが、どうも訪花昆虫はなかったし、あのとき、徹底的に花粉をまぶしてやるべきでした。
ただ、アルブカのいくつかの種類は自家受粉しないそうですが、スピラリスはよく結実するという記述が目立ちます。それはもしかすると、園芸開発されたフリズルシズルではなく、在来のスピラリスのことかと思います。
とにかく、ウチのアルブカ・スピラリス 'フリズルシズル'の場合、今年はまったく結実しませんでした。こうなると、バルブをうまく夏越しさせられるかどうかが真剣な話になってきます。やれやれ、難儀なクルクルを背負い込んでしまったものです。

| | コメント (0)

6月20日(金) ハンゲショウ

140620hangesyou1そろそろ暦の上の半夏生(7月初め)も近づいてきて、水辺のハンゲショウも見頃を迎えてきました。あまり変わり映えのしない写真になるのはわかっているのに、今ごろになると、ついレンズを向けてしまいます。
140620hangesyou2葉が半分白くなるのはマタタビと同じでも、白い花穂が垂れ下がる分、ハンゲショウの群生の方がずっと賑やかです。
そんな言い訳を考えながら、ここに載せる写真を選んでいたら、まだハンゲショウの実を見ていないことに気づきました。まさか花が咲くだけということはなく、この穂に実が並ぶはずですが、情けないことにまったくノーマークでした。
そのころは葉も再び緑一色に戻り、目立ちにくくはなるのです。しかし、そんなことは実を忘れていた理由になりません。秋口には汚名を濯(そそ)ぎたいものです。

<補注> 汚名を半分くらい濯げたシーンがこちらです。(2014年9月12日)

2013年のきょうサントリナ> 2012年のきょうサボテン(ノトカクタス・品種名不明)> 2011年のきょうカワラマツバ> 2010年のきょうヤブムラサキ> 2009年のきょうアジサイ(渦紫陽花) > 2008年のきょうササユリ> 2007年のきょうクロバナフウロ> 2006年のきょうマリアアザミ> 2005年のきょうムラサキシキブ> 2004年のきょうアガパンサス

| | コメント (0)

6月19日(木) ムクロジ

140619mukuroji_mムクロジ好きのわりには、その花が初登場です。だいたいが大きな木なので、もっとググンと迫れる望遠レンズが欲しくなりますが、どうにか花はとらえられました。
ただ、ファインダーを覗くまでもなく、見えているのはすべて雄花とわかります。ムクロジは雌雄同株の雌雄異花なので、どこかに花柱がドンと突き出た雌花があるはずなのに、どこにもそれらしい花が見当たりません。
やっきになって、心当たりの場所を3カ所回ったのに、みんな同じでした。チラリと頭をかすめたのは雌雄異熟のことです。ムクロジの雌花を見るためには、もう少し日にちを置かなくてはならないかなと諦めかけました。
140619mukuroji_fところが、最後に訪ねた場所のムクロジ(↑)は雌花だらけ(雄花皆無)でした。
撮影は前後2日間だし、場所も志木やその周辺なのに、雄花ばかりと雌花ばかりの木が同時に存在することになります。つまり、木によってどちらの性が先に熟すのかが分かれるとしか考えられません。さすがムクロジ、花も一筋縄ではいきません。

2013年のきょうササユリ> 2012年のきょうガクアジサイ> 2011年のきょうナナミノキ(雌株)> 2010年のきょうキョウガノコ> 2009年のきょうエゾヘビイチゴ> 2008年のきょうミヤマウグイスカグラ> 2007年のきょうイチヤクソウ> 2006年のきょうサクラ(染井吉野)> 2005年のきょうコムラサキ> 2004年のきょうコムラサキ

| | コメント (2)

追加編 : クロジクアジサイ

140618kurojiku1「花に眼が眩んでは、この品種の良さがわかりにくい」などと強がりを言ったくせに、やっぱり花なしアジサイのままでは収められませんでした。蕾もなかったときには直立気味で勇ましかった茎がみんな傾いて、いかにも花どきのアジサイです。
140618kurojiku2あまりにも「ふつう」の花だったので、「やはりこのアジサイは茎でしょう」とばかりに株元を写してみました。黒軸とふつうの枝の境目です。
若いときは突っ張っていたのに、このごろはすっかり落ち着いて…なんていうのは、別に人間だけではなかったのかと微笑ましくなります。

| | コメント (0)

6月18日(水) ワタナベソウ

140618watanabesou渡辺さんですか、お名前はかねがね…という感じで、山野草展示会の鉢植えをありがたく撮らせていただきました。
そんな事情で、背景をできるだけボカシたのですが、帰宅してワタナベソウのことを調べたら、根元の葉が深く切れ込んでいるのが類似種であるヤワタソウとの見分けポイントとあります。うるさい背景をうまく処理できたと思ったのに、裏目でした。
四国や九州の深山に育つ希少種だそうで、自生のもので撮り直しを目論むのはかなりの無理があります。できれば、次はワタナベソウとヤワタソウをセットで並べた展示会があってほしいものです。今度こそ、姑息なボカシなど使わずに、明々白々と鉢や名札まで写し込むことにしますので…。

2013年のきょうコクテンギ> 2012年のきょうヒルザキツキミソウ> 2011年のきょうハナショウブ> 2010年のきょうテイカカズラ> 2009年のきょうクロバナロウバイ> 2008年のきょうイワタバコ> 2007年のきょうニッコウキスゲ> 2006年のきょうベニバナ> 2005年のきょうマツバギク> 2004年のきょうサルスベリ

| | コメント (0)

6月17日(火) セイヨウトチノキ(マロニエ、ウマグリ)

140617seiyoutotinoki何気なく自転車で通り過ぎようとして、急ブレーキでした。当たり前のトチノキに見えたその木の実には、トチノキにはあり得ない棘がいっぱいです。
花の時期も含めて、今まで何度かここは通っているのに、樹形や葉や花ではトチノキとの違いに気づかないというポカでした。その気で見れば、こちらは花穂がやや豊満型で、葉が小さめ(木は大きいのに)という違いがあるようです。
来春の花の撮影が楽しみですが、その前に熟したこの実を割ってみられるかどうかが課題です。じつはこの木は某小学校のもので、道路から手の届くところには実がついていませんでした。早めにここの先生とお友達になるのが最優先課題です。

<補注> 残念ながらここの先生にお友達はできず、熟した実をいただくことはできませんでした。ところが幸運なことに、春になっても樹上に残ったまま割れてなかが見える実を写すことができました。(2015年4月9日)

2013年のきょうケマンソウ(タイツリソウ)> 2012年のきょうハグマノキ(スモークツリー)> 2011年のきょうラベンダー・デンタータ> 2010年のきょうヒメジョオン> 2009年のきょうギンバイカ> 2008年のきょうアゼナルコスゲ> 2007年のきょうワラビ> 2006年のきょうローズゼラニウム> 2005年のきょうカツラ> 2004年のきょうシロタエギク

| | コメント (0)

6月16日(月) ガマ

140616gama1男盛りのガマです。ガマの穂というと、これまでは竹輪のように茶色になった姿ばかり見てきましたが、この時期はそこ(雌花部)もきれいな若緑色でした。そして、その上の雄花部分が「これでもか」というように粉を噴き出していました。
140616gama2その粉に見えるものが雄花で、花びらはなく、雄シベ(と毛)だけです。くるんでいた柔らかい薄皮(苞)を押しのけるように、黄色いマグマの出現です。
140616gama3そのマグマが噴き出す前の若い状態の穂もありました。色もサイズも雌花部とほとんど変わらないのに、雄花部だけがおくるみを纏(まと)っています。男の子が繊細で虚弱というのは人間だけかと思ったら、ガマ男子も過保護に育つのでした。

2013年のきょうサンショウ> 2012年のきょうイロマツヨイグサ(ゴデチア)> 2011年のきょうナデシコ・ソーティ(黒花ナデシコ)> 2010年のきょうイボタノキ> 2009年のきょうバイカウツギ> 2008年のきょうサンショウバラ> 2007年のきょうカンパニュラ・メディウム(フウリンソウ、ツリガネソウ)> 2006年のきょうハタザオキキョウ> 2005年のきょうバショウ> 2004年のきょうオシロイバナ

| | コメント (0)

6月15日(日) エゾアジサイ

140615ezoajisaiエゾアジサイというのは多雪地帯のものなので、志木の近辺で撮ったこれはもちろん植栽品です。ラベルが添えられていたのでそれとわかりました。調べてみると、学名上はヤマアジサイの変種という位置づけでした。
そのヤマアジサイとの見分けで頼りにすべきは葉のようで、自分で撮った写真だけで比較すると、ヤマアジサイの厳(いか)つい感じとはずいぶん違っています。まず、色合いが淡く、質も柔らかめ、そしてサイズはこちらがゆったりしています。
もちろん、涼やかな薄群青色の花もエゾアジサイの大きな特徴ですが、これはヤマアジサイも青い花をつけることがあるので、花色だけでの見分けは危険です。
などなど、つい細かいことを書き連ねましたが、どこかしらクドクドしい園芸品種とは一線を画したこの端正な佇まいには、爽やかな高原の風を感じます。

2013年のきょうベニバナ> 2012年のきょうヒメタイサンボク> 2011年のきょうノグルミ> 2010年のきょうニゲラ> 2009年のきょうヤマブキショウマ> 2008年のきょうベニバナイチヤクソウ> 2007年のきょうムラサキウマゴヤシ> 2006年のきょうハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)> 2005年のきょうシャクヤク> 2004年のきょうハキダメギク

| | コメント (0)

6月14日(土) タツナミソウ

140614tatunakisouたまたま、2本のタツナミソウがそろってこちらに背を向けて並んでいました。左の姿とは、これから寒くなるまで、ずっとおつき合いします。
この、貝殻を裏返しに合わせたようなパーツは、そのうち枯れ色になるのですが、巫女さんが持つ鈴のように形が賑やかなので、案外に目立ちます。意外だったのは、それ(萼)が花のときからまったく同じに存在していることでした。
波頭のような花に目を奪われる時期は、萼などまったく意識していなかったのです。そんな視野狭窄老人を諭すように、こうして2本並んで待っていてくれるとは、そのさりげなさに大人の風格を感じさせてくれる立浪さんなのでした。

2013年のきょうネズミモチ> 2012年のきょうウワバミソウ> 2011年のきょうラムズイヤー> 2010年のきょうヤマグワ> 2009年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2008年のきょうムクノキ> 2007年のきょうナンテンハギ> 2006年のきょうヤエドクダミ> 2005年のきょうブナ> 2004年のきょうガクアジサイ

| | コメント (0)

6月13日(金) チョウセンキハギ

140613tyousenkihagi1高い垣根を越えて、紫色が道路側にあふれ出していました。いかにも萩らしい花ではあるものの、萩にしてはずいぶん気の早い咲き出しです。
それと、葉がふつうのハギ類のイメージと違います。質がかなり硬いし、色合いも沈んでいて、萩の葉らしい軽やかさがありません。
この葉の硬さは、キハギに似ています。ただ、日本在来のキハギは花が白と紫のツートンなのに対し、この木は赤紫一色なのでチョウセンキハギになります。
140613tyousenkihagi2キハギの仲間である証明として、太く木質化した幹を写したかったのですが、よそ様の垣根の内側を盗撮(?)するのも憚られます。諦めきれずに過去のファイルを探したら、2年前に別の場所でしっかり写していました。ピンぼけでボツになっていた不良在庫品でも、たまにはこうして役に立つことがあります。

2013年のきょうゲラニウム(Jolly Bee )> 2012年のきょうヒメカジイチゴ> 2011年のきょうアカモノ> 2010年のきょうアオテンマ> 2009年のきょうヤマボウシ(紅山法師)> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうナヨクサフジ> 2006年のきょうカシワバアジサイ> 2005年のきょうウメモドキ> 2004年のきょうムクゲ

| | コメント (0)

6月12日(木) クラマゴケ

140612kuramagoke草木の名前を調べていて、なかなか得心できないときがあります。マルバアオダモのときがそうでしたが、いろいろ調べてその名前がわかったあとも、「これが丸葉?」という疑問は消えませんでした。
このクラマゴケについて言えば、これを見たことがない段階でコンテリクラマゴケを知ったものですから、たしかにいい色合いとは認めながらも、内心では「紺照とは大げさでしょうよ」と感じていたものです。
そのささやかな疑念も、このごくノーマルな若緑色をしたクラマゴケを知れば、春の淡雪のごとくに消えていきます。なるほど、草木の名付けをする先生たちは、こういう基本種を足がかりに仲間を区別していくわけです。
そんな「いろはのい」がようやく飲み込めてきた徘徊老人の目の前に、また高いバーが掛けられました。このクラマゴケには紺照さんだけにとどまらずに仲間が多く、見分けがかなり面倒らしいのです。したがって、今回のタイトルは広義のクラマゴケとしておき、その細部や他種のことはもう少しじっくりと学ぶことにします。

2013年のきょうフェイジョア> 2012年のきょうムシャリンドウ> 2011年のきょうアリウム・ギガンテウム> 2010年のきょうオオテンニンギク> 2009年のきょうニワナナカマド(チンシバイ)> 2008年のきょうシナノキ> 2007年のきょうオオマツヨイグサ> 2006年のきょうムシトリナデシコ> 2005年のきょうクリ> 2004年のきょうクチナシ

| | コメント (0)

6月11日(水) ツゲ(ホンツゲ)

140611tuge幹の直径で30cm以上、高さで5m以上はある大きなツゲです。垣根や鉢植え(盆栽)で小さくて幹の細いものしか見たことがなかったので、少し感動です。これだけの木なら、脇の枝からだけでも、立派な櫛がたくさん作れることでしょう。
ショボショボした花は春先につくので、時期ははずしてしまいました。実の一つも見つからないかと探したものの、どういうわけかまったくありません。
そんな花や実を写すには、この木は大き過ぎて不適でした。材の美しい肌理とは裏腹の、ずいぶん荒々しい樹皮をきょうのテーマとしておきます。

2013年のきょうタカノハススキ> 2012年のきょうユリノキ(斑入り種)> 2011年のきょうレンゲツツジ> 2010年のきょうウメガサソウ> 2009年のきょうナンテン> 2008年のきょうマグワ> 2007年のきょうヒョウタンボク(キンギンボク)> 2006年のきょうホオズキ> 2005年のきょうアカンサス> 2004年のきょうナツツバキ

| | コメント (2)

6月10日(火) エキノプシス・カマエセレウス(ビャクダン、ピーナツカクタス)

140610echinopsis_chamaecereus何カ所かで連続して、この輝くオレンジ色の花に会いました。今が盛りです。
それらのなかでは、この懸崖作りが一番豪華でした。もっとも、こんないい環境ではなく、ブロック塀とアスファルトの隙間でニョロニョロ・パッと生きているヤツもいたので、かなりタフな性質ではあるようです。
学名ではエキノプシス・カマエセレウス(Echinopsis chamaecereus)といい、花色は代表的なオレンジのほかに、赤・白・ピンク・黄などがあるそうです。
古くから愛好家のなかでは基本種で、その世界では「白檀」が通称です。素人はつい花に惹きつけられますが、マニアはこの白い毛に覆われた茎を愛するのです。
しかし、同じマニアでも海外の人の感性はまた別で、なんと英名ではPeanut Cactusだと言います。白檀とピーナツ、月とスッポンもビックリですが、言われてみれば茎の先がそんな風に見えてきました。イヤシンボとしてはこちらに一票です。

<補注> 一部にこれを「紐サボテン」と称しているのを見かけますが、ドラゴンフルーツなどが属するヒモサボテン属(Hylocereus)はエキノプシスとは別属になるので、適切ではないと考えています。

2013年のきょうニッサボク> 2012年のきょうヒメコバンソウ> 2011年のきょうキショウブ> 2010年のきょうアカショウマ> 2009年のきょうハタザクラ(実)> 2008年のきょうラミウム・マクラツム> 2007年のきょうオニノヤガラ> 2006年のきょうブドウ> 2005年のきょうシャグマユリ> >2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (0)

6月9日(月) シリブカガシとマテバシイ

140609siribukagasi常緑樹ではあっても、シリブカガシの更新された若葉には目を惹かれます。同属のマテバシイと雰囲気が似ていますが、見分けはそれほど悩みません。
一つはそのきれいな葉の側脈で、シリブカガシは7本前後です。マテバシイだと、これが10本以上になります。
もう一つが、花穂というか赤ちゃんドングリをつけた軸です。シリブカは、ほかのドングリをつける木と違って秋に開花するので、今は花の気配が微塵もありません。
140609matebasiiさて、こちら(↑)が引き合いに出したマテバシイです。グングンとのび出した花穂(開花まであと少し)の手前で、1年経過したドングリが、少し大きくなっています。
シリブカの赤ちゃんドングリと比べると、結実が半年違う差がよくわかります。もっとも、去年はマテバシイが秋にも花をつけていました。
そう言えば、あの秋の花を追跡観察する目論見は悲劇に終わりました。枝に印をつけておいたのに、すぐにバッサリと選定されてしまったのです。せっかく自宅近くで観察できると思ったのに、他人の持ち物をあてにしてはいけないことを学びました。

2013年のきょうアナガリス(ルリハコベ)> 2012年のきょうヒメリンゴ> 2011年のきょうキレンゲツツジ> 2010年のきょうナルコユリ> 2009年のきょうニワウルシ(雄株)> 2008年のきょうコアジサイ> 2007年のきょうノリウツギ> 2006年のきょうプリベット> 2005年のきょうサルビア・グアラニチカ> 2004年のきょうネムノキ

| | コメント (0)

6月8日(日) イ(イグサ)

140608i1自分の家の畳に花が咲いたら困るのですが、畑の藺草(いぐさ)にはこうして蕾がつくのでした。茎の途中から花が出たように見えるこの構造は、前にサンカクイなどでも学びました。正確に言えば、花の部分までが花茎で、それより上は苞なのです。
したがって、花茎部分が畳幅の分だけ長くないといけないわけで、昔、熊本で藺草畑を見たとき、肩ほどまでもボウボウとのびていたのも頷けるのでした。
140608i2花茎には髄が入っていて、これが畳の柔らかさを生みます。1.5mmほどの太さですが、編んで締めるとすれば、1枚の畳には千数百本が必要な計算になります。

さて、ふつうは藺草と呼ぶものの、標準和名は「イ」です。植物名で最短という栄誉(?)を持つ名をようやくここに収録できました。

2013年のきょうトネリコ> 2012年のきょうカラスムギ> 2011年のきょうジャーマンアイリス> 2010年のきょうカナウツギ> 2009年のきょうギンリョウソウ> 2008年のきょうアケボノフウロ> 2007年のきょうシロバナヤエウツギ> 2006年のきょうウラジロチチコグサ> 2005年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)> 2004年のきょうナンキンハゼ

| | コメント (0)

6月7日(土) ジューンベリー

140607juneberry小さな公園で見つけたジューンベリーです。ひと昔前はレア物だったこの木も、この頃はお庭に植えるお宅が増えました。しかし、撮影の自由度から言えば、やはり公共の場所にあってくれると助かります。まだ撮れないでいる桜のころの花の激写予定を、しっかりメモしておくことにします。
ただ、問題はジューンベリー類のなかの種類の見極めです。日本のザイフリボクは開花も実が熟すのもジューンベリー類より1~2カ月遅れるのが見分けポイントになるようですが、それ以外の洋物が20種類くらいあるらしいのです。
それらのなかでは、アメリカザイフリボクとセイヨウザイフリボクがメジャーなのですが、原種を掛け合わせた園芸種もあるらしく、見分けは困難です。そんなわけで、きょうの段階ではこの木のことは大雑把にジューンベリーとしておきます。

<補注> ジューンベリーの花はこちらです。(2015年4月11日)

2013年のきょうスズラン> 2012年のきょうサツキ> 2011年のきょうナナカマド> 2010年のきょうネジキ> 2009年のきょうナガバオモダカ> 2008年のきょうマルバストラム> 2007年のきょうウツギ・マギシエン> 2006年のきょうタケニグサ> 2005年のきょうヒメシャラ> 2004年のきょうオオカナダモ

| | コメント (0)

番外編 : COEDOビール

140606koedo_beer枝豆の話(きょうの本編)をしたら、ビールを出さないワケにいきません。沿線の川越にはその名も「COEDO(小江戸)」という地ビールがあるのです。
5種類あって、そのラベルだけでなくて、実際の中身の色もはっきり違います。それぞれがいろんな賞を獲得している優れものですが、一番左の「Kyara(伽羅)」は今年のワールドビアカップで銀賞に輝きました。
ほかに、ラベルと中身が赤くて目立つ「Beniaka(紅赤)」はお芋(川越は芋の産地として有名)から作られたもので、風味が豊かです。また「Siro(白)」は白濁していて、いかにも麦の汁を飲んでいるような満足感があります。
こうして5種類並べるのはちょっと贅沢なお遊びなのですが、自家栽培の枝豆が収穫できた日には、また飲み比べをしてみたいものです。

| | コメント (0)

6月6日(金) ダイズ

140606daizu1こんなささやか(直径4~5mmほど)な花だもの、夏にはさんざんお世話になってきた枝豆の「元」を知らなかった自分を責めることはないかと納得です。
今年こそ、この花を激写しようと、じつは自分で種から育てています。ところがこの写真は近くの農家の畑です。なにが悪いのか、ウチの大豆は生育が悪く、まだようやく3段目の葉(3出複葉・互生)が出たくらいなのです。
140606daizu2なんぼなんでもノロ過ぎると思ってプロの畑を視察に行ったら、なんと、すでに花は終わり、あのうれしい莢が膨らみかけていました。驚いて何カ所か回ったら、さすがにどこでもこの段階ではなく、めでたく開花シーンの畑もあったというワケです。
窓から手を差し出して摘んだものをすぐさま茹でてビールの友に…という夢があったのですが、プロとの差がここまであっては、夢は夢のままにしておきます。大豆農家の皆さん、今年もどうかよろしくお願いいたします。

2013年のきょうギョリュウバイ> 2012年のきょうノミノフスマ> 2011年のきょうサイハイラン> 2010年のきょうウスベニアオイ> 2009年のきょうナギ(雌株)> 2008年のきょうマルバダケブキ> 2007年のきょうサギゴケ> 2006年のきょうシモツケ> 2005年のきょうホタルブクロ> 2004年のきょうサンゴジュ

| | コメント (0)

6月5日(木) ビヨウヤナギ

140605biyouyanagi1ビヨウヤナギの花と言えば、その華麗な雄シベが見どころです。しかし、今回は派手な雄シベ群の中央にスックと立つ雌シベの先に注目してみました(2枚目写真)。先端が5本に割れた柱頭が、まるでカタツムリの目のようです。
140605biyouyanagi2
などと渋く決めたつもりでも、やはり雄シベは気になります。これ、いったい何本あるんだろうと数え始めたものの、すぐにギブアップし、牧野博士に頼ってみました。おっと、先生も「多数にあって」と逃げています。
うふふ、と微笑みつつ読み進んだら、「基部は五つの束になっている」とあります。あわてて自分の写真を見直したものの、柱頭にばかり気を取られていますから、雄シベの付け根はどれも鮮明ではありません。かろうじて、その気で見れば、手前の一群が付け根でまとまって束になっています。
もしかして、単純な5本の雄シベでいることには飽きたらず、我と我が身を変身させたのでしょうか。そう思うと、最近は筋トレもおろそかになりがちなワタシの眼には一層まぶしく映るビヨウヤナギなのでした。

<追記> 見かけがやや似ている(同科同属)キンシバイおよびヒペリカム・ヒドコートも収録できました。(2014年7月19日)

2013年のきょうエケベリア(サブセシリス)> 2012年のきょうウツギ> 2011年のきょうスダジイ> 2010年のきょうフレンチラベンダー> 2009年のきょうイヌビワ> 2008年のきょうノハラワスレナグサ> 2007年のきょうムラサキ> 2006年のきょうカラタネオガタマ> 2005年のきょうスイセンノウ> 2004年のきょうフィーバーフュー

| | コメント (0)

6月4日(水) ルイヨウボタン

140604ruiyoubotan_mi花との出会いも、その渋さに意表を突かれたものですが、またもやブラインドからフックを一発もらった感じで、ルイヨウボタンの実を見つけました。
ボールがティーアップされたこの形は、クスノキ科(クスノキシロモジヤマコウバシなど)でたまに見かけます。しかし、ルイヨウボタンはメギ科なので、この形には科を超えて選ばれるなにか優れた機能が備わっているのでしょう。
140604ruiyoubotanさてこの実はこれからどうなるのか調べたら、インディゴを経てきれいな紫色にまで変化するようです。あまり日向を好む草ではないので、そのシックに変化する色合いはとらえにくそうな気もします。「ワタシが好きなんだったら、カメラの腕はしっかりあげておいでなさいね」と言われているようで…ハイ、がんばります!

<補注> 実の色合いが変化していく様子はこちらに記録しました。(2015年7月27日&2016年7月18日)

2013年のきょうセンダン> 2012年のきょうキツネノテブクロ(ジギタリス)> 2011年のきょうハルザキヤマガラシ> 2010年のきょうニワウルシ> 2009年のきょうヤマアジサイ> 2008年のきょうニンジン> 2007年のきょうムギワラギク> 2006年のきょうイイギリ> 2005年のきょうチェリーセージ> 2004年のきょうノウゼンカズラ

| | コメント (0)

6月3日(火) マタタビ

140603matatabi夏が来たことを山が知らせていました。マタタビの葉が白く変化して、それまでは目立たない存在だったのに、あちこちで我が物顔です。
これは、葉裏でうつむいて咲く花に虫を呼び込むサインだという説があります。しかし、現状では花はまだ硬い蕾でした。今の段階はまだ「準備中」の看板で、人間にはわからないなにかの変化で本当の開店を知らせるようになるのでしょうか。
葉の表皮と葉肉の間に空気が入り込んで白く見えるのですが、ひょっとしたらその白さに違いが出て来るのかもしれません。そんな繊細さを見分けられないボンクラ人間は、山腹を眺めて大雑把に「ああ、夏だ」と呟いておくことにします。

2013年のきょうヤマモモソウ(ハクチョウソウ、ガウラ)> 2012年のきょうセイヨウニワトコ> 2011年のきょうニシキウツギ> 2010年のきょうブラシノキ> 2009年のきょうクリ(雌花)> 2008年のきょうセンダイハギ> 2007年のきょうタチバナ> 2006年のきょうシロバナシラン> 2005年のきょうハナザクロ> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (0)

追加編 : ソヨゴ(雌花)

140602soyogo_fきょうの過去記事を点検していたら、情けないものを見つけました。2007年のきょう、ソヨゴの花を取り上げているのですが、どうもその時点でソヨゴが雌雄異株であることを知らなかったらしいのです(汗)。
そこに掲載した写真の花は一房にたくさん(5個以上)の花や蕾がついていて、開いた花では雄シベが目立ちます。それに対し、雌株の花(↑)はこんなにシンプルで、腰が据わっています。一房には2~3個しかつかず、子房が目立ちます。
やれやれ、7年も恥を晒していたとは泣けますが、つい先日、この雌花の写真を撮っていたのは幸運でした。備えあれば憂いなし…、ちょっと違いますか(笑)。

| | コメント (0)

6月2日(月) オウシュウマンネングサ(ヨーロッパタイトゴメ)

140602ousyuumannengusa1葉とも見えにくい多肉の尖り帽子がビッシリと茎について、その茎が斜めに這い上がって並びます。花などなくても、この茎だけで十分にかわいらしい姿です。
140602ousyuumannengusa2と言っても、直径1cmほどの花ももちろんきれいです。萼・花びら・雌シベ(心皮)が各5枚(個)、雄シベが10本です。
140602ousyuumannengusa3さて問題はここからで、1枚目と2枚目の写真では葉の様子が微妙に違います。そしてこの3枚目ではさらに葉が長く、楕円形状になっています。
これらがすべてオウシュウマンネングサ(ヨーロッパタイトゴメ)でいいのか、判断する資料が手元にありません。そして、以前タイトゴメとして掲載したものとも区別がつかなくなりました。さらにオカタイトゴメという種類の存在も知りました。

というワケで、きょうは混乱したはた衛門の中間メモです。マンネングサ類は性質もタフですが、素人の頭を悩ませてくれるタフな存在でもありました。

2013年のきょうサルトリイバラ(サンキライ)> 2012年のきょうホタルカズラ> 2011年のきょうツクバネソウ> 2010年のきょうモモイロタンポポ> 2009年のきょうワニグチソウ> 2008年のきょうセッコク> 2007年のきょうソヨゴ> 2006年のきょうオリーブ> 2005年のきょうハクチョウソウ> 2004年のきょうユリノキ

| | コメント (0)

追加編 : アジサイ

140601ajisaiアジサイについては、アナベル渦アジサイという変わり種には眼が行くものの、どこにでもある「ふつうのアジサイ」はつい見過ごしがちでした。そのくせ、早春でめぼしい草木を撮ることができず、苦し紛れに芽吹き始めた若葉をここに登場させるなど、地味にお世話になったこともあるのがアジサイです。
そもそもがガクアジサイを改良したというのですから、本来のアジサイ(原種みたいな意味の)というのは存在しないのかもしれません。そんななか、ちょっと素朴で昔っぽい花を見つけたので、「ふつうのアジサイ」として載せておくことにします。

| | コメント (0)

6月1日(日) クサイチゴ

140601kusaitigo1この苺に出会うたび、ブーメランみたいな奴だと笑ってしまいます。そもそもの苺は草本で、その苺に似た実をつける木本類を木苺と呼んだワケです。その木苺類のなかで草っぽいから草苺…投げたところに戻って来てしまいました(笑)。
そんなからかいはさておき、ちょっと珍しいシーンです。もうとっくに終わってしまった花が一輪だけ返り咲きして、文字どおり、実に花を添えてくれていました。
140601kusaitigo2その実は、前に取り上げたものは形が崩れていて、もしかしたら別のものかと心細くなる姿でした。今度のこれなら!と撮ってはみたものの、球体としてはまだ歪(いびつ)だし、艶も今ひとつ足りないような…。からかった罰でしょうか。

2013年のきょうマツバギク> 2012年のきょうシロモジ> 2011年のきょうアズキナシ> 2010年のきょうシライトソウ> 2009年のきょうナツハゼ> 2008年のきょうギンリョウソウ> 2007年のきょうムシトリナデシコ> 2006年のきょうユスラウメ> 2005年のきょうカルミア> 2004年のきょうソメイヨシノ

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »