« 6月29日(日) カンボク | トップページ | 7月1日(火) クマノミズキ »

6月30日(月) タイトゴメ

140630taitogome1注意して見なければ違いがなさそうなマンネングサ類を、今年は少しだけ真面目に勉強してみることにしました。
その途中でさっそく挫(くじ)けたのがこのタイトゴメで、かつて都内の花壇の隅で見つけて、そのときはタイトゴメだと思ったものが、どうも違うものに見えてきたのです。その正体調べはさておき、正真正銘のタイトゴメを見る必要が出てきました。
そこで、手っ取り早く沼津の海岸に出かけてみました。鑑識眼に不足があっても、ここにあれば状況証拠的にタイトゴメである可能性が大です。そして思惑どおり黄色いカーペットがありました。ツルマンネングサやメキシコマンネングサ、あるいはオウシュウマンネングサの花はもう終わっているのに、タイトゴメの花期はずっと長めでした。
140630taitogome2米粒に見立てられた葉は長さが6~7mmあって、生のお米というよりも、炊いてツヤツヤ光るご飯粒を思わせます。
さて、こうしてマンネングサ類の主要な一角を確かめてみると、前にオウシュウマンネングサとして掲載したもののなかにも、タイトゴメとかなり見分けにくいものがあることに気づきました。別名がヨーロッパタイトゴメですから、素人が判別に悩んでも不思議ではないのでしょうが、まだまだマンネングサ類との格闘は続きそうです。

<補注> かつての「タイトゴメ」の記事はそのまま生かし、写真だけ、今回撮影したもののなかから別バージョンを選び、それと差し替えておきました。

2013年のきょうクマヤナギ> 2012年のきょうタチアオイ> 2011年のきょうネコノチチ> 2010年のきょうフタリシズカ> 2009年のきょうボリジ> 2008年のきょうモミジバゼラニウム> 2007年のきょうハマカンザシ> 2006年のきょうブーゲンビリア> 2005年のきょうセイヨウノコギリソウ> 2004年のきょうヒョウタン

|

« 6月29日(日) カンボク | トップページ | 7月1日(火) クマノミズキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月29日(日) カンボク | トップページ | 7月1日(火) クマノミズキ »