« 追加編 : アジサイ | トップページ | 追加編 : ソヨゴ(雌花) »

6月2日(月) オウシュウマンネングサ(ヨーロッパタイトゴメ)

140602ousyuumannengusa1葉とも見えにくい多肉の尖り帽子がビッシリと茎について、その茎が斜めに這い上がって並びます。花などなくても、この茎だけで十分にかわいらしい姿です。
140602ousyuumannengusa2と言っても、直径1cmほどの花ももちろんきれいです。萼・花びら・雌シベ(心皮)が各5枚(個)、雄シベが10本です。
140602ousyuumannengusa3さて問題はここからで、1枚目と2枚目の写真では葉の様子が微妙に違います。そしてこの3枚目ではさらに葉が長く、楕円形状になっています。
これらがすべてオウシュウマンネングサ(ヨーロッパタイトゴメ)でいいのか、判断する資料が手元にありません。そして、以前タイトゴメとして掲載したものとも区別がつかなくなりました。さらにオカタイトゴメという種類の存在も知りました。

というワケで、きょうは混乱したはた衛門の中間メモです。マンネングサ類は性質もタフですが、素人の頭を悩ませてくれるタフな存在でもありました。

2013年のきょうサルトリイバラ(サンキライ)> 2012年のきょうホタルカズラ> 2011年のきょうツクバネソウ> 2010年のきょうモモイロタンポポ> 2009年のきょうワニグチソウ> 2008年のきょうセッコク> 2007年のきょうソヨゴ> 2006年のきょうオリーブ> 2005年のきょうハクチョウソウ> 2004年のきょうユリノキ

|

« 追加編 : アジサイ | トップページ | 追加編 : ソヨゴ(雌花) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加編 : アジサイ | トップページ | 追加編 : ソヨゴ(雌花) »