« 6月9日(月) シリブカガシとマテバシイ | トップページ | 6月11日(水) ツゲ(ホンツゲ) »

6月10日(火) エキノプシス・カマエセレウス(ビャクダン、ピーナツカクタス)

140610echinopsis_chamaecereus 何カ所かで連続して、この輝くオレンジ色の花を見ました。いまが盛りです。
それらのなかでは、この懸崖作りが一番豪華でした。もっとも、こんないい環境ではなく、ブロック塀とアスファルトの隙間でニョロニョロ・パッと生きているヤツもいたので、かなりタフな性質ではあるようです。
学名ではエキノプシス・カマエセレウス(Echinopsis chamaecereus)といい、花色は代表的なオレンジのほかに、赤・白・ピンク・黄などがあるそうです。
古くから愛好家のなかでは基本種で、その世界では「白檀」が通称です。素人はつい花に惹きつけられても、マニアはこの白い毛に覆われた茎を愛するのです。
しかし、同じマニアでも海外の人の感性はまた別で、なんと英名ではPeanut Cactusだと言います。白檀とピーナツ、月とスッポンもビックリながら、言われてみれば茎の先がそんな風に見えてきました。イヤシンボとしてはこちらに一票です。

<補注> 一部にこれを「紐サボテン」と称しているのを見かけるものの、ドラゴンフルーツなどが属するヒモサボテン属(Hylocereus)はエキノプシスとは別属になるので、適切ではないと考えています。

過去のきょう 2013 ニッサボク 2012 ヒメコバンソウ 2011 キショウブ 2010 アカショウマ 2009 ハタザクラ(実) 2008 ラミウム・マクラツム 2007 オニノヤガラ 2006 ブドウ(ヨーロッパブドウ) 2005 シャグマユリ 2004 タイサンボク

|

« 6月9日(月) シリブカガシとマテバシイ | トップページ | 6月11日(水) ツゲ(ホンツゲ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月9日(月) シリブカガシとマテバシイ | トップページ | 6月11日(水) ツゲ(ホンツゲ) »