« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

5月31日(土) コモチマンネングサ

140531komotimannengusa1マンネングサの仲間は、パッと見ではどれも同じに見えて(あくまではた衛門の眼力での話ですが)、おとといもツルとメキシコのおさらいをしたばかりです。
ところが、これは悩みません。葉の付け根についた肉芽が、ほかのマンネングサ類と一線を画する違いです。これがポロリと落ちて発芽する仕掛けです。
140531komotimannengusa2もっとも、写真をクリックして拡大したときのサイズで言えば、2枚目が実物のほぼ倍の大きさ、1枚目だと優に4~5倍にはなっています。要は、老眼の進んだ大きめの男が立ったまま見てわかる造作ではありません。
したがって、道端でこれに会うと、「ん、マンネングサ(類)だ」と足を止め、「ど~れ」と腰を折り、「お、コモチかな」と蹲(うずくま)るわけです。野道ならまだしも、街なかでこれをやるのは恥ずかしいもので、その意味できょうの写真は決死の作品です。

2013年のきょうタチジャコウソウ(コモンタイム)> 2012年のきょうコバンソウ> 2011年のきょうアリウム・シュベルティ> 2010年のきょうアーモンド> 2009年のきょうラカンマキ> 2008年のきょうコウゾリナ> 2007年のきょうサイカチ> 2006年のきょうアスチルベ> 2005年のきょうタチアオイ> 2004年のきょうナツユキソウ

| | コメント (0)

5月30日(金) アカガシ

140530akagasi1長い葉柄が特徴的なアカガシです。花の季節を迎えていました。雌花は新しい枝の先につき、それより根元側で雄花が花粉を飛ばしています。
その後方に赤ちゃんドングリが見えていますが、これは去年のものです。つまり、前に掲載した10月のドングリは、受粉後17カ月の姿というわけです。
140530akagasi2大きな木のため、望遠でしか撮れなかったのが少し心残りです。
140530akagasi3雌花は、よそのサイトで接写したのを見ると透明感があってとてもきれいです。手の届く枝振りのアカガシを見つけ、自分でも撮ってみたいものです。ただ、新しい枝や葉柄がとても毛深いことがわかったのは、この一枚の意外な収穫でした。

2013年のきょうアサギリソウ> 2012年のきょうコアジサイ> 2011年のきょうウコギ> 2010年のきょうセイヨウミザクラ> 2009年のきょうキハダ(雌花)> 2008年のきょうフデリンドウ> 2007年のきょうムギセンノウ> 2006年のきょうコウホネ> 2005年のきょうヤナギハナガサ> 2004年のきょうオオキンケイギク

| | コメント (0)

5月29日(木) ツルマンネングサとメキシコマンネングサ

140529turumannengusa1マンネングサの仲間はいろいろあるから、少しずつでも取り上げていかなくては…と思ったのが4年前で、それっきり忘れていました。不真面目そのものです。
ところが先日、母が住む施設の庭にこのツルマンネングサを植え付けさせてもらいました。そこの敷地はずいぶん広くて、とてもスタッフの手が回らないので、ちょっとしたボランティアのまねごとです。真面目そのものです(笑)。
140529turumannengusa2これがそのツルマンネングサの供給源で、近所の護岸壁です。コンクリートの隙間にたまった土や埃に根を張り、大量に跋扈しています。これをバリバリ剥ぎ取り、元手ゼロでエエカッコをしてみました。姑息そのものです(苦笑)。
140529mexico_mannengusaさて、ようやくツルマンネングサを掲載できたついでに、過去記事の写真では細部が不明瞭だったメキシコマンネングサ(↑)も載せ、見分けポイントをおさらいします。
ツルの茎はすぐ横に這うのに、メキシコはスックと立ち上がります。その茎の色は、ツルが強く赤みを帯びるのに対し、メキシコはうっすら赤い程度でほぼ緑です。
そこにつく葉は、ツルはへら型(木の葉型)で3輪生(1箇所に3枚)、メキシコは棒状で4輪生です。ただし、このメキシコの4輪生という特徴がハッキリ現れたものは案外に見つけにくく、この一枚が撮れたときは少しばかり胸をなで下ろしました。

2013年のきょうベニバナエゴノキ(アカバナエゴノキ)> 2012年のきょうナガミヒナゲシ> 2011年のきょうヒメシャガ> 2010年のきょうイザヨイバラ> 2009年のきょうカキネガラシ> 2008年のきょうヤマグルマ> 2007年のきょうハナミョウガ> 2006年のきょうガクウツギ> 2005年のきょうノビル> 2004年のきょうナツグミ

| | コメント (0)

追加編 : シュッコンカスミソウ

140528syukkonkasumi1以前、本来のカスミソウとシュッコンカスミソウの違いを取り上げたことがあります。そのときに載せたシュッコンカスミソウは八重タイプでしたが、うまく一重のものを見つけたので、補足として載せておきます。
140528syukkonkasumi2これは市民農園の隅で咲いていましたが、花は疎らだし、こうして茎も倒れやすくて、とてもまとまりが悪い状態でした。八重も一重も、街でシュッコンカスミソウをなかなか見かけないのは、育てるのがむずかしいせいかもしれません。

| | コメント (0)

5月28日(水) シュロチク

140528syurotikuある意味の貴重映像です。シュロチクは、ふつう(順調)に育っている場合には花をつけません。事実、ウチでもう30年以上育てているもの(鉢植え)は、これまで一度も花をつけたことが(つけそうになったことも)ありません。
ところが、写真のシュロチクは花をつけています。助手1号の撮影なので、細部がまったく不明で大変残念なのですが、盛大に咲いていることはわかります。
調べると、シュロチクの開花(と結実)というのはどうやら「環境が悪いので次世代を別の場所に移動させたい」という非常事態宣言のようです。写真のシュロチクは、半世紀以上も同じ場所(地植え)にあり、これまで一度も花をつけませんでした。
ということは、日照や灌水についてのご不満ではないわけで、たぶん根の周りの土が硬くなってしまったのでしょう。自然環境なら落ち葉や微生物で土壌が更新されるのに、きれいにしているお庭にはとんだ落とし穴があるものです。

2013年のきょうヒシ> 2012年のきょうガマズミ> 2011年のきょうアオハダ> 2010年のきょうシャクヤク> 2009年のきょうノアザミ> 2008年のきょうミツガシワ> 2007年のきょうオオバオオヤマレンゲ> 2006年のきょうオモト> 2005年のきょうサラサウツギ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (0)

5月27日(火) アルブカ・スピラリス 'フリズルシズル'

140527allbuca_spiralis1初めて育てる珍種でしたが、とりあえず開花・結実までは来ました。アスパラの穂先を思わせた花茎がこのひと月でグングンと50cmくらいまでにのび、10個ほどの花が下から順にパカリ・パカリと咲いては枯れていきます。
140527allbuca_spiralis2ただ、パカリと開くのは3枚の萼で、本来の花びらはムッツリと口を綴じたまま、ニコリともしません。これでは虫も進入できないのではと心配します。
140527allbuca_spiralis3無理矢理開いてみたら、なかはこんな感じでした。気がつかないうちに極小の虫が入り込んでいたのか、それとも自家受粉したのか、とりあえず雌シベの柱頭には花粉がまぶされているようです。
140527allbuca_spiralis4終わった花は、間を置かずにポトリと落ちます。写真上方が花茎についていた側です。種は肉眼ではよくわかりません。とりあえず、自分で落ちたままに放置してみて、来春それが芽吹くかどうかを確認するつもりです。

<補注> 記事中に「結実」と書きましたが、後日、莢を割ってみたら、なかに種はありませんでした。園芸的に作出された品種なので、一代限り(F1)の性質かもしれないと愚考しています。

2013年のきょうハグマノキ> 2012年のきょうムシトリナデシコ> 2011年のきょうギンラン> 2010年のきょうワニグチソウ> 2009年のきょうテマリカンボク> 2008年のきょうオヤブジラミ> 2007年のきょうヤグルマソウ> 2006年のきょうクサイチゴ> 2005年のきょうツリバナ> 2004年のきょうクリ

| | コメント (0)

5月26日(月) シナユリノキ

140526sinayurinoki1ユリノキみたいだけれど、どこか違います。まず葉(の先半分)が長くて、これでは半纏木(ユリノキの別名その1)ではなくTシャツ木になってしまいます。
幹を見ても、それなりにはゴツゴツしていても、ユリノキの特徴である樹皮の深い割れ目がありません。困って眺め回していると、花らしきもの(白マーク)を見つけました。
140526sinayurinoki2一応、チューリップの木(ユリノキの別名その2)と言える形はしていますが、カップが少し浅いような気がします。見つけた花のどれも色が悪いのは、時期的に枯れかかっているからでしょうか。また、花びらが5枚しかない(ユリノキは6枚)のは、1枚がもう枯れ落ちてしまったからかもしれません。
140526sinayurinoki3かなりの高みに、ようやく新鮮な花色を見つけました。これならユリノキの花色と同じです。枝が邪魔になって花びらの枚数がわかりませんが、組み合わせ的に6枚と見て良さそうです。ユリノキと同じ翼果の残骸もありました。

これまで何度もユリノキを取り上げていたのに勉強不足でした。氷河期にほかの仲間は死に絶え、北米大陸に残ったのがユリノキ、中国大陸に残ったのがこのシナユリノキ、世界にたった二人しか存在しない、貴重なユリノキ属の兄弟でした。
日本では、北米出身の方だけがやたらに幅をきかせています。シナユリノキは発見そのものが遅く、数も少なくて希少種だと言います。まだどこでも見られる木ではありませんが、翼果がたくさんの子孫を残してくれることを期待しましょう。

2013年のきょうオヤブジラミ> 2012年のきょうヤブデマリ> 2011年のきょうアカマツ> 2010年のきょうギョリュウ> 2009年のきょうマユミ> 2008年のきょうイワカガミ> 2007年のきょうネメシア> 2006年のきょうワジュロ> 2005年のきょうスイカズラ> 2004年のきょうキョウチクトウ

| | コメント (0)

5月25日(日) クマザサ

140525kumazasa1クマザサには最初から隈取りがあるわけじゃないよ…という写真を撮ろうとしたら、おお、見つけました! マシンガンホール! これ、ずっと探していたのです。
140525kumazasa2笹の葉は、芽のときはこうして(↑)クルクルと丸まっているので、そのときに虫が1箇所を囓り進んだ痕がこれだそうです。囓っているところを現行犯逮捕した人はどうやらいないようなので、犯行は深夜なのでしょうか。
140525kumazasa3一つ見つかると、あとは芋づる式という法則は今回も生きていて、穴の形がちょっと細長いものがありました。1枚の葉に2箇所の弾痕(笑)があるものや、穴がつながって葉が千切れてしまうケースもあるようで、笹藪が見逃せなくなりました。

2013年のきょうシキザキアカシア> 2012年のきょうアスパラガス> 2011年のきょうエビネ> 2010年のきょうミツバウツギ> 2009年のきょうヒトリシズカ> 2008年のきょうキハダ> 2007年のきょうオオムラサキツユクサ> 2006年のきょうムラサキツユクサ> 2005年のきょうセンダン> 2004年のきょうウツギ

| | コメント (3)

5月24日(土) クロジクアジサイ

140524kurojikuajisaiアジサイはそろそろ咲き出しているのに、あえて花なし写真です。花に眼が眩んでは、この品種の良さがわかりにくいでしょう。(単に、もう一度この場所へ撮影に行くのが面倒だというウワサもあり・撮影日:5月12日)
初めて見かけて、ちょっとドキッとしました。黒々とした茎が迫力の美しさです。調べたら、古くからある黒軸紫陽花という品種(f.mandschurica)でした。
花は青が基本のようですが、紫陽花のことですから多少の変化幅があり、また白花のものが開発されたりもしています。果たして写真の株がどんな花をつけるのか、確かめてみたい気も少しだけ湧いてきました。

<追記> やはり気になって、花も撮影しておきました。(2014年6月18日)

2013年のきょうフランスギク> 2012年のきょうカジイチゴ> 2011年のきょうノイバラ> 2010年のきょうコウモリカズラ> 2009年のきょうオトメユリ> 2008年のきょうネズミムギ> 2007年のきょうブラシノキ> 2006年のきょうトキワツユクサ> 2005年のきょうカルミア> 2004年のきょうセンダン

| | コメント (0)

5月23日(金) キンポウゲとウマノアシガタ(キンポウゲ)

140523kinpouge1キンポウゲという名前は子供でも知っているのに、案外と実物が知られていない気がします。まして、その名前の込み入った事情など、好きな人だけの世界です。
140523kinpouge2ふつうにキンポウゲと言えば、それはこの重層多弁の品種(↑)のことです。直径が1.5cm前後の小さな花ですが、煌めく花びらがとても目立ちます。
140523umanoasigataそして、こちら(↑)が本来のキンポウゲです。しかし、正式にはこれはウマノアシガタと呼び、キンポウゲという名は別名扱いです。
いつ頃からこんな混乱が起きたのか定かではありませんが、ウマノアシガタの八重咲き品種の方がキンポウゲという有名な名前を獲得してしまったわけで、古風に言えば分家が本家に取って代わった図式です。

なお、キンポウゲ科キンポウゲ属にはたくさんの仲間がいます。このブログや増補版にも、今までいろいろ登場しています。(思い出したものだけ列記)

タガラシ ☆ キツネノボタン ☆ ヒキノカサ ☆ リュウキンカ ☆ ヒメリュウキンカ ☆ ラナンキュラス

2013年のきょうツリガネカズラ> 2012年のきょうスズメノエンドウ> 2011年のきょうコウシンバラ> 2010年のきょうシュロ(ワジュロ)> 2009年のきょうキングサリ> 2008年のきょうユキザサ> 2007年のきょうコマツヨイグサ> 2006年のきょうジャガイモ> 2005年のきょうカラー> 2004年のきょうトキワツユクサ

| | コメント (0)

5月22日(木) バリバリノキ(アオカゴノキ)

140522baribarinoki1久しぶりにバリバリノキです。夏ならparipari程度の音がするくらい硬い葉が、この季節はまだしんなりとソフトでした。ほぼ、「ヘナヘナノキ・笑」です。
前回の木も今回も、樹高は7~8m以上もありそうに大きいのですが、どちらも手の届くところに枝が降りていました。ふつう、大きな木の枝葉は高い場所に茂るので、ちょっと変わった性質です。垂れた葉が横からの光を受けていて、この性質は高木が密集した林のなかで生き延びる隙間戦略のように思えます。
140522baribarinoki2さて、前回の木はアオカゴノキという別名にふさわしく、青色とも感じる樹皮だったのに比べ、今回は図鑑の記述どおりの灰褐色です。これでも光の加減では青みを帯びて見えるのかもしれませんが、陽があたるときはこんな色目という記録です。

2013年のきょうムラサキウンラン(ヒメキンギョソウ、リナリア)> 2012年のきょうハチク> 2011年のきょうサクラバラ> 2010年のきょうタチバナ> 2009年のきょうショウブ> 2008年のきょうクヌギ> 2007年のきょうノースポール> 2006年のきょうニオイシュロラン> 2005年のきょうニオイバンマツリ> 2004年のきょうユスラウメ

| | コメント (0)

5月21日(水) チガヤ

140521tigaya1♪春なのに、春なのに…と切なく歌ったお嬢さんもすでに貫禄のオバサマになり、という話ではなく、チガヤの白い穂を見ると、このメロディが口を衝(つ)くのです。
オギススキのイメージが強すぎて、白い穂=秋という思いが自分のなかにあるのかもしれません。しかし、早春に芽吹いたチガヤの穂は、春なのに真っ白です。
140521tigaya2近づいてみれば、綿毛がすでにふくらんだ穂もあり、強い風を待っています。地下茎でどんどん勢力をのばしつつ、こうして盛大に種を飛ばすわけですから、油断しているとそこらじゅうがチガヤだらけになってしまいます。
140521tigaya3そんなチガヤがまだ若いときはこんな感じでした。花穂から飛び出した雄シベが初々しく見えます。まだ花茎がグンとのびる前なので、葉と花穂を一緒に写せます。
もう少し若いと、この花穂は食べられるというですが、逆にそのころだとチガヤを意識しなくて、残念ながら食味試験は未実施です。

2013年のきょうニガキ(雄花)> 2012年のきょうノミノツヅリ> 2011年のきょうオニタビラコ> 2010年のきょうケシ> 2009年のきょうバッコヤナギ> 2008年のきょうザイフリボク> 2007年のきょうクスノキ> 2006年のきょうカスミソウ> 2005年のきょうユウゲショウ> 2004年のきょうクレマチス

| | コメント (0)

5月20日(火) ホオベニエニシダ

140520hoobenienisidaほっぺが赤いのは、なにも子供に限らずかわいいものです。ふつうに黄色いだけのエニシダは、増補版で「暑苦しい感じ」としていたことを思い出しました。
そのコメントには「見かけにくく」なったとあるのですが、これはあまりに観察不足の発言でした。庭木から鉢植えまで、ふつうのエニシダはよく目立ちます。
そんな「ふつう」がまだこちら(ブログ)には出ていないのに、その園芸品種である頬紅タイプを取り上げました。理由は極めてワガママです。写しやすいから…。
黄色とか白の一色だけの花には未だに手こずるワタシです。そのヘボな腕を棚に上げて言えば、人間の眼とカメラの違いの一番はここのような気がします。どんな陽光の下でも、肉眼なら花びらの微妙な陰影がわかるのに、カメラではそこが写せません。眼で見たままに写るカメラ、欲しいものです。

<補注>ふつう」には翌年挑戦してみました。(2015年5月7日)

2013年のきょうコチョウラン> 2012年のきょうセイヨウサンザシ> 2011年のきょうケヤキ> 2010年のきょうハグマノキ> 2009年のきょうアオダモ> 2008年のきょうヤブジラミ> 2007年のきょうカルセオラリア> 2006年のきょうツルウメモドキ> 2005年のきょうトベラ> 2004年のきょうカキノキ

| | コメント (0)

5月19日(月) アリウム・オストロスキアヌム(アリウム・オレオフィルム)

140519allium_ostroskianumネギ属(アリウム属)というのは、そこに入る植物数が400とも700とも言われるくらい巨大です。自分のトポトポ歩きでは、いったいその何%と出会えるやら…。
しかもその大きな属の上位グループ(科)が、分類方法によってヒガンバナ科・ネギ科・ユリ科などと揺れてしまいます。
さて、そんな鬱陶しい話とは裏腹に、なんともかわいらしいアリウムを見つけました。小さな球根のくせに、こうしてボール状にたくさんの小花を咲かせます。その色と形がまるでお菓子のようで、茎や葉のくすんだ緑色と好対照です。

ところがやはり話は入り組んでいて、その名前が問題でした。オストロスキアヌムとオレオフィルム(Allium ostroskianumとA. oreophilum)、どちらが本名でどちらが別名なのか、はっきりしません。外国のサイトではオレオフィルムを別名としているものが多いようですが、日本ではその逆が目立ちます。
こういう場合、自分流では覚えやすい名前をメインにするのですが、今回はその尺度でも大差はない感じです。やれやれ、こうなれば好き勝手に「アリウム・お菓子ちゃん」とでも呼んでおくことにしましょうか。

2013年のきょうツガ> 2012年のきょうコウゾリナ> 2011年のきょうカキツバタ> 2010年のきょうヒメグルミ> 2009年のきょうヒメツルニチニチソウ> 2008年のきょうヤマシャクヤク> 2007年のきょうツボサンゴ> 2006年のきょうフランスギク> 2005年のきょうチョウジソウ> 2004年のきょうタチアオイ

| | コメント (0)

5月18日(日) バイカウツギ

140518baikautugi先日、マルバウツギを載せた弾みに整理した「○○ウツギ」は、自分的になかなか役に立ちました。写真が冴えなかったものや掲載忘れしていたもの(ベニウツギとタニウツギ)を補充しながら、ついでにそれらの木々のおさらいもできます。
このバイカウツギもその一つです。かつての写真はどうにも無機的で、花を見る幸福感が表現できていません。などと大口を叩くと、今度の写真は前ボケを使ってごまかしただけじゃないかとセルフ突っ込みも出ます。ただ、少なくても撮影している本人は幸福でしたし、花にとりついたアブ君もかなり幸せそうでした。
また、前回掲載ではバイカウツギに恨みでもあるかのようにコキおろしていたことも反省です。花も少しは梅らしく見えます。枝振りが奔放であることは事実なのですが、その非難は前の年にのびた枝に花がつくという性格を知らなかった故でした。
樹形をまとめようとしてのびた枝を切ると、それは事前に花を刈り取っていることになるわけです。花をたくさん咲かそうとすれば枝はのび放題にするのがよく、そうするとどうしても奔放な枝振りに…まるでハムレットみたいな木なのでした。

2013年のきょう温帯スイレン> 2012年のきょうニガキ(雌花)> 2011年のきょうウラジロノキ> 2010年のきょうコメツブツメクサ> 2009年のきょうサンショウバラ> 2008年のきょうチングルマ> 2007年のきょうスノーキャップ> 2006年のきょうオオバコ> 2005年のきょうサラサドウダン> 2004年のきょうアヤメ

| | コメント (0)

5月17日(土) ギョウジャニンニク

140517gyoujaninniku1生育がとても遅い植物で、種がこぼれてから食べられるようになるまで、自然環境では5年から6年もかかると言います。それなのに、栄養価の高い山菜として人気者なので、昔から乱獲の憂き目にあってきました。
ですから、こうして無事に咲いた花のことを野道のニラにも劣るなどとバカにしてはいけません。どんどん種を稔らせ、増えてほしいものです。
140517gyoujaninniku2花が咲く前(5月初め)はこんな姿でした。いかにもネギの仲間らしい蕾です。(花や蕾の形は、同属のラッキョウヤマラッキョウと似ています)
山菜としてはこうして葉が開いてしまうと価値は落ちますが、2枚の写真はそれぞれ管理された場所のもので、途中で摘まれることなく撮影できました。

2013年のきょうサルナシ> 2012年のきょうヤエムグラ> 2011年のきょうトウバナ> 2010年のきょうコゴメウツギ> 2009年のきょうオオバナノエンレイソウ> 2008年のきょうチゴユリ> 2007年のきょうユキノシタ> 2006年のきょうヘラオオバコ> 2005年のきょうメキシコマンネングサ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (0)

追加編 : タニウツギ

140516taniutugiさっそくながら、おとといは古くて冴えない写真でお茶を濁すしかなかったタニウツギに気持ち良く登場してもらいます。
この時期に旅すると、このピンク色が車窓からよく目立ちます。思いがけないほどいろいろな場所に茂っていて、かなり丈夫な木であることがわかります。
庭木にしても、水も肥料もいらないので、管理がとても楽です。そのわりに住宅地であまり見ないのは、先日述べた言い伝えがまだ残っているのでしょうか。今の若い人たちはもうそんなことは気にしないはずなので、もしかしたら売る側の人たちが古い観念に縛られているのかもしれません。

| | コメント (0)

5月16日(金) コハウチワカエデ

140516kohautiwakaedeやや情緒的に過ぎたり、ちょっと図鑑類のまねごとをしてみたり、コハウチワカエデについては撮影の姿勢が定まらない気がしていました。それが今回はその両方をうまく混ぜることができたかなと少しだけ自己満足です。
木に近づいて初めに着目したのは、葉柄の和毛(にこげ)です。撮影した木は4mほどの高さがあり、葉も大きくて(樹高と葉の大小の相関は不明)、パッと見ではハウチワカエデと間違いそうです。そこで、まず和毛を確認(ハウチワは無毛)しました。
続いて、その葉柄の長さをチェックです。それが葉の長さとほぼ同じ(2/3程度のこともあり)なので、めでたくコハウチワカエデで確定です。
ハウチワカエデの場合、葉柄は葉身の半分以下なので、感じとして葉の外周をなぞった円形のなかに葉柄が収まってしまいます。それに対して、写真のようにコハウチワカエデの葉柄は葉の外周円から思い切り飛び出しています。

2013年のきょうコヒロハハナヤスリ> 2012年のきょうカマツカ> 2011年のきょうカジノキ> 2010年のきょうハクウンボク> 2009年のきょうジャケツイバラ> 2008年のきょうコトネアスター> 2007年のきょうヒメヒオウギ> 2006年のきょうカンボク> 2005年のきょうホオノキ> 2004年のきょうホオノキ

| | コメント (0)

5月15日(木) キクムグラ

140515kikumugura1四角い断面の茎とか全体の草丈や茎ののび方、また輪生する葉があのヤエムグラとよく似た感じです。ただ、ヤエムグラは細い葉が1箇所に6~8枚輪生するのに対し、こちらの葉は形が丸々として幅があり、数も4(~5)枚と少なめです。
また、茎にはヤエムグラのようなヒッツキの毛がないので、子供の遊び道具にはなりません。そのためか、一般の認知度はやや低めです。
ただし、実には毛があってヒッツキ虫になります。すでに結実して、写真でも薄緑のかわいい丸い球が何カ所かに見えています。
140515kikumugura2花もヤエムグラに劣らず撮影者泣かせです。こうしてひと房に2~3個の花がつき、その付け根には葉のような苞があります。
不思議なのは「菊葎」という名前で、どこが菊?と悩みます。牧野博士も、「古くからある名で、葉の感じを見立てたものという」と、やや投げやりです。

2013年のきょうガクウツギ> 2012年のきょうヒルザキツキミソウ(モモイロヒルザキツキミソウ)> 2011年のきょうタチシオデ> 2010年のきょうヒメウツギ> 2009年のきょうカッコソウ> 2008年のきょうカマツカ> 2007年のきょうキツネアザミ> 2006年のきょうカラスビシャク> 2005年のきょうナツユキソウ> 2004年のきょうエゴノキ

| | コメント (0)

5月14日(水) ベニウツギとタニウツギ

140514beniutugiおととい、マルバウツギを載せたついでにこのブログや増補版の「○○ウツギ」を整理したら、まだまだ抜け落ちが多いことに気づきました。
そのなかで意外だったのは、タニウツギとベニウツギ(ともにスイカズラ科タニウツギ属)でした。野山では基本種ともいうべきタニウツギが掲載洩れだし、その園芸種であるベニウツギも、ずいぶん昔のあまりパッとしない写真があるだけでした。
なにせ、このベニウツギは近所に古い垣根があり、いつでも撮り放題なのです。身近なものを軽視しがちな悪いクセを反省です。
140514beniutugi2ただし、タニウツギ属にはこれと同じ赤い(濃いピンク)花のヤブウツギがあり、そちらはまだ目にしたことがありません。別名をケウツギというほど、花筒や葉柄が毛深く、葉もベニウツギより細いので、めでたくヤブウツギを収録したとき、その辺の差異がわかるよう、きょうはベニウツギ(↑)を2枚載せしておきます。
140514taniutigiさて、こちら(↑)は完全に収録忘れしていたタニウツギです。このごろは出会ってもレンズを向けない不謹慎ぶりで、この写真は9年前のものです。
しかも、このときは同行中だった母が「縁起が悪い」とうるさいので、ろくにポイントを押さえもせず、ほぼ観光写真(?)です。昔はこの木の枝を杖代わりに死者に持たせたそうで、ソウシキバナとかシビトバナと呼んだようです。
そう言えば、あのときは母も長時間のドライブがまだ可能でした。このごろは1時間ほどの乗車でもすぐにヘバります。人間の体力はつるべ落としという見本を目の当たりにして、動ける間の時間は大切にせねばと思いを新たにしています。

<補注> タニウツギの撮り直し写真を「追加編」として収録しました。(2014年5月16日

2013年のきょうシライトソウ> 2012年のきょうアメリカアサガラ> 2011年のきょうアオハダ> 2010年のきょうコンニャク> 2009年のきょうギシギシ> 2008年のきょうオオカメノキ> 2007年のきょうヤセウツボ> 2006年のきょうタラヨウ> 2005年のきょうゼニアオイ> 2004年のきょうエゴノキ

| | コメント (0)

5月13日(火) マツバトウダイ(ユーフォルビア・キパリッシアス)

140513euphorbia_cyparissias1こうして花だけ見れば、トウダイグサの仲間であることは明々白々です。吸蜜中のアリは中型(5~6mm)だったので、花(注)の大きさもごくふつうサイズです。
140513euphorbia_cyparissias2ところが、目を下に移せば、そこには金魚藻が…。こんな葉っぱのトウダイグサ類って、いったいぜんたいアリですか!?
じつは、これを見つけたのが自然保全林の縁だったのが惑乱の元でした。もしそこが今風のオウチのお庭とか公園の花壇とかなら、疑いもなく外国産ユーフォルビアの一品種だろうと想像がつくものを、場所が場所だけに、なにか在来の希少種でも見つけたかと、一人勝手に色めき立ってしまいました。

よくよく見れば、付近にはシバザクラとかアレナリア(モンタナ)とかもありました。保全林であることなどお構いなく、お庭代わりに使っているご近所さんがいるようです。
せっかく保護している生態系を壊しそうなマネも困りますが、純真(?)なオジサンを弄(もてあそ)ぶのは、もっとイケナイ所業ではないでしょうか!!

(注) トウダイグサ類の花の構造はかなり特別で、花びらはもちろん、萼や苞もありません。したがって、「花」と言った場合、どこをさすか不明確なのですが、ここでは花びら風の黄緑色をしたスペード形のヒラヒラから先の部分を「一輪」と見立てています。

2013年のきょうムレスズメ> 2012年のきょうカイジンドウ> 2011年のきょうキンラン> 2010年のきょうミツデカエデ> 2009年のきょうスイバ> 2008年のきょうアマドコロ> 2007年のきょうサワフタギ> 2006年のきょうミヤコワスレ> 2005年のきょうオダマキ> 2004年のきょうソラマメ

| | コメント (0)

追加編 : フジモドキ(チョウジザクラ、サツマフジ)

140512hujimodoki名前がどうにもしっくりこなかった「あの木」が、葉を展開させていました。落葉性なので、花の時期にはほんのわずかしか葉がありませんでした。
逆に、花が申し訳程度に残っていて、これが「あの木」であることを証明しています。このわずかな花も終わると、葉だけでなんの変哲もない灌木と化してしまいます。
しかし、それはこの木に限らないことで、名前が厄介だからと言って木の様子にまでイチャモンをつけるのは可哀想というものです。スマートな形と柔らかな手触りが印象的なステキな葉!と持ち上げておくことにしましょう。

| | コメント (0)

5月12日(月) マルバウツギ

140512marubautugi○○ウツギ(空木)と呼ばれる低木類はわりと多くて、自分のブログやHPに収録できているものだけでも19種類ありました。ただ、そのなかには本来のウツギ属とは関係のないものもあるので、頭の整理は欠かせません。(下欄参照)
そういう見方からすれば、このマルバウツギは本家本元グループの一員です。いかにもウツギらしい純白の花がきれいです。
そして、ウツギ類にしては恰幅のいい葉が名前そのままで、ほかの仲間との見分けは一目瞭然です。もっとも、さらに踏み込めば葉の両面の毛とか雄シベの翼の形とか、ポイントはほかにもあるらしいのですが、それはまた次の機会に…。

<ウツギ属の仲間> ☆ ウツギ ☆ ウツギ・マギシエン ☆ サラサウツギ ☆ シロバナヤエウツギ ☆ ヒメウツギ

<それ以外のウツギ> ☆ ウメザキウツギ(バラ科ヤナギザクラ属) ☆ ガクウツギ(ユキノシタ科アジサイ属 ) ☆ カナウツギ(バラ科コゴメウツギ属) ☆ コゴメウツギ(バラ科コゴメウツギ属) ☆ ツクバネウツギ<(スイカズラ科ツクバネウツギ属) ☆ トウフジウツギ(フジウツギ科フジウツギ属) ☆ ニシキウツギ(スイカズラ科タニウツギ属) ☆ ノリウツギ(ユキノシタ科アジサイ属) ☆ バイカウツギ(ユキノシタ科バイカウツギ属 ) ☆ ハコネウツギ(スイカズラ科タニウツギ属) ☆ ハナツクバネウツギ(スイカズラ科ツクバネウツギ属) ☆ フサフジウツギ(フジウツギ科フジウツギ属) ☆ ベニウツギ(スイカズラ科タニウツギ属) ☆ ミツバウツギ(ミツバウツギ科ミツバウツギ属)

2013年のきょうアジュガ・レプタンス(セイヨウジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ)> 2012年のきょうチャンチン> 2011年のきょうハクウンボク> 2010年のきょうオオカワヂシャ> 2009年のきょうタラヨウ(雌花)> 2008年のきょうオトコヨウゾメ> 2007年のきょうアメリカフウロ> 2006年のきょうカラマツ> 2005年のきょうヤマボウシ> 2004年のきょうカナメモチ

| | コメント (0)

5月11日(日) ニガナ

140511nigana1野道に限らず、都会のアスファルトの継ぎ目にも生えたりして、目にはしやすいくせに写真にはしにくい草です。細い茎がだらしなくあちこちにのびてフレームを決めにくいし、花の咲くあたりと根元の葉の様子が違って、ピントの当て場所にも困ります。
140511nigana2そんなわけで、草木好きにはかなりの基本種にもかかわらず、ようやくの登場です。せめて増補版にはもっと下手な写真でも収録しているかと思ったらあちらにもなくて、はた衛門的にまったくのご新規さま扱いとなります。
そんなニガナへの不義理のわりには、イワニガナ(ジシバリ)とかキクニガナ(チコリ)とか、同じように「苦菜」と呼ばれるものはずいぶん前に掲載していて、我ながらなんとも脈絡なしの行き当たりバッタリで続けていることに「苦」笑いです。

2013年のきょうサンショウ> 2012年のきょうクサソテツ> 2011年のきょうカマヤマショウブ> 2010年のきょうハナイバナ> 2009年のきょうネコノメソウ> 2008年のきょうクマガイソウ> 2007年のきょうナニワイバラ> 2006年のきょうセリバヒエンソウ> 2005年のきょうポポー> 2004年のきょうスイカズラ

| | コメント (0)

5月10日(土) ジングウツツジ

140510junguututujiツツジとしては開花がやや遅めです。そして、花の色はあまり変哲のない躑躅色だし、その形や作りもごくふつうにしか見えない(直径3cmほど)のに比べ、あまりツツジ類らしくない菱形の葉が、とても目立つ特徴です。
名前のジングウはあのお伊勢さまの神宮で、あのあたりで発見されたそうです。蛇紋岩の地質にしか育たないという変わった性質はあとから知ったので、この場所の土は調べ損ないました。

2013年のきょうアレナリア・モンタナ> 2012年のきょうトラフクロマツ> 2011年のきょうマメヅタ> 2010年のきょうモッコウバラ(白八重)> 2009年のきょうチャイブ(セイヨウアサツキ)> 2008年のきょうシャリンバイ> 2007年のきょうウスバサイシン> 2006年のきょうセッコク> 2005年のきょうコデマリ(八重)> 2004年のきょうオオムラサキ

| | コメント (0)

5月9日(金) ヤナギトラノオ

140509yanagitoranoo「虎の尾」という表現は、草木の名前にはわりと便利に使われます。ただ、それらのほとんどは花穂が長いことを形容したものです。
そういう固定観念からすると、この花穂はそう呼びにくいところがあります。猫のなかに、ときどき尾が極端に短いタイプがいますが、せいぜいあの尻尾でしょうか。
分類的にまずオカトラノオありきで、その仲間で、葉がグッとスマートで柳に似るというのがネーミングの趣旨でしょう。ただ、花色が同属のなかでは珍しくこんな黄色なので、その意味で虎っぽいと言えば言える気もします。
さて面白いのはそのオカトラノオ属の生態で、属代表のオカトラノオは陽光燦々の草原が好きなのに対し、このヤナギトラノオは湿地を好みます。写真の根元部分が青黒いのはここがそんな環境であることの証拠で、それはまたこの花を接写できなかったことの弁解にもなるというワケです。

☆ ほかの「虎の尾」たち(アイウエオ順) ☆  イチハラトラノオ  イヌヌマトラノオ  イブキトラノオ  トラノオスズカケ  ヌマトラノオ  ハナトラノオ(カクトラノオ)  ハマトラノオ

2013年のきょうボタン> 2012年のきょうヤエムグラ> 2011年のきょうスイバ> 2010年のきょうオニグルミ> 2009年のきょうコリアンダー(コエンドロ)> 2008年のきょうクレマチス・モンタナ> 2007年のきょうシナアブラギリ> 2006年のきょうイチゴ(優香)> 2005年のきょうオオデマリ> 2004年のきょうミズキ

| | コメント (0)

追加編 : タブノキ

140508tabunoi3月の末、今年の雪折れ被害レポートの4度目を掲載して、そのときはこれで打ち止めと思っていました。しかし、なんとGWも過ぎたというのに、こんなに「新鮮な」割れ目を見つけてしまいました。これで今年の雪折れ記録は総計12種になります。
タブノキというのはたいがいが巨木で、この木もかなりの立派さですが、じつに痛々しい割れ方です。そもそも温暖な海岸地帯に多い木なので、雪には不慣れ(?)というハンディはあったかもしれません。
大きな木には不似合いなほどかわいらしい実をつけますが、割れて見えたその木目は、やはり巨木らしい荒々しい相を呈していました。

| | コメント (0)

5月8日(木) ハナエンジュ(バラアカシア)

140508hanaenju低木には分類されても3mほどに育つので、その枝がこんなに派手な薔薇色で飾られると、遠くからでもすごく目立ちます。庭木としてはまだ見かけにくいのですが、丈夫で育てやすいし、もう少し普及してもいいのに残念なことです。
もっとも、アメリカ原産だけあって、ややバタ臭い見かけではあります。日本家屋への親和性という観点からだと、先日取り上げたトネリコ属にはひけをとりそうです。
バラアカシアという別名は、英名の「Rose acacia」の直訳でしょうが、本来は「バライロアカシア」とすべきところを端折ったので、思慮に欠けるワタシなど、「どうしてアカシアがバラ(の木)?」と混乱してしまいます。
ただ、名付けというのはホトホトむずかしい問題だと思います。この木もハナアカシアとしたい(注)ところを、わざわざ別属のエンジュの名前を借りていて、ワタシの頭は混迷の淵へまっしぐらです。もちろん、その話の延長線上にはニセアカシアという薄幸の美女も登場させざるを得ず、せっかくの薔薇色の美しさも曇ってしまいます。
というワケで、自分としては少しキザでも横文字でRose acaciaと呼ぶことにします。

(注)「ハナアカシア」はギンヨウアカシアの別名なので使用不可

2013年のきょうツタバウンラン(ツタガラクサ)> 2012年のきょうクレマチス・アーマンディ> 2011年のきょうカジノキ> 2010年のきょうハイノキ> 2009年のきょうツボスミレ(ニョイスミレ)> 2008年のきょうイヌガヤ> 2007年のきょうヒイラギソウ> 2006年のきょうリムナンテス> 2005年のきょうアサツキ> 2004年のきょうウツギ

| | コメント (0)

5月7日(水) シラー・ヒスパニカ(ツリガネズイセン)

140507scilla_hispanicaシラーという属名が音的に締まりが悪く、さらにそれに続く種名が舌を噛みそうなせいか(勝手な想像ですが)、仲間のペルビアナはオオツルボ(大蔓穂)、そしてこのヒスパニカはツリガネズイセン(釣鐘水仙)という和名がつけられています。
ただ、いかにも洋風の草花を、いかにも手抜き風の和名で呼んでは、せっかくの美しい景色が格落ちしてしまいそうです。自分的には、多少無理をしても、きちんとカタカナ名前で呼んであげたいと思います。
140507scilla_hispanica_w淡い紫色が標準の花色ですが、白もあります。
140507scilla_hispanica_pさらにピンクも見つけたのですが、標準品の葉陰に隠れてしまい、いかにもはにかみ屋のお嬢さんのような写り具合になってしまいました。

2013年のきょうウラジロノキ> 2012年のきょうサクラソウ> 2011年のきょうヒメハギ> 2010年のきょうマルメロ> 2009年のきょうアメリカイワナンテン(セイヨウイワナンテン)> 2008年のきょうヒルガオ> 2007年のきょうスイートピー> 2006年のきょうベニバナツメクサ> 2005年のきょうモモイロヒルザキツキミソウ> 2004年のきょうニセアカシア(ハリエンジュ)

| | コメント (0)

5月6日(火) コバノガマズミ

140506koba1_2今まで、ふつうのガマズミの花は「真っ白だぁ~」と全体を眺めて満足していたので、これではならじとコバノガマズミの花には肉薄してみました。1枚の花弁は2~3mmで小さいのですが、そこから飛び出した雄シベがじつに派手な様相です。
140506koba2_2少し引いてみました。花の様子はふつうのガマズミとそっくりですが、葉の感じがずいぶん違います。というか、ガマズミの葉が菱形っぽくてやや特殊なのであって、あれに比べるとこちらはごくふつうの木の葉形(?)です。
140506koba3もちろん、ガマズミと同じで葉の形は変異が大きいので、むしろこの「あるかなしか」の短い葉柄がコバノガマズミの特徴です。また、葉裏の毛も、ガマズミよりもコバノガマズミの方が一段とフカフカした感じです。

2013年のきょうハッカクレン> 2012年のきょうハイノキ> 2011年のきょうチョウジガマズミ> 2010年のきょうカンザン(関山)> 2009年のきょうシュロ(ワジュロ・トウジュロ)> 2008年のきょうオサバグサ> 2007年のきょうピラカンサ> 2006年のきょうオーニソガラム> 2005年のきょうキリ> 2004年のきょうヤマボウシ

| | コメント (0)

5月5日(月) ニワナズナ(アリッサム、スイートアリッサム)

140505niwanazunaかつて「ほんのり甘い香り」とした記述を訂正です。植物が発する匂いは、季節や時間帯で変化することが多いのですが、アリッサムの場合、同じ正午過ぎだと、冬は別名どおり「スイート」アリッサムでも、今の季節は「ムハ、たまらん」でした。
もちろん、匂いの総量が前回掲載とは格段に違います。いかに丈夫なアリッサムでも、そろそろ年が改まろうという季節では、花もかなり少なめでした。それに対して、今はほぼベストシーズンで、しかも広い花壇を埋め尽くす株数でしたから、早くこの場を逃げ出したくなったのも仕方のないことでした。
ただ、園芸品種がいろいろ作られているので、自分がもしこれを植えようとするときは、「スイート」の度合いを事前にチェックすることが不可欠です。

<追加収録> 色違いの寄せ植え(↓)を見つけました。(2014年5月9日)
140505niwanazuna2
2013年のきょうトドマツ> 2012年のきょうムラサキカタバミ> 2011年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2010年のきょうタブノキ> 2009年のきょうダイコン> 2008年のきょうナラガシワ> 2007年のきょうイチハツ> 2006年のきょうハナイカダ> 2005年のきょうユリノキ> 2004年のきょうムクロジ

| | コメント (0)

5月4日(日) ダイオウグミ

140504daiougumiこのような「実がおいしい」系の草木が、実ではなく花の写真からここに登場するなんて珍しいことです。この木が小指の先ほどの真っ赤に熟した実で飾られたとき、味見に夢中になってしまい、どうやら撮影を忘れたようなのです。
ただ、花もこれ以外のグミに比べると大きめでかなり豪華です。トウグミ(あるいはナツグミ)の園芸種だそうで、まさに「♪大きいことはいいことだ」路線です。

2013年のきょうゼンマイ> 2012年のきょうイチハラトラノオ(市原虎の尾)> 2011年のきょうセイヨウバクチノキ> 2010年のきょうベニシダ> 2009年のきょうトウカエデ> 2008年のきょうニワトコとムベ> 2007年のきょうキモクレン> 2006年のきょうヒメコウゾ(雄花)> 2005年のきょうスズラン> 2004年のきょうハルジオン

| | コメント (0)

5月3日(土) ムラサキサギゴケ(サギゴケ)

140503murasakisagigokeものごとには「標準」「基準」というものが大切だということはわかるのです。それはわかっていながら、たまたまバリエーションから入ってそのままに、なんと、もう7年が過ぎていました。きのうのマルバアオダモは6年ぶりのフォローでしたが、6年や7年をほんの短期間に感じてしまうのは、これは立派な老人力なのでしょうか。

いやいや、話は自分のボケ具合ではなく、ムラサキサギゴケでした。「真っ白の紫」鷺苔を見つけて、それをムラサキサギゴケとは呼びにくくて、タイトルをただ「サギゴケ」としていたのです。ムラサキサギゴケの別名がサギゴケなので、その措置は間違ったものではありませんでしたが、一覧で検索するときに自分が不便なので、過去のタイトルも修正・補足をしておくことにします。
写真は、背景のパスモがやけにわざとらくて自分で苦笑です。「苔」と名づけられたくらいで、もっと地表を這っているはずなのに、こうして低い目線で撮ると、案外に花が立ち上がっていることがわかります。
こんなに立ちが強くてはトキワハゼと紛らわしいなあと思ってリンクさせようとしたら、こちら(ブログ)にはそれも収録していなかったことを見つけました。やれやれ、10年も続けてきたブログだというのにこんなに穴だらけとは、このごろまた脆弱性を突かれて騒がれているIEを笑うことなどできない情けなさです。

<補注> ブログにもトキワハゼを収録しました。(2015年6月3日)

2013年のきょうニッサボク> 2012年のきょうセイヨウタンポポ> 2011年のきょうシライトソウ> 2010年のきょうヘビノボラズ> 2009年のきょうギンラン> 2008年のきょうフサスグリ> 2007年のきょうシュンギク> 2006年のきょうムクノキ> 2005年のきょうワスレナグサ> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (0)

5月2日(金) マルバアオダモ

140502marubaaodamo1近くのマンション脇で見つけた白い花をつける木がマルバアオダモだと知って、少しばかり訝しい思いをしてからもう6年も経ちました。あのころは、トネリコ属を植栽するなんて、なにか特別な理由があるとしか思えなかったものです。
それが、このごろは「玄関前にはシマトネリコ」が定番になった余波か、このマルバアオダモを植えるお家もチラホラ見かけるようになりました。たしかに今どきの住宅の外観には、この涼しげな風情がフィットします。
さて、写真の花をよく見ると、花びらの付け根あたりの黒い粒が気になります。先年、2枚載せた写真だと、1枚目が今回と同じくゴマ粒ありで、2枚目の花の方ではそれがあまり目立ちません。
140502marubaaodamo2トネリコ属は、全部がそうかは未確認ですが雌雄異株が多く、このマルバアオダモも株によって、雄花だけのものと両性花をつける(雌株)ものとに分かれています。
その2種類の花穂を比較したのが2枚目の写真です。中央で白々しく澄ましているのが雄花(雄株)で、両脇の茶色に変色してしまったのが雌株の花穂です。
この両方の花穂は同じ場所で育つ2本(雌雄)の木から採取したので、マルバアオダモは雌性の方が先に熟すタイプの木のようです。
花の写真では黒いゴマ粒のように見えていた子房(写真左端、白い丸でマーク)が、この穂ではまだ焦げ茶色です。どうやらサイズはこのままで完熟に向かうようなので、いつか実生も試してみたいものです。

2013年のきょうカントウタンポポ> 2012年のきょうシロダモ> 2011年のきょうカジカエデ(オニモミジ)> 2010年のきょうクヌギ(雌花)> 2009年のきょうキンラン> 2008年のきょうマイヅルソウ> 2007年のきょうジュウニヒトエ> 2006年のきょうカキドオシ> 2005年のきょうシラー・ペルビアナ(オオツルボ)> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (0)

追加編 : タイワンキバナアツモリソウ

140501atumorisou_ki源平合戦の紅白の旗指物のなかに黄色が混じったらマズかろうと思ったら、これは海外からの到来品でした。その花色と、ふつうのアツモリソウよりも茎が長くて背が高いこと以外は、だいたいがアツモリソウらしい姿です。
調べると、日本の在来種にキバナアツモリソウというものがあり、写真の「タイワン」種とはまた違いました。日本のものは黄花といっても紫のブチが入って、やや込み入った表情なのに対し、こちらタイワンさんは色合いがすっきりしてシンプルです。

| | コメント (0)

5月1日(木) アツモリソウ

140501atumorisouクマガイソウをここに載せている以上、セットでどうしても掲載しておきたかったのがこのアツモリソウです。希少種のクマガイソウよりもさらに出会うのがむずかしく、たまたまランの展覧会に出ていた鉢植えを、ようやく撮影することができました。
花が白っぽい(源氏は白旗)クマガイソウに対し、敦盛くんはオシャレな赤紫(赤は平氏)です。また、葉が細長くてたおやかで、優男だった(らしい)ご本人の雰囲気を彷彿とさせてくれます。直実さんのガッシリした葉とはまるで違う形状です。
ただ、山で簡単に見られる状態でなく、栽培品・育種品がいろいろ出回っている関係で、写真のものが本来のアツモリソウかどうか、自分には判断ができません。いわゆるアツモリソウのだいたいの類型のつもりで、ここに記録しておきます。

2013年のきょうチシャノキとマルバチシャノキ> 2012年のきょうヨウラクユリ(フリチラリア・インペリアリス)> 2011年のきょうヒメリンゴ> 2010年のきょうセイヨウシャクナゲ> 2009年のきょうユズリハ(雌花)> 2008年のきょうハシリドコロ> 2007年のきょうナツトウダイ> 2006年のきょうカシワ> 2005年のきょうシラン> 2004年のきょうベニバナトチノキ

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »