« 5月20日(火) ホオベニエニシダ | トップページ | 5月22日(木) バリバリノキ(アオカゴノキ) »

5月21日(水) チガヤ

140521tigaya1♪春なのに、春なのに…と切なく歌ったお嬢さんもすでに貫禄のオバサマになり…という話ではなく、チガヤの白い穂を見ると、このメロディが口を衝(つ)くのです。
オギススキのイメージが強すぎ、白い穂=秋という思いが自分のなかにあるのでしょう。その観念に反し、早春に芽吹いたチガヤの穂は、「春なのに」真っ白です。
140521tigaya2近づいてみれば、綿毛がすでに膨らんだ穂もあり、強い風を待っています。地下茎でどんどん勢力をのばしつつ、こうして盛大に種を飛ばすわけですから、油断しているとそこらじゅうがチガヤだらけになってしまいます。
140521tigaya3そんなチガヤがまだ若いときはこんな感じでした。花穂から飛び出した雄シベが初々しく見えます。まだ花茎がグンとのびる前なので、葉と花穂を一緒に写せます。
もう少し若いと、この花穂は食べられると言います。ただ、そのころだとまだチガヤを認識できなくて、残念ながら食味試験は未実施です。

2013年のきょうニガキ(雄花)> 2012年のきょうノミノツヅリ> 2011年のきょうオニタビラコ> 2010年のきょうケシ> 2009年のきょうバッコヤナギ> 2008年のきょうザイフリボク> 2007年のきょうクスノキ> 2006年のきょうカスミソウ> 2005年のきょうユウゲショウ> 2004年のきょうクレマチス

|

« 5月20日(火) ホオベニエニシダ | トップページ | 5月22日(木) バリバリノキ(アオカゴノキ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月20日(火) ホオベニエニシダ | トップページ | 5月22日(木) バリバリノキ(アオカゴノキ) »