« 5月19日(月) アリウム・オストロスキアヌム(アリウム・オレオフィルム) | トップページ | 5月21日(水) チガヤ »

5月20日(火) ホオベニエニシダ

140520hoobenienisidaほっぺが赤いのは、なにも子供に限らずかわいいものです。ふつうに黄色いだけのエニシダは、増補版で「暑苦しい感じ」としていたことを思い出しました。
そのコメントには「見かけにくく」なったとあるのですが、これはあまりに観察不足の発言でした。庭木から鉢植えまで、ふつうのエニシダはよく目立ちます。
そんな「ふつう」がまだこちら(ブログ)には出ていないのに、その園芸品種である頬紅タイプを取り上げました。理由は極めてワガママです。写しやすいから…。
黄色とか白の一色だけの花には未だに手こずるワタシです。そのヘボな腕を棚に上げて言えば、人間の眼とカメラの違いの一番はここのような気がします。どんな陽光の下でも、肉眼なら花びらの微妙な陰影がわかるのに、カメラではそこが写せません。眼で見たままに写るカメラ、欲しいものです。

<補注>ふつう」には翌年挑戦してみました。(2015年5月7日)

2013年のきょうコチョウラン> 2012年のきょうセイヨウサンザシ> 2011年のきょうケヤキ> 2010年のきょうハグマノキ> 2009年のきょうアオダモ> 2008年のきょうヤブジラミ> 2007年のきょうカルセオラリア> 2006年のきょうツルウメモドキ> 2005年のきょうトベラ> 2004年のきょうカキノキ

|

« 5月19日(月) アリウム・オストロスキアヌム(アリウム・オレオフィルム) | トップページ | 5月21日(水) チガヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月19日(月) アリウム・オストロスキアヌム(アリウム・オレオフィルム) | トップページ | 5月21日(水) チガヤ »