« 4月30日(水) アズキナシ | トップページ | 追加編 : タイワンキバナアツモリソウ »

5月1日(木) アツモリソウ

140501atumorisouクマガイソウをここに載せている以上、セットでどうしても掲載しておきたかったのがこのアツモリソウです。希少種のクマガイソウよりもさらに出会うのがむずかしく、たまたまランの展覧会に出ていた鉢植えを、ようやく撮影することができました。
花が白っぽい(源氏は白旗)クマガイソウに対し、敦盛くんはオシャレな赤紫(赤は平氏)です。また、葉が細長くてたおやかで、優男だった(らしい)ご本人の雰囲気を彷彿とさせてくれます。直実さんのガッシリした葉とはまるで違う形状です。
ただ、山で簡単に見られる状態でなく、栽培品・育種品がいろいろ出回っている関係で、写真のものが本来のアツモリソウかどうか、自分には判断ができません。いわゆるアツモリソウのだいたいの類型のつもりで、ここに記録しておきます。

2013年のきょうチシャノキとマルバチシャノキ> 2012年のきょうヨウラクユリ(フリチラリア・インペリアリス)> 2011年のきょうヒメリンゴ> 2010年のきょうセイヨウシャクナゲ> 2009年のきょうユズリハ(雌花)> 2008年のきょうハシリドコロ> 2007年のきょうナツトウダイ> 2006年のきょうカシワ> 2005年のきょうシラン> 2004年のきょうベニバナトチノキ

|

« 4月30日(水) アズキナシ | トップページ | 追加編 : タイワンキバナアツモリソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月30日(水) アズキナシ | トップページ | 追加編 : タイワンキバナアツモリソウ »